MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

【合法】ギフト券の買取が違法じゃない理由を徹底紹介

ギフト券とは?

 

ギフト券とは、百貨店やオンラインストアなどで購入できる現金と同じように代金の支払いに利用できるものです。複数の加盟店で汎用的に使用できるものと、発行した企業および関連企業の店舗だけで使用できるものがあります。現物がある紙媒体やプラスチック製カード型、現物がないEメールタイプなど形状も色々です。プラスチック製カード型には、追加でチャージができて繰り返し使えるタイプもあります。

 

ギフト券の買取が違法ではない2つの理由

Amazonギフト券などの電子ギフト券の買取が違法ではない理由は、電子ギフト券の買取に関する法律が現時点ではないからです。

 

それにもかかわらずギフト券の買取が違法だと思われてしまうのは、2つの法律に違反しているのではないかと考える人がいるからです。ここでは、実際にこの2つの法律をあげてなぜ買取が違法ではないのかを詳しく説明します。

 

資金決済法の対象外

 

資金決済法とは、資金決済サービスを利用する人のお金を守るための法律です。しかしこの法律の規制の対象になっているのは、あくまでも電子ギフト券の販売によって顧客に資金決済サービスを提供しているAmazonなどの販売事業者です。電子ギフト券の買取業者は資金決済サービスを顧客に提供しているわけではないので、資金決済法の規制対象にはならないです。

 

古物営業法の対象外

 

古物営業法とは、古物の売買によって発生する犯罪を防止するための法律です。この古物営業法の中で古物と定義されているものは、貴金属や自転車など中古の「物品」です。カードタイプのギフト券は現物が存在する物品とされますが、Eメールタイプなどの電子ギフト券は現物がないために物品とはみなされません。そのため、取り扱うのが電子ギフト券であれば物品とはみなされないため、古物営業法の対象外となります。。

 

ギフト券の買い取りが違法と認識される理由

それではなぜ、ギフト券の買い取りが違法と認識されてしまうのでしょうか?

 

それは違法ではなくても、ギフト券の代金を支払うために使用するクレジットカードなどの規約違反となる可能性があるからです。実際にどのような規約があり買い取りにかかわるどの行為が規約違反と認識される可能性があるのかを詳しく説明します。

 

ギフト券の発行主体の規約違反

 

ギフト券を購入するためには、ギフト券の販売を行う事業主と購入者との間で守らなくてはならない決まりがあります。ギフト券を購入する時にきちんと規約に目を通す人は少ないのではないでしょうか。ここでは、ギフト券にはどのような規約があるのか、そしてなぜギフト券の買取が規約に違反する可能性があるのかをメジャーなギフト券を使って説明します。

 

Amazonギフト券

 

Amazonギフト券は、AmazonのサイトやAmazon Pay加盟店のサービスを購入するためだけに使用できるものとされています。ギフト券の現金や他のプリペイドカード、金券、商品券への交換は禁止すると記載されています。そのため、ギフト券の買取は、現金とギフト券を交換する行為なのでAmazonの規約違反行為となってしまうのです。

 

iTunesギフトカード

 

iTunesギフトカードは、App Store、iTunes Store、Apple Books、Apple Musicでのデジタルコンテンツを購入するためだけのギフトカードと記載されています。また、ギフトカードの換金や交換、転売は禁止されています。そのため、ギフトカードの買取は買取業者を使って換金する行為も規約違反行為とみなされます。

 

Google Play ギフトカード

 

Google Play ギフトカードは、対象となるコンテンツをGoogle playとYou Tubeで購入するためだけに使えるギフトカードであると記載されています。また、ギフトカードの現金への交換や払い戻しはできないと明記されています。したがって、ギフトカードの買取業者による現金への交換は規約違反行為であると認識されます。

 

楽天ポイントギフトカード

 

楽天ポイントギフトカードは、楽天が提供する各種サービスや加盟店で使えるポイントを受け取るためのギフトカードだとされています。ギフトカードの換金や返金、返品はできないと記載されているので、買取業者を使ってギフトカードを換金するのは規約違反行為となります。

 

WebMoneyプリペイカード

 

WebMoneyプリペイカードは、WebMoney加盟店やMastercard加盟店で利用できるプリペイドカードであり、プリペイカードの残高の範囲内で利用できます。手続きをすれば特定の銀行のATMから払い出しができるようにはなるものの、顧客の都合による返品、返金、交換、換金はできないとされているため、買取業者による換金は規約違反行為だと判断されます。

 

クレジットカード会社規約違反

 

ほとんどのクレジットカード会社の規約には、ショッピング枠の現金化を禁止すると記載されています。ショッピング枠の現金化とは、現金と交換する目的のためだけにクレジットカードを使って商品や権利などを購入する行為です。そのため、始めから換金するのを目的にクレジットカードを使ってギフト券を購入するの行為は、クレジットカード会社が禁止しているショッピング枠の現金化に当てはまるためクレジットカード会社への規約違反行為となります。

 

携帯会社の規約違反

 

月々の携帯電話の通信料と一緒に、ネットショップや加盟店での買い物代金を支払える便利なキャリア決済。メインの支払い方法として使用している人も多いのではないでしょうか?しかしドコモなどの携帯キャリアは規約の中で、現金化のためにキャリア決済を利用して商品を購入する行為を禁止しています。したがって換金するためにギフト券をキャリア決済によって購入する行為は携帯会社に対する規約違反になります。

 

ギフト券の買い取りでのリスク

サービス提供企業への規約違反になる可能性があっても、実際ギフト券の買取は違法ではありません。しかし違法ではないからといって、全く問題がないとは言い切れないのです。実はギフト券の買取にはリスクがあります。そこで、ここでは覚えておくべきいくつかのリスクをご紹介します。

 

サービスを利用できなくなる可能性がある

 

ギフト券の販売企業、代金の支払いのために使用したクレジットカード会社もしくはキャリア決済の契約キャリアへギフト券の購入が換金目的だったという情報が伝わると、それらの企業が提供するサービスが利用できなくなる可能性があります。ギフト券の販売企業が運営するサイトやサービス、さまざまな便利な決済サービスが使えなくなってしまう可能性があります。

 

ギフト券が停止される可能性がある

 

ギフト券を販売する企業に購入目的が換金のためだったと判断されてしまうと、なんの連絡もなく突然ギフト券が停止されてしまう可能性があります。ギフト券を受け取った時点で、購入者は販売企業とのギフト券に関する契約に合意しているとみなされます。したがって規約違反行為が発覚した場合には、通知なくギフト券を無効にするといった条件にも合意してるのです。この場合ギフト券にどれだけ残高があっても返金はしてもらえません。そして当然ですが、停止されてしまったギフト券を買取してもらえる可能性はほとんどないでしょう。

 

ペナルティーが課されることがある

 

規約違反行為がばれてしまうと、ギフト券の販売企業や利用したクレジットカード会社および携帯キャリアからペナルティーが課されることがあります。ペナルティーによっては、私たちの生活が大きく変わってしまう可能性もあります。

 

ギフト券販売企業からのペナルティー

 

ギフト券を販売したAmazonなどのECサイトからは、アカウントを強制的にキャンセルされてしまいます。そうなれば当然サイト上で提供されるサービスは使えなくなり、注文中の商品も全てキャンセルされます。再度アカウントを開こうとしても拒否されてしまう可能性があります。

 

クレジットカード会社からのペナルティー

 

換金目的で、クレジットカード決済により商品および権利を購入したとクレジットカード会社が判断した場合は、通知なしに会員資格が取り消されてしまいます。そして、使用中の残高はただちに全て支払うように義務付けられています。また、退会させられたあと再度クレジットカードの申込をしても、入会を認められない可能性があります。

 

キャリア決済を提供する携帯キャリアからのペナルティー

 

携帯キャリアによってキャリア決済の使用目的が現金化のためだったと判断された場合、連絡なしに契約を解除されてしまいます。契約解除の理由が携帯キャリアの規約違反行為であるため、再度契約に申込をしても携帯キャリアからサービスの提供を拒否されてしまうケースがあります。携帯電話の使えない不便な生活を送る結果となってしまいます。

 

買取DXなら安全にギフト券の買取ができる理由

 

ネットで買取サイトを調べてみると、あまりにも多くのサイトがあって一体どのサイトを選べばよいのかわからない人もたくさんいるのではないでしょうか。買取サイトを利用する人にとって、安全性は最優先ポイントです。そこで、ここではたくさんの買取業者がある中でなぜ買取DXなら安全にギフト券の買取ができるのかを説明します。

 

古物営業許可店

 

素性の知れない買取業者と違い、買取DXは古物営業許可を取得しています。買取の申込みをするときには個人情報を入力しなければならないため、利用者にとって買取業者が信頼できるかどうかはとても重要なポイントです。もちろん古物営業許可の有無だけでは、良い業者と悪い業者を完全に見分けられません。しかし古物営業許可は国からの許可なので、国からの許可がおりているといった事実だけでも買取DXは安心ですね。

 

業界トップの買取実績

 

「24時間365日、買取の申込みができてとても便利!」

「振込スピードがものすごく早い!」

理由はたくさんありますが、その使いやすさゆえにたくさんのお客様にご利用いただいております。そして買取DXの買取率の高さは業界トップクラス。取り扱っている券種の多さや、見やすくて使いやすいサイトもお客様から選ばれる理由です。口コミランキングで常に上位にランクインするのも納得です。

 

顧客サービスの徹底

 

買取DXではクオリティの高い顧客サービスを徹底しています。早朝や深夜に急にお金が必要になっても24時間・年中無休で買取のお申込みを受付けています。突然お金が必要になっても、最短30分のスピード振込でお待たせしません。その他振込手数料無料など、常にお客様の都合を最優先に考えたサービス提供に努めております。わざわざ電話で問い合わせるのは面倒くさいと感じるお客様には、気軽にお使いいただけるチャットお問合せも可能です。

 

まとめ

色々なシーンで使えるとても便利なギフト券ですが、プレゼントされたギフト券が必ずしも自分がよく使うものとは限りません。ギフト券の買取は違法ではないので、不要なギフト券があるなら買取サイトを利用するのもよいでしょう。しかしギフト券の買取が、ギフト券の販売企業や支払い決済サービスを提供する企業の規約違反となる可能性があることも念頭においておく必要があります。「余っているから買い取りしてもらう」これはとても重要なポイントです。サービスを提供している企業のルールを悪用する結果とならないように気を付けましょう。