MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

【徹底調査】現金化のお店って闇金が関わっている?

現金化のサービスを提供しているお店の中には闇金もいる

現金化のサービスを提供している業者の中には、闇金や悪徳業者も存在します。まずは、主な現金化サービスはどのようなものがあるかを知っておき、合法か闇金かを見極めることが大切です。

主な現金化サービス

主な現金化サービスは「クレジットカード現金化」「給与ファクタリング」「ギフトカード現金化」「後払い現金化」が挙げられます。1つ1つ解説するとともに、闇金への関連など注意点も見ていきましょう。

クレジットカード現金化

まず誤解されがちですが、クレジットカード現金化業者そのものを闇金とは言いません。

しかし、クレジットカードを現金化する行為そのものがカード会社で禁止されているため、規約違反となります。

 

ただ、それらを取り締まるための法律が存在しないことで、合法か違法かで言うとグレーゾーンに値すると言えるでしょう。

 

クレジットカード現金化業者は「キャッシュバック方式」もしくは「買取方式」の、2つの方法によって現金化業務を行っています。

 

まず「キャッシュバック方式」とは、クレジットカード現金化業者が指定する安い商品を高く買い、それと引き換えに現金を「購入特典」として還元するシステムです。

 

例えば、8万円のキャッシュバック付き商品をクレジットカードにて10万円で購入します。すると決済が完了した後に、8万円が購入者の口座へと振り込まれます。

 

この場合は、もちろん正式に買い物をしていますし、商品も届きます。したがって、合法的かつ安全な現金化方法と理解してかまいません。

 

一方の「買取方式」ですが、クレジットカードで購入した商品を、業者に買い取ってもらう方法です。しかしクレジットカード会社では、このようにショッピング枠を利用した現金化を禁止しています。

 

それでも法律的に取り締まることができないため、ある意味「違法ではない」という捉え方もできるでしょう。すなわち、闇金とも言い切れません。

 

ただ、クレジットカードの規約違反により、現金化が発覚すれば重いペナルティを課せられるリスクもあると知っておきましょう。

 

(ペナルティの例)

・カードの利用停止

・カードの強制解約及び、これまでの利用した額の一括返済

・自己破産ができなくなる

・現金化を繰り返すことでブラックリストに載り、他のクレジットカードも利用できなくなるなど

 

ただ、闇金が全く絡んでいないとも言い切れないのです。法律的にグレーゾーンであるクレジットカードの現金化には、闇金などの反社会的な組織が関わっていてもおかしくないという心得が必要でしょう。

 

実際に報告されている例を挙げてみます。

 

・闇金業者が借入人に対し、クレジットカードのショッピング枠を使っての現金化で、返済資金を用意するように指示する

・ギフト券を買い取られるも、振り込む約束の額が振り込まれなかった

・業者からの振込が無かったためキャンセルしたのに、現金が引き落とされた

・現金化業者が利用者の金券情報を不正入手し、悪用していた

・手数料の金額を正確に提示せず、直前に不意打ちのような形になった

などです。

 

このようなトラブルの可能性も、他人ごとだと思わない方がよいでしょう。

給与ファクタリング

給与ファクタリングは「コロナ渦において生まれた新たな闇金」とも言われています。

そのため、危険なので手を出さない方がいいと、国民生活センターや金融庁および警察庁から、注意喚起がなされている金貸業です。

 

まず「ファクタリング」とは、売掛債権の買取サービスのことを言い、先にサービスを提供して後から代金を請求するシステムのことです。

 

給与ファクタリングの場合は、勤務先からの給料をファクタリング業者に売却し、給料日より前でも現金化を可能にするものです。債権を売却するので、かたち上は「売買契約」に該当し、借金にはなりません。

 

給料の前借りができる反面、本来もらえるはずだった給料の一部を手数料として給与ファクタリング会社から差し引かれます。つまり大きなデメリットとしては、給料を全額受け取れないという事態が発生することです。

 

給与ファクタリングは貸金業であるため、財務局長または都道府県知事の登録を受けなければなりません。登録を受けてない業者は間違いなく闇金です。

 

闇金被害の背景には、コロナウイルス感染拡大の影響が大きく関係しています。「勤務シフトを減らされて生活苦」「コロナで仕事も見つからない上に、追い打ちをかけるように災害に巻き込まれた」といった悩みです。

 

それでも給料が振り込まれるのがまだまだ先となると、「借金ではないので利息ゼロ」という言葉に釣られて、給料の前借感覚で給与ファクタリングに手を出してしまうのも無理はないでしょう。

 

しかしその結果、法外な手数料を取られるという被害が後を絶ちません。どうしても利用せざるを得ない場合は、金融庁のホームページでその業者が登録貸金業者であるかどうかを必ず確認しましょう。

ギフトカード現金化

ギフトカードの現金化は違法ではありませんが、悪質業者や闇金が絡んだ事件で逮捕者が時折報じられます。

 

ギフトカード多くは買取業者を介して行われますが、その業者が古物商の許可を取らずに現金化業を行うと「古物営業法違反」として逮捕されるのです。

 

しかも無許可の現金化業者は、闇金が絡んでいる場合が多いです。実際に報告された被害を挙げると

 

・「動画サイト視聴料金が未払い」などの架空請求時に、Amazonギフト券などを支払い方法に指定する

・オレオレ詐欺や振り込め詐欺において、ギフトカードの購入を強要して個人情報を不正取得する

・不正に取得した金券の個人情報を使って、護符とカードの買取に特化した業者に持ち込まれて現金化されていた

・ギフトカードの買取料金を支払わない、あるいは法外な手数料を取る

 

近年はインターネットやSNSが広く普及していることから、情報が溢れて現金化業者も見つけやすい世の中となっています。

その反面、悪質や業者や闇金を見極める能力が求められるとも言えるでしょう。

 

そのポイントは、以下に挙げる項目を買取業者の公式サイト上で必ず確認することです。

 

・「取得免許古物商許可証 第000000000000号 ○○○公安委員会」といった許可証をッサイト上で公開しているか

・サイト上で「会社概要」を閲覧できる状態にしており、会社名や住所、電話番号などを明記している

 

「知らないうちに闇金や悪徳業者を利用していた」などということにならないよう、買取業者の実態に関しては慎重になりましょう。

後払い現金化

新たな闇金の手口として、「後払い現金化(別名ツケ払い現金化)」と呼ばれる違法行為も目立つようになりました。

 

価値のほとんど無いような商品を業者が提供し、これに購入申し込みをするとキャッシュバックという名目で現金が振り込まれます。

 

そして後日、そこへ上乗せされた商品代金を後払いで業者から請求されるしくみです。

 

一見すると合法的な商品取引のようですが、実は貸金行為となります。しかも「年利1,000%」など法外な金利をつけることがほとんどで、悪徳な闇金として社会問題にもなっています。

そもそも闇金と現金化サービスの違いって?

現金化サービスを装った闇金と、正式に許可を得た上で業務を行う本当の現金化サービスは、一体どこが違うのでしょうか?比較および確認するポイントを4つ挙げて解説します。

金利の高さ

闇金を疑うにはまず、金利の高さに着目しましょう。貸金業を行うには、法律で定められた「賃金業法を」守る義務があります。

賃金業法において上限とされている金利は以下の通りです。

 

・借入金額の元本が10万円以内の場合、上限金利は年20%

・借入金額の元本が10万円~100万円未満の場合、上限金利は年18%

・借入金額の元本が100万円以上の場合、上限金利は年15%

 

これらを超える金利をとると違法であり、該当する業者があれば闇金と考えてよいでしょう。

 

例えばクレジットカードのキャッシング1回払い・キャッシングリボ払いだと、金利は共に約15.00~18.00%が相場となっています(借入限度額によって異なります)。

 

これに対し闇金の場合、年利計算すると365%~と、桁外れに高金利であることも珍しくありません。

取り立ての方法

取り立ての仕方や返済の方法でも、闇金かどうかを見極める目安になります。仮にクレジットカードで現金化サービスを利用すると、返済先はクレジットカード会社です。相手が現金化業者ではないので、「利用している業者が悪質なところだったらどうしよう?」などといった心配はほぼありません。

 

しかし闇金の場合は、業者へ直接返済をするよう指示されます。返済が遅れたりできなくなったと伝えたりすると、ドラマなどでよく見るような怖い人が家まで取り立てにくるでしょう。

 

中には、嫌がらせや脅し、脅迫まがいの行為を含む悪質な取り立てをされるケースもあります。

違法性があるか

闇金を分かりやすく言えば、違法性のある貸金業者です。貸金業法では、「年利は20%まで」というきまりが定められていますが、闇金業者の多くはこれを守らず、法外に高額な利子をつけて金額を請求してくるのが特徴です。

 

その一方で現金化サービスは貸金業ではなく、商品の購入によって贈られる特典およびキャッシュバックなどを取り扱うサービスに該当します。

 

なお、クレジットカードを利用した現金化はカード会社の規約違反ではあるものの、法律で考えると違法性はありません。そこが、闇金業者との大きな違いとなるところです。

運営に反社会的組織が関わっているか

闇金は違法性も強いので、暴力団などが関わっている場合が多いです。しかし、正式に届出をした上で業務を行っている現金化サービスの業者は、暴力団をはじめとする反社会的組織とは無関係と言えるでしょう。

 

正当な現金化業者は、「暴力団排除条項」や「変社会的勢力への対応に係る基本方針」を導入し、反社会的組織との関係を遮断するよう努めています。

 

給与ファクタリング・後払い現金化に闇金が多いと言われる理由

ここまでに述べた「給与ファクタリング」および「後払い現金化」と称する業界には、闇金が多いと言われています。その理由としては、以下に挙げる4つのことが事実としてあるからです。

新興サービスで参入障壁が低い

給与ファクタリング・後払い現金化はいずれも、近年急増し始めました。コロナ渦で収入が減った人が、現金を必要とする心理に目を付けた手口です。

 

いずれにせよ、これらの多くは主に闇金業者と考えてよいでしょう。「利子がつかない」「即日現金化」などとそれらしいことを言えば、古物商取引の申請をしなくても騙される人が出てきます。

 

おまけに新興サービスのため障壁が低く、参入しやすいことも違法業務が横行する要因の一つです。

 

実態がつかみにくい

闇金業者はその身元を隠すため、さまざまな対策を取ります。そもそも、本来なら義務であるはずの貸金業登録をしていないことが多く、その総数や実態を掴むことが難しいです。

それでもなぜ消滅しないかというと、現代は貧困が問題視されていることが大きな要因となります。

 

闇金業者に手を出さざるを得ない人が居るほど、日本の貧困化は深刻度を増しているのでしょう。

集団訴訟が行われた

給与ファクタリング・後払い現金化に対して、「お金を騙し取られた」などの被害報告は跡を絶ちません。

 

それらの集団訴訟が行われたことで、給与ファクタリング・後払い現金化には「闇金」というイメージがついてしまっています。

頻繁に摘発される

届け出をしないまま業務を行ったり、貸金違反などの問題を起こしたりして、給与ファクタリング・後払い現金化業者が摘発されることがあります。そのニュースを見て、給与ファクタリング・後払い現金化=悪と考える人もいるのでしょう。

安全に現金化するならギフトカードの現金化がおすすめ

闇金に関与しない方法で安全に現金化をしたい場合は、ギフトカードの現金化がおすすめです。その根拠となる3つの理由を、ここで詳しく紹介します。同時に、優良な買取サイトを選ぶ際には、以下に上げる3つのポイントをクリアしているかどうかを必ず確かめるようにしましょう。

長年サービスが続いている

信頼できる現金化業者を選ぶ目安として、創業5年~10年以上たっていることを目安にするのは非常におすすめです。

 

ギフトカードの現金化サービスは80年代に始まり、Windows95が販売された95年には、インターネットでの申し込みも可能になりました。さらに2000年代になって一気に普及しましたが、実に30年以上の歴史があるサービスなのです。

法人運営で許可を受けているお店が多い

インターネットに公式HPを持ち、会社概要を利用者に分かりやすく記載しているギフトカード現金化業者は、各都道府県の公安委員会より「古物商許可証」を受けているところが多いです。

このような法人運営で許可を受けているお店は、安心して利用してください。

すぐに現金化できる

ギフトカードの買取を行う優良業者は、店舗にもよりますが即日現金化が可能です。申込をした1時間後に現金が振り込まれるほどのスピード振込が自慢の業者もあるため、急ぐ時には重宝するのではないでしょうか?

ギフトカードの買取なら買取デラックス

幅広い電子ギフトを取り扱う買取サイト「買取デラックス」は、国内最大級の優良業者です。高額買取率はぴか一で、しかも振込手数料は一切かかりません。しかも24時間365日対応しているので、都合のいい日を自分で選べます。

 

特に急ぎの場合に嬉しいのは最短30分のスピード振込でしょう。そして何より、正式に届出をした法人営業であるのも大きなポイントです。

 

信頼できる要素が詰まった買取デラックスを、せひギフトカード現金化の際には利用してみてください。

まとめ

現金化サービスと闇金の大きな違いは理解できたでしょうか?しかし違法ではないからといって、「現金化サービスなら安心」と言えるわけではありません。

その業者は創業何年目か、所在地や電話番号を記載しているか、届け出をした上で業務を行っているかという点は、必ず確認しましょう。

近年は新手の闇金手口も横行しているため、現金化の際にはちゃんとした業者を見極める必要があります。