MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

ギフトカードって返金できる?各発行会社の対応状況を教えます

イベントやお祝いで、ギフトカードをもらったことがあるという人もいれば、誰かにプレゼントする目的で、ギフトカードを購入したという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

様々なタイミングで利用できるギフトカードは、現金よりも人にプレゼントしやすく、オンラインで利用できるものが多いため、汎用性の高いアイテムだと言えます。

 

しかし、時と場合によっては、ギフトカードを不要と考えることがあるはずです。

 

「持っていても使わないから、はやく手放したい」「ギフトカード分の金額をまるまる返金してほしい」

 

今回は、そのようにお考えの人を対象に、ギフトカード発行会社別の返金対応や、返金が難しい場所があ場合の裏技をご紹介したいと思います。

 

自宅に使うわないギフトカードが溜まっているという人は是非チェックしてみてください。

ギフトカードとは?

ギフトカードとは、プレゼントやお祝い、イベント、キャンペーンなど、幅広い場で現金のやり取りの代わりとして利用できるアイテムのことです。

 

ギフトカードを発行している会社にも種類があり、ECサイトで利用できるギフトカードや、実店舗、特定のお店で利用できるものもあります。

 

ギフトカードには、免許証と同じサイズのカードタイプ、お札と同じサイズの券タイプがあり、どちらも買い物やサービスに利用できます。

 

カードタイプの場合は、残高が残っている限り何度も利用できますが、券タイプの場合はおつりが出ないお店があるなど、使い切りが必要になることもあるので、注意しておきましょう。

 

また、ギフトカードは現金と一緒に支払いできるなど、応用が効くところが特徴的なアイテムなので、タイミングを考えて利用するのがオススメです。

各社のギフトカードの返金対応状況

では、皆さんが気になっている項目「ギフトカードの返金対応」について、ギフトカードの種類ごとにご説明したいと思います。

ご自身がお持ちのギフトカードと照らし合わせながら、返金対応状況をチェックしてみてください。

Amazonギフトカード

こちら、返金を受けられます。

 

ただし、条件や手続き方法によって返金内容に違いがあるので、以下のポイントもチェックしておきましょう。

通常の返金

Amazonギフトカードで買い物をしたときに返金を依頼すると、現金ではなくAmazonギフトの残高にポイントとして返金される形となります。

銀行振り込みとしての返金

返金をAmazonポイントではなく、現金として銀行振り込みして欲しいのなら「カスタマーサービスに連絡」を利用する必要があります。

 

注文後の商品という項目の中から、返金を選択し、電話・チャット・Eメールでの連絡手段を選べば、担当者と連絡が取れるようになります。

 

あとは、銀行振り込みの件と、口座情報を連絡することによって、現金として銀行に振り込んでもらえる流れです。

 

自発的に動かなければ現金になりませんので注意しておきましょう。

JCBギフトカード

こちら、返金を受けられません。

 

JCB側の不備がある場合には、もちろん対応してもらえますが、購入者側の不備となると返金は難しいでしょう。

 

ギフトカード購入後、すぐにキャンセルの連絡を行えば、対応してくれる店舗もありますが、基本的には返金できないと考えておく必要があります。

 

ただし、JCBギフトカードは利用できる店が多いことから、生活用品や便利なサービスでも利用できるため、JCB対応店を調べてみて、使えそうな場所を探してみるのもいいかもしれません。

東京ディズニーリゾートギフトカード

こちら、返金を受けられません。

 

公式ページの注意書きにも記載されている事項で、返金だけでなく、内容の変更にも対応してもらえないことを理解しておきましょう。

 

もし、間違って購入したとしても、有効期限がないことから、いつかディズニーリゾートへ行く機会まで、管理しておくのもいいかもしれません。

イオンギフトカード

こちら、返金を受けられません。

 

公式ページには「いかなる場合でも、イオンギフトカードの返品・返金はいたしません」とあることから、そう簡単には返金対応してもらえないでしょう。

イオンは生活用品から洋服、雑貨など幅広い商品が扱われているので、今後、買い物で利用する機会を考えて、管理しておくのもいいかもしれません、

iTunesカード

こちら、基本的には返金を受けられません。

 

コンビニでも販売されているiTunesカードは、セキュリティや防犯性の面から、一度買ったものを再度店舗側が受け取るということをしません。

 

ただし、Appleに返金の特例が設けてあり、公式のアップルストアで購入したiTunesカードのみ、返金対応してくれます。

 

購入日から2週間以内のiTunesカードに限り返金対応してくれるので、購入後の期間を確認してみてはどうでしょうか。

Google Playカード

こちら、返金を受けられません。

 

iPhoneユーザーにも関わらず、間違って購入してしまった場合など、返金をお求めかと思いますが、返金は難しいでしょう。

 

Google Playの中にはAndroidアプリ以外にも、電子書籍や映画、アニメなどたくさんの有料サービスが展開されています。

 

返金できない分、別の使い道があるので、ご自身が利用してみたいサービスを調べてみてもいいかもしれません。

JTBギフトカード

こちら、返金を受けられません。

 

ギフトカードを利用して購入した商品のキャンセルには応じてくれますが、JTBギフトカード本体の購入に対する返金はありません。

 

ただし、JTBから発行されているトラベルギフトであれば、取消金額という手数料を除いた残金を返金してもらうことができるので、お持ちのギフトカードのがトラベルギフトであれば、すぐに問い合わせてみましょう。

QUOカード

こちら、状況次第では返金を受けられます。

 

基本的に、購入者の都合に対して返金してもらうことができませんが「注文したカードと違うものが届いた」「破損・損傷が確認された」ときには返金に対応してもらえます。

 

ただし条件として、未使用であること、商品到着日より1週間以内の返金依頼が必要になるため、条件に該当しているのなら、すぐに連絡を取ってみましょう。

三井住友カードVJAギフトカード

こちら、返金を受けられません。

 

紛失盗難など、条件を問わず返金対応してもらえないため、ご注意ください。

返金対応してもらえない理由

上記の項目で、各ギフトカードの返金状況をご説明しましたが、ほとんどの発行会社では返金に対応してもらえません。

 

その理由として一番大きいのは、購入されたギフトカードの返金を受け付けた際、場合によっては「使用されている可能性がある」というものが挙げられます。

 

新品同様のギフトカードの満額を返金したが、あとあと確認すると残高が少なかったというトラブルを避けるためにも、最初から返金対応を受け付けないというわけです。

 

セキュリティやトラブル回避の面から必要となる対応ですので、考えてギフトカードの購入が必要になりそうですね。

ギフトカードを返金する裏技

返金対応していないギフトカードが多いなか、じつは返金してもらうとっておきの裏技があるのをご存知でしょうか。

 

ここでは、正攻法では難しいギフトカードの返金対策の裏技を2つご紹介したいと思います。

商品を購入した上で返金する

多くの発行会社は、ギフトカード自体の返金対応を行なっていない場所が多い代わりに、商品購入に対する返金を実施しています。

 

こちらは、現金として指定の銀行に振り込まれるケースと、ギフトカードとして返金されるケースがあるため、一度問い合わせから、現金での返金を希望する旨を伝える必要があることを理解しておきましょう。

 

商品購入に対する返金であるため、返金率は100%なのですが、ひとつ難点として、返金は購入した金額が対象となるため、ギフトカードの残金が残る状態で商品を購入すると、ギフトカードの全額を返金してもらえません。

 

また、頻繁に利用しすぎると目をつけられてしまうため、使い過ぎにはご注意ください。

換金サイトを利用する

返金の条件などを考えずシンプルに現金化したいというのなら、換金サイトを利用してみてはどうでしょうか。

 

換金サイトは簡単手順で現金化の申し込みを行うことができ、即日入金があるなど、すばやく現金化したい人にオススメのサービスです。

 

換金サイトはたくさんの種類があり、利用する場所によってギフトカードの換金率が少しずつ変化しているため、しっかりと比較検討を行っていけば、高額買取も期待できます。

ギフトカードの換金なら買取DX

以上、ギフトカードの各発行会社における返金対応状況と、お得に利用できる裏技をご紹介しました。

 

ですが、ほとんどのギフトカード発行会社が返金対応を行っておらず、もし返金がある発行会社によっても、取消料など損をしてしまう可能性があります。

 

そこで、上記でご説明したギフトカードを元金額に近い額で現金化したいという人がいらっしゃるのなら、オンライン金券ショップである「買取DX」を利用していけば、高額での買取を期待できます。

買取DXとは?

買取DXとは、パソコンやスマートフォンから利用できるオンライン金券ショップのことで、お持ちのギフトカードをかんたんに現金化してくれるサービスです。

 

買取DXには、魅力的な特徴がたくさんあるので、以下にご紹介するポイントをチェックしておきましょう。

高換金率が魅力的

買取DXは、多種類のギフトカード換金に対応しています。

 

特に、初回利用時の換金は、2回目以降の換金に比べ、換金率が大きく設定されているため、中には90%近い換金率のギフトカードも多数あります。

 

買取DXのトップページを確認することで、各ギフトカードの現時点換金率を知ることもできます。

 

簡単見積りも行えるので、まずはサイトをチェックしてみてください。

24時間年中無休の安心サポート

買取DXは、ユーザーが安心して利用できる24時間年中無休の問い合わせサポートを実施しています。

チャットによる簡単かつスピーディーなやり取りが行えるため、質問して数分以内に返答を貰えるのも魅力的なポイントです。

 

疑問点や不安点などを質問でき、瞬時に問題を解決できるので、利用に不安があるのなら、買取DXのトップページの画面右下に表示される「チャットお問い合わせ窓口」をクリックしてみましょう。

買取DXで買取対応しているギフトカード

買取DXでは現在、以下のギフトカードの換金に対応しています。

お持ちのギフトカードがあるなら、利用を検討してみてはどうでしょうか。

 

  • Amazonギフト券
  • iTunesギフト券
  • GooglePlayギフト券
  • 楽天ポイントギフトカード
  • NANACOギフト券
  • WebMoneyギフト券
  • プレイステーションストアカード
  • ニンテンドープリペイドカード
  • LINEプリペイドカード

まとめ

便利に利用できるギフトカードですが、間違って購入したり、貰ったけど使い道が見つからないなどのデメリットを感じてしまう人もいます。

 

そんなときに行う、返金に対する各発行会社の対応や、返金の裏技などをご紹介しました。

最後に、全体のまとめを行いますので、復習としてご確認ください。

 

・ギフトカードはプレゼントなどにピッタリのアイテム

・間違ってギフトカードを購入したり、貰ったが使わないというギフトカードがある場合、発行会社によっては返金対応してもらえる

・ほとんどの発行会社が返金対応をしておらず、返金があったとしても期限が決められていたり、条件が多い

・返金してもらう裏技は、ギフトカードで商品購入後に返金依頼、もしくは換金サイトの利用

・高換金率、24時間年中無休のサポートをお望みなら買取DXがオススメ

・買取DXは豊富なギフトカードに対応しているため、所持しているギフトカードが対応しているか確認してみよう