MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

ギフト券の使い道とは?どうしても使うところがない場合は現金に

現在、手元にAmazonなどのギフト券を持て余していませんか?例えばAmazonギフト券なら、有効期限がコードを入力した日から1年間です。

 

せっかくのギフト券を無駄にしないためにも、「アカウント残高が思いのほか残ってしまった」「操作ミスなどで誤ってアカウント登録してしまった」という理由などで、有効期限内に使いきれないギフト券の使い道を知っておきましょう。

 

また、それを現金化する方法についても解説していきます。

ギフト券とは?

ギフト券とはその名の通り、相手の贈り主がお金を払って購入し、それを贈られた人がギフト券を使って金額の範囲内での買い物ができる仕組みです。なお、ギフト券は「金額」「利用可能な店舗」「有効期限」が各種設定されており、それに沿う利用方法となります。

ギフト券の種類

ギフト券を形態別に分類すると、大きく分けて以下の3つです。

 

・印刷された紙媒体のギフト券

・コードタイプやEメールタイプなど、デジタル型のギフト券

・各社ポイントプログラムでの個人間送金や電子マネーとしてのギフト券

 

発行主体で分類すると、大きく分けて以下の4つとなります。

 

・クレジットカード会社が発行するもの

・ビール券や図書券など、業界団体が発行して商品を限定したもの

・百貨店が八国するもの

・航空会社や旅行会社が発行するもの

 

ギフト券の主な購入方法で分類すると、以下の2通りです。

 

・買い切り型のもの(ネットショップや各店舗にて購入可能)

・チャージタイプのプリペイドカードを例とする、チャージ型のギフト券

特定のサイト・サービスのみで使えるもの

例えばAmazonギフト券は、Amazonでのショッピングで利用でのみ利用できる電子マネーです。したがって、Amazonギフト券が利用できるのは、amazon.co.jpのオンラインストアだけとなります。他のネットショップや店舗で使うことができない以上、ギフト券はAmazonだけで使い切らなければなりません。

 

現金と同じように使えるもの

クオカードやJCBなどのように、現金と同じように使えるギフト券もあります。クレジットカードと違って個人情報のやり取りが発生せず、あらかじめ決まった金額分しか使えない仕組みになっているのが特徴です。最近ではオンライン店舗での利用も可能になりつつあります。

加えてプレゼントとしても重宝される面があり、現金をそのまま贈る(あるいは受け取る)ことに抵抗がある人は、これらのギフト券が新しいかたちの贈り物となるでしょう。

ギフト券の主な使い道

ギフト券には、主に3つの使い道があります。店頭での商品を購入できたり、ネットショッピングでの支払いに利用したりできるほか、最近では人へのプレゼントとしても人気です。これらを詳しく紹介していきます。

店頭での商品購入

取り扱い店舗の対象となっていれば、ギフト券を利用して店頭での商品購入が可能です。また買い物だけでなく、ホテルやエステの利用やゴルフなどのレジャーといったサービスにも使えます

ネットショッピング

Amazonギフト券に代表されるように、ネットショッピングの支払いも、ギフト券や電子マネーで行うこともできます。近年ではオンライン決済もますます浸透し、ギフト券による支払いもより増えていくことでしょう。

第三者へのプレゼント

ギフト券は、プレゼントとしても喜ばれるので、贈り物に困った時にはぜひおすすめです。プレゼントに適したギフト券にはさまざまなタイプのものがあります。人気のものを以下に挙げてみました。

体験型のギフト券

東京ディズニーランドやシー、ホテルなどで使えるギフトカード

iTunesCard

音楽好きな相手へのプレゼントにおすすめのギフト券です。音楽だけでなく、Appleが提供するアプリや電子書籍の購入にも使用可能なので、Apple派に喜ばれることでしょう。

シネマギフトカード

全国のユナイテッドシネマで映画を鑑賞できるだけでなく、飲み物やポップコーンなどのフードにも利用できるギフト券です。映画好きの人へのプレゼントには、シネマギフトカードをおすすめします。

Amazonギフト券

Amazonギフト券のうち、プレゼントに適しているのものは以下の通りです。

 

(グリーティングカードタイプ)

金額が1000円から50000円までを指定でき、メッセージカードと封筒、プリペイドカード型のギフト券を相手の自宅に届けられるシステムです。

 

(封筒タイプ)

金額が3000円から50000円までを指定でき、封筒にギフト券を封入してラッピングした状態で相手へ届けられます。

 

(Eメールタイプ)

相手にギフトコードを添付し、Eメールで届けられます。

 

(ボックスタイプ)

Amazonギフト券がギフトボックスに封入され、さらにラッピングされた状態で相手に届きます。

 

(商品券タイプ)

紙媒体の商品券のかたちをしたAmazonギフト券で、厚手の封筒に入った状態で相手に届きます。

 

オンラインにおいてAmazonギフト券をプレゼントするための手順は、さほど難しいものではありません。以下のステップを参考にしてください。

 

「Amazonギフト券」の購入ページへアクセスし、プレゼントしたいAmazonギフト券の種類を選択します。続いて、金額を指定した後でメールアドレスと相手へのメッセージを入力したら、「今すぐ購入」のボタンをタップしましょう。

 

これで、プレゼントの手続きは完了となります。金額を自由に決められることやSNSでしか交流の無い人へも贈れること、郵送などの手間がないことなど、プレゼントへのメリットは多いです。

主なギフト券の使える場所

ここでは、メジャーなギフト券が主にどこで使用できるのかを紹介しています。手持ちのギフト券を有効活用できるよう、参考にして下さい。

Amazonギフト券

先述ですが、Amazonギフト券が利用できるのはAmazonのサイトのみとなります。Amazon内でのショッピングはもちろん、Amazonプライム(有料)への加入という使い道もおすすめです。

 

Amazonプライムに加入することで、Amazonでの買い物の際に通常であれば追加料金の発生する「お届け日時指定便」および「お急ぎ便」を無料で利用できます。

また、アニメや映画、オリジナル番組など「プライム・ビデオ」の対象となる作品が無料で見放題になるなど、非常に大きなメリットがあると言えるでしょう。

JCBギフトカード

全国で100万以上の店舗が、JCBギフトカードを取り扱っています。どこで使えるか、主な場所は以下の通りです(あくまで一部抜粋)。

 

・大型ショッピングモールや百貨店(イオン、東急ハンズ、高島屋、大丸など)

・スーパーマーケット(マックスバリュ、イトーヨーカ堂、ダイエーなど)

・家電・家具・ホームセンター(エディオン、ビッグカメラ、ニトリなど)

・飲食店(かに道楽、ロイヤルホスト、デニーズなど)

・その他(各種旅行会社など)

JTB商品券

JCBギフトカードと同様、JTBギフトカードも全国で100万以上の店舗が取り扱っています。一部抜粋すると以下の通りです。

 

・百貨店、大型店(そごう、パルコ、三井アウトレットパークなど)

・スーパー(東武ストア、西友、天満屋ハピータウンなど)

・家具・家電・ホームセンター(ケーズデンキ、コメリ、ホームセンター コーナンなど)

・時計・宝飾・メガネ・カメラ(ドン・キホーテ、ヨドバシカメラ、メガネの田中)

・専門店(紳士服はるやま、トイザらス/ベビーザらス、イエローハットなど)

・飲食店(ハングリータイガー、和食さと、カルビ大将など)

 

ほか多数

三井住友カードVJAギフトカード

三井住友カードVJAギフトカードが使える店舗は、大型チェーン店に絞っただけでも数多くがヒットします。一部抜粋に過ぎませんが、以下に挙げているので参考にして下さい。

 

・デパート(小田急、近鉄、松坂屋など)

・スーパー(西鉄ストア、オギノ、明治屋など)

・大型店・ショッピングセンター(ラフォーレ原宿、ロフト、ららぽーとなど)

・衣料(洋服の青山、ミキハウス、エフワンなど)

・趣味(オートバックス(一部店舗除く)、島村楽器、ロイヤルホームセンターなど)

・スポーツ(アルペン、ヒマラヤ、ミズノなど)

 

ほか多数。

 

ギフト券が使える場所として挙げた中にも、店舗によっては使えない場合もあるため、不明な場合は確認するようにしましょう。

どうしても使い道がない場合は現金化も

ギフト券にはさまざまな使い道がありますが、どうしても自身にとって有効な使い道が見つからない場合は、現金化も有効です。

ギフト券の現金化は正しい方法で行い、同時に注意点があることも知っておかねければなりません。

ギフト券の現金化とは?

ギフト券の現金化とは、クレジットカードの現金化で購入する商品をギフト券に変えるやり方のことです。流れとしてはまず、インターネット上でギフトカードを購入します。次に、買取業者や売買サイトにてそのギフト券を売却し、査定後に買取金額が振り込まれるシステムです。

 

なお、クレジットカードを使って現金化する場合、換金目的でのカード利用と判断されるとペナルティを受ける可能性もあります

 

そのため、高額な取引や頻繁な換金を繰り返していると、クレジットカード会社から目をつけられる可能性も高まることを知っておきましょう。

 

同時に、ギフト券の換金がクレジットカード会社にバレやすくなるケースを紹介します。

 

1回に換金する額が多い

クレジットカード会社は、不正な利用をしていないか常に監視をしています。よって、普段は数千円ずつの買い物しかしない人がいきなり、5万・10万の支払いを一括で行う履歴が残ると、カード会社に怪しまれやすくなるということです。

毎月のようにAmazonギフト券を購入

特にAmazonギフト券の場合は換金率が高いことから、クレジットカード会社は特に注意を向けています。カードの購入履歴に「AMAZON.CO.JP」と頻繁に表示され、なおかつ一定の金額で決済をしていることが明らかになると怪しまれる対象になるでしょう。

カードでの支払いに遅延が見られる

ギフト券を換金する前から、カードでの支払いに遅延が見られる場合は、カード会社から「お金に困っている」と目を付けられやすくなります。

それはギフト券現金化へのつじつまが合うことにもなりかねないため、支払いが遅れている状態でのギフト券現金化は、くれぐれもやめた方が身のためでしょう。

ギフト券の現金化の方法

現在、主流となっているギフト券現金化の方法は「ギフト券買取サイトで買い取ってもらう」もしくは「ギフト券売買サイトで現金化する」という2つのやり方です。

おすすめは前者であり、良識のある買取サイトなら換金率も高くて、即日現金化にも対応しています。

 

ギフト券の売買サイトとは、個人間で電子ギフト券の取引が行われるWebサイトのことです。不要なギフト券を安く出品し、買い手もまた安く購入できるフリーマーケットのようなものだと考えて下さい。

 

業者を介さず自分で現金化するわけですが、どこよりも換金率が高いことで人気です。ただし、出品手数料が含まれない額が表示されているため、注意が必要です。

 

したがって、単発かつ少額の現金化を希望であれば、買取サイトの利用をおすすめします。

ギフト券の現金化のメリット

ギフト券を現金化する最大のメリットは、買取サイトにおける換金率の高さです。Amazonギフト券であれば、最大85%-90%で換金でき、しかも優良な買取サイトを利用すれば約1時間ほどで現金が振り込まれます。

 

また、日のよって多少の変動こそあるものの、相場がある程度安定しているところもメリットの1つと言えるでしょう。加えて、フリマアプリやオークションサイトでも、ギフト券は高く売れることが多いです。

ギフト券の現金化なら買取DX

ギフト券を現金化するなら、Amazonギフト券をはじめとする電子ギフトの買取に特化した「買取デラックス」をおすすめします。同サイトは取り扱うギフト券も多く、1000円から買取が可能です。

 

分からないことは無料で質問できる上、スマホ1台でギフト券の提示から現金化までを完結させられます。しかも24時間365日対応しているので、忙しい人も自分の都合に合わせて利用できるところが便利