MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

使いやすいギフト券はどれ?使いやすいギフト券の条件とは?

今では多くの人が利用している「ギフト券」ですが、種類が多くてどのギフト券が使いやすいのかわからないですよね。

 

そこで、この記事ではギフト券の種類とその中からより使いやすいギフト券をご紹介します。

ギフト券には3つタイプがある

ギフト券には、その使い方や使用用途・タイプなどもたくさんあります。

 

ギフト券のタイプ

  • 商品券タイプ
  • プラスチックカードタイプ
  • 電子タイプ

 

このようにギフト券は、大きく3つのタイプにわけられます。それぞれにメリット・デメリットがありますので、1つずつ解説していきます。

①商品券タイプ

昔から使われている最も一般的なタイプのギフト券で、主に紙でできていることが多いです。JCBやVISAといった大手のクレジットカード会社が発行している場合や、百貨店が独自で発行しているものもあります。

メリット

商品券タイプのギフト券のメリットは、ギフト券を発行している店舗で商品を購入するときに、確実に利用できるにあります。

カード払いやスマホ決済を使用して商品を購入する場合、お店によっては自分が利用したい決済方法が使えないといった場合があります。ですが、商品券タイプのギフト券ならば、確実にその店舗では使えるので、買いもののチャンスを逃すことがありません。

 

また、商品券タイプであれば現金との併用も可能なので、千円単位は商品券で支払い、端数は現金で払うということができます。ただし、商品券タイプのギフト券は原則「おつりが出ません」のでその点だけご注意ください。

デメリット

一方、デメリットとしては紙でできているので、濡らしたり、破れたりして破損させてしまうと使用できなくなってしまいます。少し折れたりするくらいであれば、問題ありませんが、保存状態を保つためにしっかりと保管しておきましょう。破れた場合や燃えてしまった場合は、使えなくなる可能性が高いといえます。

 

また、商品券の数が多いと持ち運ぶ際に不便なので、使いそうな分だけ財布に入れておくことをオススメします。

②プラスチックカードタイプ

QUOカードのようなプラスチックでできている、カード型のギフト券です。「Amazonギフト券」や「iTunesカード」などがこのプラスチックタイプになります。百貨店やコンビニで取り扱っているギフト券は、昔こそ紙のタイプのみしか購入できませんでしたが、今ではこのプラスチックタイプが主流になりつつあります。。 

メリット

プラスチックカード型のギフト券は、紙の商品券と比べて小さく薄いため、持ち運びが非常に便利です。クレジットカードと同じサイズ・厚さになっており、財布のカード入れに入られるように設計されているので、かさ張る心配はありません。 商品券などの紙ベースだと何枚も持ち歩かないと使えませんでしが、プラスチックカードタイプであれば1枚持っていればいいという点も大きなメリットですね。

デメリット

デメリットとしては紙タイプほどではありませんが、破損に弱いといった点があります。万が一折れたり読み込み部が汚れたりしてしまうと、店頭の端末で読み込めなくなってしまう場合もありますので注意が必要です。。

③メール・webタイプ(電子ギフト券)

近年ギフト券の主流となりつつあるのが、メール・Webタイプのギフト券です。携帯電話やパソコンのメールなどで送受信したり登録したりできます。金額の設定も自由にできることが多く、。いわゆる「電子ギフト券」と呼ばれているのがこちらのタイプです。

メリット

メール・web型のメリットは、場所を取らない点にあります。携帯電話やパソコンでの登録をしておくため、商品券タイプやプラスチックカードタイプのように、財布に入れて持ち歩く必要がありません。財布などに余計なものを入れて持ち歩きたくないといった人には、非常におすすめのギフト券です。

デメリット

デメリットとしては、携帯電話やパソコンをもっていないと使えないところになります。また、スマホやパソコン機器の使い方に慣れていない人だと、ギフト券の登録の仕方など使い方がそもそもわからないといった状況も発生しがちです。

電子ギフト券の具体例7つ

先ほど述べたように、現在ではweb・メールタイプの電子ギフト券が主流となってきており、さまざまなタイプのものがあります。

 

そこで買取DXでは、電子ギフト券の買取も行っていますが、取り扱っているギフト券にはどのようなものがあるかを紹介していきます。

 

Amazonギフト券

インターネット通販最大手であるAmazonが発行している電子ギフト券です。スマートフォンやパソコンで登録することにより利用できます。

 

Amazonギフト券は3,000円・5,000円、10,000円・20,000円といった額面のものから選ぶタイプがあります。ほかにも1,500円から50,000円の間の金額を、1円単位で指定できるタイプもあるのです。Amazonギフト券もプリペイドカードタイプなので、おつりの心配はいりません。

楽天ポイントギフトカード

日本を代表するネットショッピング大手である楽天市場などで利用できる、楽天が発行している電子ギフト券です。カードをウェブサイトに登録することで、カード額面分の楽天ポイントを受け取れるというシステムになっています。

 

額面は3,000円、5,000円、10,000円という金額固定タイプの他に、1,500円から50,000円といった金額を指定することのできる金額指定タイプがあります。

 

楽天市場の他に楽天トラベルや楽天ブックスをはじめとした楽天系のサービスで利用できる他、コンビニエンスストアやドラッグストアといった実店舗でも利用できます。

Google Playカード

スマートフォンのアプリやゲーム・映画や音楽を購入することのできるGoogle playで利用することのできる電子ギフト券です。あまり知られていませんがLINEの中で利用できるコインの購入やゲームの課金にも使用できます。

 

Googleが発行元であるのでアンドロイド以外のスマートフォンでは利用できないイメージがありますが、アイフォンユーザーでもGoogleアカウントがあれば利用できます。

 

額面は1,500円、3,000円・5,000円・10,000円・15,000円・20,000円と幅広くなっています。1,500円から50,000円までの金額指定タイプのものもあります。

WebMoney

電子ギフト券の中でも古参の部類に入る、株式会社ウェブマネーが発行している電子ギフト券です。ゲームをはじめブログやコミュニティ・SNSといったあらゆる媒体で利用できます。その数は国内最大級と言えるほどの幅広さになります。

 

ウェブマネーという会社は携帯電話キャリアであるKDDIの子会社なので、セキュリティー面が堅実なのが特徴です。

 

iTunes Card

Appleが運営しているiTunes StoreやApp Storeで利用することのできる電子ギフト券です。日本ではiPhoneの所持率が高いので、贈った方に喜ばれることの多い電子ギフト券です。

 

特にiTunesカードは、音楽データの購入だけでなくアプリ内課金にも使用できるため、多くの人が利用しているギフト券の1つです。

nanacoギフト

コンビニ最大手であるセブンイレブンを中心に使うことのできる電子ギフト券です。nanacoギフトカードを電子マネーのnanacoにチャージして利用すれば、イトーヨーカドーやヨークマートといったセブンアンドアイグループでの買い物もできます。

 

このnanacoギフトカードは2019年4月15日で販売を終了しています。しかし購入済みのものについては、有効期限まで利用可能です。

 

使いやすい電子ギフト券の条件とは?

ここまでで電子ギフト券には、さまざまな種類があり、使用用途によって使い分けることがわかりました。それらを踏まえて、以下では使いやすい電子ギフト券の条件を解説します。

「どのギフト券を買えばいいのだろう…」と悩んだときには、以下の条件に当てはまるギフト券を購入するようにしましょう。

 

使いやすいギフト券の条件

  1. いろいろな製品・サービスに利用できる
  2. デザインが豊富

条件1:いろいろな製品・サービスに利用できる

特定の商品やサービスにしか利用できない電子ギフト券では、使い勝手がよくありません。その点いろいろな物を買うことが可能で、さまざまなサービスで利用できるギフト券が使いやすいと言えます。また実店舗で使用できればより良いでしょう。

条件2:デザインが豊富

電子ギフト券を贈り物として利用する場合には、贈答用のデザインがある方が使いやすいでしょう。ギフト券の中にはオリジナルのデザインを作ることのできるものなどもあります。

使いやすいギフト券はどれ?

買取DXで取り扱っている電子ギフト券のなかでも、とくに使いやすいギフト券についてご紹介します。

 

楽天ポイントギフトカード

さまざまなサービス展開している楽天系のサービスで使えるので、非常に使いやすいギフト券の1つです。この楽天ポイントギフトカードでは、楽天ポイントがチャージできるため、チャージしたポイントを楽天Edyなどに再チャージすれば、コンビニやドラッグストアなどの買い物に利用することができます。特定のものではなく、色々な場で使いたいという方にピッタリなカードです。

また、使用方法も簡単で楽天の「楽天ポイントの受け取り画面」にログインをして、ギフトカードの裏側に印刷されているPINコードを入力するだけです。

 

楽天ポイントギフトカードの使い方

  1. 楽天の「楽天ポイントの受け取り画面」を表示
  2. 楽天IDとパスワードを入力してログイン
  3. 楽天ポイントギフトカードの裏に印刷されているPINコードを入力
  4. PINコード入力後、「楽天ポイントを受け取る」ボタンをクリック

 

さらに、楽天ギフトカードはデザインもアニメのキャラクターやサッカーチームのエンブレムなどさまざまなものが売られているので、贈る相手の好みに合わせて購入するのもおすすめです。

 Amazonギフト券

ネット通販最大手である、Amazonギフト券は使い勝手が抜群です。実店舗では使えずAmazon内でしか利用することはできませんが、Amazonであればありとあらゆるものを取り揃えていますので、使い道に困ることもないでしょう

 

使い方も簡単で、Amazonの専用アプリまたはWebサイトにログインをして、「ギフト券番号の登録」にてPINコードを入力すれば完了です。

 

Amazonギフトカードの使い方

  1. Amazonアカウントにログイン
  2. 「アカウントサービス」→「Amazonギフト券」の順でクリック
  3. Amazonギフト券の登録画面にてPINコードを入力

 

また、Amazonギフト券には、グリーティングタイプカードタイプというメッセージを入れて贈ることもできるので、日頃の感謝の気持ちなどを込めて贈るとより素敵なプレゼントになります。

まとめ

ギフト券にはさまざまな種類がありますが、持ち運びに困らない電子ギフト券が現在では主流となっています。なかでもAmazonギフト券や楽天ポイントギフトカードは、いろいろなサービスや買い物で利用できるので、使いやすいギフト券と言えるでしょう。

 

買取DXでは楽天ポイントギフトカードやAmazonギフト券はもちろん、今回紹介したようなさまざまな電子ギフト券の買取を承っております。眠っているものや、不要なものなどがございましたらぜひお気軽にご連絡ください