MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取DX

ギフト券&マネー

コラム

悪徳買取サイトに要注意!悪質なギフト券買取サイトを見分けるコツを丁寧に解説!

悪徳サイトを見分けるコツ①:運営会社情報の記載がない

まず、どんなサイトであっても、健全で優良な営業を行っている企業の場合、そのWEBサイトやサービスを運営している会社の情報が、「会社概要」とか「運営会社情報」とか、そういった形でトップページにリンクが貼ってあるのが普通です。

 

買取サイトの場合多くのサイトで、派手な色遣いで買取率や迅速な対応、年中無休などサービスの良さをアピールしていますが、そうした宣伝文句があること自体は問題ではありません。チェックすべきなのは、そのような宣伝とともに、明確な会社情報をしっかり提示しているか、ということです。

 

優良サイトの場合、「会社概要」「運営会社情報」「◯◯社について」などのリンクから飛べる形で、会社の情報や事業内容、しっかりとした企業の場合では沿革などの情報が、明確にわかりやすい形でまとめられたページが用意されているはずです。そうしたページがない、そもそも会社名すらよくわからないサイトも往往にして見受けられますが、そうしたサイトは詐欺の可能性が高い悪徳買取サイトである可能性が極めて高いので、利用しないようにしましょう。

 

会社情報の中でも最低限確認すべき情報は「会社名」、「事業内容」、「営業所住所」と「電話番号」あるいは「メールアドレス」です。明確にどういう会社かをきちんと明示していることや、いざという時にコンタクトが取れる連絡先などの情報が充実していればいるほど、信頼度は高まります。

 

贅沢を言えば「古物商許可番号」の記載があると完璧です。しかしながら、ECサイト等で使えるギフト券の場合、いわゆる「電子マネー」にあたる為、古物営業法の適用を受けません。そのため、本来であればギフト券を専門に買い取っているのなら古物商許可番号は不要なのですが、その他にも買取サービスを展開している場合はもちろん、そうでなくとも適法に営業をしようという姿勢を感じるという意味では、古物商許可番号の記載があったほうが信頼度は高まります。

 

悪徳サイトを見分けるコツ②:「買取率」が高すぎる

買取サイトは利益を生む必要があるため、ギフト券の金額に対し「買取率」に応じた割合の金額を利用者に返しており、手元に残った金額を利益としています。例えば、5,000円分のギフト券を買取サイトに買い取ってもらう場合には、買取率85%であれば、4,250円が利用者に支払われ、残った750円が利益になるのです。

 

これは商売である以上当たり前のことですよね。つまり、「買取率があまりにも高すぎるサイト」は、利益を度外視した優良サイトってことになりませんか?と聞かれたら、答えはNOです。買取サイトは慈善事業でやっているわけではありません。健全な営業を保つためには、相応の利益率を考え、逆にある程度低く設定しているものです。

 

優良サイトの多くは、買取率を概ね82%〜91%あたりを限度に設定しています。上記では簡単に説明しましたが、残った750円全てが純利益になるわけではありません。そこから人件費や設備費などの諸経費を差し引いた金額が純利益になります。出来る限り高い買取金額で利用者に喜んでもらえ、かつ自社の利益も上げていくとなると、これくらいの買取率が限界なのです。

 

損をしたくないがために、ついつい高い買取率に飛びついてしまうのもわからなくはありませんが、買取率が高ければそれでいいというわけではありません。買取率99%!などあまりにも高い買取率をアピールしているサイトは、悪徳サイトである可能性が限りなく高いと言えるでしょう。

 

悪徳サイトを見分けるコツ③:身分証の提示を求めてこない

意外と盲点になりがちですが、優良な買取サイトを利用する際には、登録時に本人確認が必要となります。これは違法性のない健全な利用のために優良サイトのほとんどが行っていることで、多くは初回登録時に、身分証の提示を行う必要があります。

 

身分証明書の種類は、普通自動車等の運転免許証、パスポート、健康保険証、住民基本台帳、マイナンバーカードなどです。サイトによっては、顔写真付きの身分証に限っているところもあります。買取サイトの利用登録の際に、インターネット経由でアップロードして確認を取るところが多くなっています。

 

登録時、あるいは利用時に、こうした身分証の提示を求めてこないサイトは、悪徳サイトの可能性が大きいでしょう。悪徳サイトに引っかかると買取をしてもらってお金がもらえるどころか、逆に騙し取られる可能性もありますので、登録時に身分証明書の提示が不要である事を謳っているサイトがあったら、まず警戒して対応する必要があります。最初から悪徳サイトと断じて避けてもいいでしょう。

 

健全な取引には相応の手続きが求められる、というのが世の鉄則であることを常識として考えましょう。中には個人情報のみを抜き取ろうとするサイトもあるかもしれませんので、身分証を提示する際にも慎重に、会社名を明確に提示している会社に対してのみ行うように心がけましょう。

 

悪徳サイトを見分けるコツ④:口コミをしっかり確認する

これは買取サイトに限った話ではありませんが、購買を行う際に口コミを確認することは非常に大切です。サイトの宣伝文句だけを鵜呑みにすることなく、検索エンジンで検索をしっかりかけて、実際に利用した人の口コミやブログを確認することは、もうネットリテラシーの1つといっても過言ではないのです。

 

基本的に、サイトには「そのサイトにとって利益となること」しか書かれていません。利益に反するデメリットをしっかり記載してあると信頼度は高まるかもしれませんが、これもまた一旦置いて警戒するのが情報強者の証といってもいいかもしれません。

 

まだ契約しておらず検討する余地がある段階で、しっかりと公平な目線で、そのサイトが本当に優良サイトなのかを確認しましょう。一旦冷静になって検索エンジンでそのサイトの評判を見てみると、サイトには掲載されていない法外な利用料金を取られたとか、対応が全然進まなかったなど、思わぬ悪評が確認できる場合もあります。

 

しかしその口コミを鵜呑みにしていいかというのもまた難しい問題です。悪質な業者はその口コミにも網を張っていて、自作自演で絶賛しているレビューやブログを書いている場合も無きにしも非ずです。情報は微に入り細を穿つ姿勢でしっかりと取捨選択していく必要があります。

 

中国系の業者であれば言語の不自然さでなんとなく自演レビューは見抜けますが、日本人の詐欺師も当然ながらいますので、口コミを確認する際もしっかりと警戒心を持って、精査していくことが肝要です。

 

まとめ 

以上、悪徳な買取サイトを見抜くコツを大きく分けて4つ、一通り解説しました。

 

買取サイトを利用する時というのは多くの場合、お金に困っている時や、ちょっと急な出費が必要な時など、どうしても焦ってしまう時が多いでしょう。

 

悪徳サイトはそうした心理につけ込み、甘い宣伝文句で誘い、信頼させて囲い込もうとしてきます。焦っている時ほど冷静になって、そうしたサイトに騙されないという強い気概で、与えられる情報は何重にもしっかりと精査するようにするのが大切です。

 

ギフト券買取の買取ボブは、大量買取・大量販売により実現した業界トップの買取率を誇ります。老舗の古物営業許可店であり、買取率以外にお客様の負担費用は一切ありません。最短で10分、手続きはWEBのみで完結します。迅速かつ丁寧な対応を心掛けていますので、ぜひ一度ご利用ください。