MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

Amazonギフト券のEメールタイプって何?メリット・デメリット、使い方を教えます

Amazonで買いものをする際は、代引きやクレジットカードを優先的に利用して、商品購入の支払いをスムーズにすませている人も多いでしょう。じつは、Amazonギフト券のEメールタイプを使うことで、Amazonでの買いものをいま以上にスムーズでメリットの多いものに変えられます。操作方法が簡単で、得るものが多いとなれば、使い方を覚えておいて損はありません。
Amazonギフト券のEメールタイプの基本的な情報や使い方などを解説します。

Amazonギフト券のEメールタイプとは?

Amazonギフト券のEメールタイプとは、指定したメールアドレスに送ることが可能なAmazonギフト券のことをいいます。オンラインストアから入手可能なギフト券で、有効期限はほかのタイプのAmazonギフト券と同様で、2017年4月24日以降に発行されたものは発行から10年間です。Amazonオンラインストアでは主流となってきており、自分が使うためだけでなく、プレゼントとして贈ることもできる、とても便利なギフト券です。
Amazonギフト券のEメールタイプは、デザインが豊富で49種類のなかから選べるだけでなく、好きな画像を指定してオリジナルなものをデザインすることが可能です。
ギフト券は、Amazonから送り主へ直接発送されるため、個人情報を守ることができて安心です。

Eメールタイプのメリット・デメリット

Amazonギフト券のEメールタイプにはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

メリット

Ø  メールアドレスだけ知っていれば贈ることができる

ちょっとしたプレゼントをしたいと思っていても、相手の住所を知らないことがあります。そんなとき、相手のメールアドレスだけがわかっていれば、送料をかけずに贈ることができます。

Ø  購入後すぐ受け取れる

Amazonギフト券のEメールタイプは、購入後、数分以内(場合により5分以上かかることがある)で指定したメールアドレスに届きます。時間がかからないため、すぐにAmazonギフト券を利用したい人にはおすすめです。

Ø  15円~50万円までの自由な価格設定が可能

Amazonギフト券のEメールタイプは、15円~50万円という幅広い価格設定が可能です。自分の必要な金額やプレゼントしたい金額を1円単位で設定できます。
自分用に購入する場合は、1か月に使う金額分に設定すると、使いすぎ防止になるかもしれません。

Ø  ポイントがダブルで貯まる

EメールタイプのAmazonギフト券の購入はクレジットカード払いのため、「クレジットカードのポイント」が付与されます。その後、実際にAmazonで買いものをするときに、Amazonギフト券を利用すると「Amazonポイント」も付与されます。つまり、ポイントがダブルで貯まるというわけです。

Ø  送信予約機能がある

Amazonギフト券のEメールタイプ限定の機能です。1年先まで送信予約が可能で、誕生日やお祝いごとのプレゼントを贈り忘れる心配がありません。

デメリット

Ø  決済方法が限られている

Amazonギフト券のEメールタイプを購入する際、クレジットカード以外での支払いができません。(デビットカードやプリペイド式カードなどは利用可能)

Ø  10万円以上の場合届くのに時間がかかる

昨今、クレジットカードのショッピング枠の現金化が問題になっています。その観点からAmazonギフト券のEメールタイプを高額な額面で1枚買う場合、メールアドレスに届くまでに少し時間がかかることもあるようです。

Ø  Amazonギフト券が使えない商品がある

Amazonギフト券でさらにギフト券を購入することはできません。また、Amazonのサービスコンテンツの年会費支払いにもギフト券を利用できません。(Kindleコンテンツやデジタルミュージックストアなどの商品購入は可)
また、ショッピングカート内に別の商品と一緒にAmazonギフト券を入れている場合も、Amazonギフト券の残高からの支払いはできません。Amazonギフト券だけ別途に購入手続きをするか、支払い方法を切り替えるかのどちらかを選択する必要があります。

Amazonギフト券のEメールタイプの使い方

Amazonギフト券のEメールタイプを購入後、自分が使用するためにはアカウントに登録する必要があります。まずは、アカウント登録をしましょう。

  1. Eメールに届いたAmazonギフト券の「ギフト券番号」と記載されたコードをコピー
  2. Amazonにログインして左上にあるメニューボタンをクリックまたはタップ
  3. メニューから「アカウントサービス」をクリックまたはタップ
  4. パソコンからなら「Amazonギフト券」、スマートフォンからなら「Amazonギフト券を登録する」を選ぶ
  5. ギフト券番号を入力して「アカウントに登録する」をクリック(タップ)すれば完了

パソコンやスマートフォンから簡単にアカウントに登録ができます。
買いものをする際は、請求詳細部分に登録したAmazonギフト券が適用になっているかを確認しましょう。

使いみちがない場合の換金方法

Amazonユーザーではない場合、せっかくもらったEメールタイプのAmazonギフト券を持てあましてしまうことがあります。または、使い道がないといった理由もあるでしょう。そのような場合は、家族や友人に譲ることもできますが、ギフト券は換金が可能ということも、知っておくとよい選択肢です。

どこで換金できるか

Amazonギフト券のなかでもEメールタイプは、かたちのない電子ギフトなので換金はできないと思う人も多いのではないでしょうか。どのような発行形式のAmazonギフト券でも、未使用の「ギフト券番号」があれば換金は可能です。
換金できるのは、以下のように、電子ギフト券を取り扱っているところです。

  • 電子ギフト券専門の売買サイト

電子ギフト券を専門に取り扱うサイトがあります。会員登録をして、自分で売買ができます。Eメールタイプでも未使用の「ギフト券番号」を出品することが可能ですが、手間がかかったり振込までに少し時間がかかったりします。また、ギフト券番号のやりとりの際にトラブルに発展してしまう可能性も否めません。そのため、急いで換金したい人にとってはデメリットと感じるでしょう。

  • ギフト券買取サイトに買取を依頼

電子ギフト券を取り扱っている買取サイトに依頼をすると、手間や時間がかからずに換金ができます。インターネット上で24時間いつでも、手の空いたときに換金ができます。
大手の買取サイトであれば信用できますし、換金率と換金後に振り込まれる金額を手続き前に知ることができるのでおすすめです。振込までの時間も1~2時間以内と早いです。

  • オークションで販売

希望する金額で出品して売ることができますが、落札されるまで時間がかかります。また、入金されても受け取りまでに時間がかかるため、すぐに換金したい人には不向きでしょう。

忙しくて時間がとれないときや、換金を急いでいるときは、買取サイトに依頼したほうが早くて手間も省けるでしょう。

Amazonギフト券のEメールタイプの特徴を理解して使いこなそう

Amazonギフト券のEメールタイプは、すぐに受け取れてアカウント登録も簡単に行えるギフト券です。使い方やアカウント登録の方法、利用確認の仕方を知れば、便利で簡単であることが理解できるでしょう。購入後すぐに受け取れる、ポイントがダブルで貯まるなど、メリットの多いAmazonギフト券を有効に利用してみませんか。