MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

Amazon Cashとは?利用のメリットや基本的な使い方をご紹介します

Amazon CashやAmazon Cashの使い方を知らない人も多いでしょう。

 

そこで、この記事ではAmazon CashやAmazon Cashのメリット・使い方などを実際にAmazon Cashを利用している僕が紹介します。

Amazon Cashとは

「Amazon Cash(アマゾンキャッシュ)」とは、自分専用のAmazonギフト券に残高をチャージするためのサービスです。

 

2019年6月に開始したばかりの比較的新しいサービスで、Amazonアカウントを作っている人ならだれでも利用することができます。 

 

Amazon Cashを利用してチャージしたAmazonギフト券は、通常のAmazonギフト券と同様にショッピングサイト「Amazon.co.jp」で、使用することが可能です。 

Amazon Cashの使い方

 

Amazon Cashの使い方は以下の通りです。

 

  1. Amazonのアプリで「Amazon Cash」を検索
  2. 「バーコードを表示する」をタップ
  3. バーコードを店頭レジで提示して、チャージ金額を支払う

 

Amazon Cashの使い方は、記事の後半でも詳しく解説しますが、交通系ICカードのSuicaやPASMOなどと同じように残高が少なくなってきたらチャージするというのが一般的な使い方です。

 

また、チャージ金額は1回あたり500円から49,000円の間で1円単位でチャージすることができます。多くの電子マネーだと1円や2円などの端数は、なかなか有効活用できないので無駄なく利用することができる数少ないサービスといえます。

Amazon Cashを利用するメリット

Amazon Cashを利用する最大のメリットは、現金でスムーズに支払い手続きができる点です。

クレジットカードを持っていない方やWebサイト上でクレジットカードを使うことに不安や抵抗がある方、キャッシュの流れを把握をするために現金払いを好む方は、従来なら支払い方法として「代金引換」「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー支払い」を選択しなければなりませんでした。

 

特に代金引換を選択した場合、配送のたびに代引き手数料が発生します。1回の配送につき324円(税込)の手数料が商品代金に上乗せされるので、Amazonで何度も商品を購入する方にとっては損失が大きくなりますね。

 

また、「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー支払い」を選択した場合は、支払いに時間と手間がかかります。商品の注文が完了すると、あらかじめ登録しておいたメールアドレス宛に支払い番号が届き、この支払い番号を使ってコンビニやATMへ出向いて支払い手続きを行うという流れです。

このように「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー支払い」では、支払いが完了してから出荷準備に入るため、他の支払い方法を選択した場合に比べて商品到着までに時間がかかる傾向にあります。 

 

ですが、これらの時間や手間、お金の損を解決するのが「Amazon Cash」です。Amazon Cashを利用して現金をギフト券にチャージしておけば、チャージされた金額はAmazonアカウントへすぐに反映されます。そして、Amazon.co.jpにおける買い物などで即時支払いをすることが可能になります。

 

なお、現在の残高やチャージ履歴などはAmazon公式サイトにある「残高・利用履歴」のページで確認できます。履歴が残ることでお金の流れが正しく把握できるため、安心してインターネット上の買い物を楽しめます。

従来のAmazonギフト券との違い

Amazon Cashと従来のAmazonギフト券と違う点は3つあります。

 

  1. Amazon Cashはチャージすれば何度でも使用可能
  2. 自分専用のため、プレゼントはできない
  3. わざわざAmazonギフト券を購入する必要がなくなる

 

上記のとおり、「Amazon Cash」は自分専用のAmazonギフト券です。そのため、従来のコンビニなどで販売しているAmazonギフト券と違い、誰かにプレゼントすることができません。とはいえ、Amazon Cashを利用すれば店頭レジで現金チャージをするだけなので、わざわざ自分が使う用にAmazonギフト券を購入する必要がなくなります。

Amazonギフト券の種類

また、Amazonギフト券といえば贈り物としてやりとりされることも多く、実際に買い物で使用したことがある方も多いと思います。Amazonギフト券は主流のカードタイプだけでなく、たくさんの形態があります。ここでは、現在Amazonが取り扱っているAmazonギフト券を簡単にご紹介しましょう。

 

Amazonギフト券は用途に合わせてさまざまなタイプがあります。

 

  • チャージタイプ
  • Eメールタイプ
  • PDF印刷タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • ボックスタイプ
  • 封筒タイプ
  • 商品券タイプ
  • マルチパック(10枚組)

 

また、Amazonギフト券には豊富なデザインが用意されており、使用目的や相手の好みに合わせて選択することもできます。Amazonギフト券の用途やデザインは以下のようなものがあります。

 

  • 誕生日
  • お祝い・プレゼント
  • 出産祝い
  • 結婚祝い
  • 入学・卒業
  • お見舞い
  • 景品・記念品
  • バレンタインデー
  • クリスマス
  • お正月
  • 母の日
  • 父の日
  • 敬老の日
  • お歳暮・お中元
  • ありがとう

 

このようにとても多くのデザインが設けられており、様々な場面で使い分けることができます。Webサイト上で購入する際は、検索によって手軽に絞り込めます。

 

ちなみに、自分の好きな写真をカードのデザインにすることも可能です。ただし、著作権等の関係から選択できる写真はオリジナルのものに限られていますが、思い出の写真などをギフト券にするのもオススメです。

Amazonギフト券は店頭でも取り扱っている

Amazonギフト券はAmazon.co.jp上で取り扱っていますが、中でもカードタイプとシートタイプのものは、全国の提携コンビニエンスストア、ドラッグストア、スーパーマーケットでも手入れられることができます。

 

店頭で販売しているAmazonギフト券は、金額があらかじめ決まっているものだけでなく、「バリアブル」という金額指定ができるものもあります。「バリアブル」では、1,500円から50,000円までの任意の金額を設定でき、使用目的に合わせて金額を決められます。

Amazon Cashと店頭で購入したAmazonギフト券との違い

店頭でAmazonギフト券を購入した場合、自分のアカウントに反映させるためにはひと手間必要です。まず、裏面のシールをはがし、その下に記載されたギフト券コードをAmazon.co.jp上に入力するという流れが必要です。

 

ですが、Amazon Cashを利用してAmazonギフト券にチャージする方法であれば、そうした労力を一気に解決できます。また、店頭販売のAmazonギフト券では、バリアブルが品切れの場合金額指定ができませんでしたが、Amazon Cashはいつでも好きな金額を入金できます。手間をかけずに、好きな金額のAmazonギフト券を入手したい方には、Amazon Cashの利用がおすすめです。

Amazon Cashを使ったチャージ手順

Amazon Cashを利用するためには、Amazon公式サイトを表示できるスマートフォンが必要です。

スマートフォンにチャージ用バーコードを表示させる

通常Amazon.co.jpの利用にパソコンを利用している方は、まずAmazon公式サイトのホームにある検索窓に「amazonキャッシュ」もしくは「Amazon cash」と入力します。

 

すると、Amazon Cashの専用ページが開きます。そこに表示された「バーコード表示」というボタンを押すと、チャージ用のバーコードが表示されます。それと同時に、アカウントに登録されている電話番号のリンクが表示されるので選択しましょう。その後、バーコードのページへのリンクアドレスがSMSでスマートフォンに送られます。あとはスマートフォンに送られてきたリンクをクリックすると、スマートフォン上でAmazon Cashチャージ用のバーコードを表示することができます。

 

普段からスマートフォンでAmazon.co.jpを利用している方は、メニューの中から「アマゾンギフト券」を選択します。その中にある「Amazon Cash」をタップすると、チャージ用のバーコードを表示できます。

チャージ用バーコードを店頭で提示する

スマートフォンにAmazon Cashチャージ用のバーコードを表示させたら、Amazon Cash取扱店のレジで提示して読み取ってもらいます。チャージしたい金額を店員に伝えて、その金額を現金で支払います。

 

ここで注意していただきたいのは、支払方法は現金のみで、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済は使用不可という点です。これらの手続きが完了すると、リアルタイムでAmazonアカウント上にチャージ金額が反映されます。また、チャージ完了はメールでお知らせされるだけでなく、Amazon Cashの「残高・利用履歴」のページでも確認できるため安心です。

 

 

 

 

 

Amazon Cashがチャージ可能な取扱店

Amazon Cashのチャージに対応している店舗は全国に約15,000店あります。また、Amazon Cashのチャージ取扱店はAmazonの公式サイト上でも探せますので、事前に取扱店かどうか確認しておくとスムーズにチャージすることができます。

 

Amazon Cash取扱店の探し方は以下の通りです。

  1. Amazon Cashページで「取扱店を探す」を選択
  2. 地図上のエリアごとに取扱店がマッピングされる

 

ちなみに地図上にマッピングされた店舗は、住所なども確認できるようになります。

 

現段階でのAmazon Cash取扱店は、一部のコンビニエンスストアやドラッグストア、快活Clubやドン・キホーテとなっています。具体的なAmazon Cashが利用可能なコンビニエンスストアは以下の通りです。

 

  • NewDays
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • セイコーマート
  • 生活彩家

 

逆に、Amazon Cashが利用できないコンビニエンスストアは以下の通りです。

 

  • ローソン
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート

 

また、新しいサービスのため大手コンビニチェーンで利用できなのは少し痛いですね。とはいえ、大手ドラッグストアなどでは利用できるのでそこまで問題はありません。

 

また、Amazon Cashが利用可能なドラッグストアは以下の通りです。

 

  • ツルハドラッグ
  • ウエルシア薬局
  • マツモトキヨシ
  • ココカラファイン
  • サンドラッグ
  • ハックドラッグ
  • スギ薬局グループ
  • ドラッグセイムス
  • コクミン
  • くすりの福太郎 

 

 

 

このようにコンビニ大手であるローソン・セブンイレブン・ファミリーマートの三社が2021年4月現在ではまだ未対応な一方で、非常に多くのドラッグストアがAmazon Cashのチャージに対応していることがわかります。

 

ただ、キャッシュレス決済の導入が進んでいる店舗も多くなってきましたので、今後より多くのコンビニやスーパーなどで利用できるようになる可能性は高いです。Amazonをよく利用される方は、ぜひAmazon Cashを利用してみてください。

まとめ

今回は、Amazon Cashについてご紹介しました。最後に本記事の内容をまとめておきます。

 

Amazon Cashを利用するメリット

  1. ギフト券と違いチャージすれば何度でも利用可能
  2. 1円単位でのチャージが可能なので無駄な端数がでない
  3. 事前チャージでクレジットカードを使う必要がなくなる

 

Amazon Cashの使い方

  1. Amazonアプリで「バーコードを提示する」タップ
  2. Amazon Cash取扱店の店頭レジでバーコードを提示
  3. チャージ金額を「現金」で支払う

 

Amazon Cashは「自分専用のギフト券」という画期的な機能を備えてある反面、まだまだ普及途中といった様子です。ですが、「Amazonでネットショッピングをしたいけど、クレジットカードは使いたくない」や「まだクレジットカードを持っていない…」という方にとっては非常に便利なサービスです。ぜひ1度使ってみてください。

 

また「買取DX」は、業界トップクラスの買取率を誇る古物営業許可店です。便利なAmazon Cashの利用がメインになった等の理由で、もしご不要のEメールタイプのAmazonギフト券をお持ちでしたら買取DXで買取対応いたします。買取申し込みやお振込みは来店不要で24時間対応の上、どちらの銀行宛てでも手数料無料でお振込みいたします。お忙しい方やお急ぎの方は、是非一度ご利用ください。