MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取DX

ギフト券&マネー

コラム

大どんでん返し!Amazonプライムビデオのサスペンス映画おすすめ7選

カテゴリ:アマゾンプライムビデオ 投稿日:2月 14, 2020

ドキドキハラハラ…最後に大どんでん返しでビックリ!それがサスペンス映画の醍醐味ですよね。そんな緊迫感溢れる名作サスペンス映画も、4万本以上の映像コンテンツを要するAmazonプライムビデオでは数多くの名作を観る事が出来ます。

  • ハラハラドキドキする映画を観たい
  • 大どんでん返しが待っている映画を観たい
  • 一緒に推理できる映画を観たい

そんな方は是非この記事で紹介するサスペンス映画をチェックしてみて下さい。全てプライムビデオで観放題できる作品ばかりなので、プライム会員の方は何度も繰り返し観る事も出来ちゃいますよ!

Amazonプライムビデオのおすすめサスペンス映画

サスペンス映画の醍醐味と言えば何と言っても緊張感。ホラー映画のようにビックリする事もあれば、推理小説のように一緒に犯人探しが出来たり、予想が出来ない展開にハラハラドキドキする事は間違いありません。

この記事では、現在Amazonプライムビデオで配信されているサスペンス映画の中から、特にオススメの作品を厳選して紹介していきたいと思います。

ハラハラドキドキの映画が観たいという方は特に必見。彼氏や彼女と一緒に観ると、思わぬラッキーが待っているかもしれませんしね…!

ユージュアル・サスペクツ

1996年に公開されたブライアンシンガー監督の2作目であるユージュアル・サスペクツは、複雑かつ巧妙に練られたストーリーと衝撃のラストが話題となった、映画史に残る名作サスペンス映画です。

多額の現金と麻薬を積んだ密輸船の爆破事件から物語は進行していきます。この事件により首謀者である5人の犯罪者集団と密輸船のマフィアのメンバー双方に多数の死者が出ました。5人の犯罪者集団のうち、生き残ったのはヴァーバル・キントという詐欺師だけ。

警察の尋問で語られたのはカイザーソゼと呼ばれる謎の人物。果たして彼の正体は?黒幕の正体に迫っていくラスト5人の大どんでん返しは映画史に残る傑作です。まだ未見の方は必ず騙されます。サスペンス映画好きの方は是非!

Amazonプライムビデオで【ユージュアル・サスペクツ】を観る

メメント

2000年に公開されたアメリカ映画で、監督は世界的に有名なクリストファーノーラン。作品はストーリーが終わりから始まりへ進んでいく時系列が逆向きに進んでいくという形式を取っており、この作品でアカデミー賞ではオリジナル脚本賞、編集賞にノミネート。ゴールデングローブ賞では最優秀脚本賞にノミネートされています。

妻を何者かに殺された主人公のレナードは、犯人を追い詰める際に負った外傷が原因で10分間しか記憶が保たない病気を患う事になります。妻を殺した犯人を突き止めるべく、レナードは独自で調査を開始します。重要な事は全て入れ墨として記憶を刻みながら…

一筋縄ではいかない難解な映画ですが、最後の大どんでん返しは映画史に残るものとなっています。後にダークナイトなどで世界的な名声を獲得するクリストファーノーランの出世作となった本作。一見の価値ありの名作映画です。

Amazonプライムビデオで【メメント】を観る

ファイト・クラブ

映画史に燦然と輝く名作サスペンスとして知られているのがファイト・クラブです。映画界の巨匠デヴィッド・フィンチャー監督と、不動の人気俳優ブラッド・ピット、実力派俳優のエドワード・ノートンの夢のタッグで実現した本作は、今でも数多くの人が名作として語り継ぐ、映画史に残る傑作です。

不眠症を患いながらも生活には何の不自由もない生活を送っている平凡な会社員と、ユーモアがあり華やかな生活を送っている男が主人公。飛行機の中で偶然出会った2人はやがて、ファイトクラブという地下組織を作ります。しかしその組織をめぐって事態は思わぬ方向へ進んでいき…

表と裏の人間の二面性、人間が持っている本質的な欲望。濃密な脚本と作中に綿密に散りばめられた伏線がとても面白いです。大どんでん返し系映画の傑作と言われています。最後の最後に驚きたいという方は是非!

Amazonプライムビデオで【ファイト・クラブ】を観る

マシニスト

ダークナイトのバットマン役などで知られるクリスチャンベイルが、この映画の主人公を務める為に30キロ減量して演じたことで話題になったマシニスト。2004年公開のスペインとアメリカの合作映画で、「セッション9」のブラッド・アンダーソンが監督、脚本は「テキサス・チェーンソー」のスコット・コーサーです。

主人公のトレバーは1年間不眠症に悩まされており、げっそりと痩せていきます。ある日アイバンという男を見たトレバーは、作業をミスして同僚ミラーの左腕をなくすという事故を起こしてしまいます。しかし、アイバンという人物は職場にはいないといわれ、とレーバーは職場のみんながグルになって嫌がらせを行っていると思い込みます。

冷蔵庫に貼られた身に覚えのない奇妙なメモの数々。これは幻覚なのか現実なのか…不眠症に陥りながら疑心暗鬼に陥っていく主人公。クリスチャンベイルの怪演が際立つ、傑作サスペンス映画となっています。

Amazonプライムビデオで【マシニスト】を観る

オールド・ボーイ

2003年公開の韓国映画であるオールド・ボーイ。パクチャヌク監督の復讐三部作の2作名に位置しており、原作は日本漫画である『ルーズ戦記 オールドボーイ』。第57回カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリに輝いた傑作です。

ごくごく平凡な生活を送っていた主人公のオデスは、ある日突然誘拐され、15年間の間換金されます。ある日、突然解放されたデスは自分が換金された理由を解き明かす為に奔走します。

  • なぜ自分を15年間も監禁したのか?
  • そしてなぜ自分をいきなり解放したのか?
  • 目的は何なのか?
  • 誰が監禁したのか?

全ての謎が解き明かされるラストは鳥肌確実。巨匠タランティーノ監督が絶賛した映画として知られていて、ハリウッド版のリメイクも公開されています。韓国映画好きの方はもちろん、謎解きサスペンス映画が好きという方も必見。

少々過激なシーンが多く、最後の謎が解けるシーンもかなり衝撃的なので、そういうものに体勢がある方の方が楽しめるかもしれません。

Amazonプライムビデオで【オールド・ボーイ】を観る

ミスト

巨匠スティーブンキングの同名小説「霧」を映画化した本作は、2007年にアメリカで公開され、衝撃的なラストが賛否両論となった傑作サスペンスホラー映画です。

ある日突然街が濃霧に包まれます。霧の中には『何か』がいて、突然あらわれた謎の『何か』により、身動きが取れなくなり逃げ場を失った人達。

濃霧からやってくる未知の生物による襲撃や、閉じられた閉鎖空間の中で行われる人間同士の争い、集団心理による狂気…極限のストレス状態にいる人間が正常さを失っていく様がリアルに描かれていて、観ていて怖くなってくる映画です。

最後の最後まで絶望しかなく、ラスト15分は見ていて辛くなる展開で、ラストシーンは映画史に残る胸糞です。ラストシーンの是非に関して賛否両論はありますが、それがミストをここまで有名にした理由の一つでもあります。

最後までハラハラドキドキの展開が待っていることは間違いありませんし、衝撃のラストに驚き、嘆くことは間違いありません。オススメです!

Amazonプライムビデオで【ミスト】を観る

セブン

4週連続で全米興行成績1位に輝いた大ヒット映画で、映画史に残る傑作サスペンスと知られているのがセブンです。猟奇殺人を描いた映画で、監督はデヴィッドフィンチャー、出演はブラッドピットにモーガンフリーマンなど、豪華キャストが出演しています。

退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセットと、血気盛んな新人刑事ミルズは、食べ物の中に顔を埋めて死んでいる死体を見つけます。殺人事件と断定されて捜査を開始、現場の冷蔵庫の裏に、犯人が脂で書いたと思われる「GLUTTONY(暴食)」の文字と、事件の始まりを示唆するメモを発見します。

キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサスペンス映画で、先鋭的な映像センスとノイズを活用した音響によりダークで独特な世界観を描いています。

批評家からも高い評価を受けており『セブンはGeorge Sluizer の『ザ・バニシング 消失』以来最も恐ろしい結末の作品であり、連続殺人鬼との攻防を扱った作品としては『刑事グラハム/凍りついた欲望』以来だ』と書かれています。衝撃的なラストは必見です!

Amazonプライムビデオで【セブン】を観る

まとめ

泣ける感動的な映画や面白くてハッピーな気分になれる映画も良いけど、サスペンス映画を観てドッと疲れたり、落ち込んだりするのも案外心地いいものです。この記事では特に傑作と名高い名作ばかりを厳選して紹介してきましたので、サスペンス映画を観た経験があまりないという方も是非チェックしてみて下さいね。

最後の大どんでん返し、ラストシーンの衝撃、犯人は誰なのか、一体何が目的で…主人公の気持ちになりながら一緒に推理していくというのもサスペンス映画の醍醐味の一つ。

皆さんもAmazonプライムビデオ、面白いサスペンス映画を見つけてみましょう!