MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

amazonの実質無料サンプルストアとは?使い方と3つの注意点を解説

カテゴリ:アマゾンショッピング 投稿日:1月 19, 2020

Amazonプライム会員になって送料無料やお急ぎ便無料、アマゾンプライムビデオなどの特典を利用しているという人は多いと思いますが、実はまだまだAmazonにはあまり知られていないお得なサービスが存在しています。

今回ご紹介するのはそんな、Amazonユーザーにあまり知られていないサービスである「Amazon実質無料サンプルストア」についてです。

Amazon実質無料サンプルストアとは一体どのようなサービスなのかについてや、使い方、注意点をご紹介していきたいと思います。

気になる商品を無料で使ってみたいという方や頻繁にAmazonでお買い物をするという方、Amazon実質無料サンプルストアとはどんなものなのか気になっているという人は是非この記事をチェックしてみてくださいね。

Amazon実質無料サンプルストアとは?

実はAmazonでは、様々な商品の有料サンプルが販売されています。サンプルなので100円や200円という低価格で購入することが出来るため、気になる商品を手軽に楽しむことが出来るのです。

Amazon実質無料サンプルストアでは、条件を満たすことで対象のサンプルを無料で貰うことが出来るのです。

その条件とは、「対象商品を一定額以上購入すること」です。このような条件があるからこそ「無料」ではなく「実質無料」と言われているという訳ですね。

Amazon実質無料サンプルストアはAmazon実質無料サンプルストア(ドラッグストア)とAmazon実質無料サンプルストア(ビューティー)という2種類のストアがあります。

対象の商品には【実質無料サンプルストア対象】と書かれているので、Amazonの検索窓から【実質無料サンプルストア対象】と検索してもいいと思います。

しかし中には【実質無料サンプルストア対象】とかかれていない商品もあり、かなりわかりにくいのも事実…

そんな時は直接それぞれのAmazon実質無料サンプルストアのページから探すと楽ですよ。

Amazon実質無料サンプルストア(ドラッグストア)

Amazon実質無料サンプルストア(ドラッグストア)で対象となるのは以下の商品カテゴリーの中のAmazonが販売している商品です。

  • 衛生用品・ヘルスケア
  • サプリメント
  • ダイエット
  • 日用品
  • 健康衣類・アクセサリー
  • ベビーケア・おむつ
  • シニアサポート・介護
  • アダルトグッズ

選べるサンプルの種類はその時によって異なるため、こまめにチェックしてみてるのもいいかもしれません。

Amazon実質無料サンプルストア(ビューティー)

Amazon実質無料サンプルストア(ビューティー)で対象となるのは以下の商品カテゴリーの中のAmazonが販売している商品です。

  • ビューティーストア
  • ドラッグストア
  • 食品・飲料
  • お酒
  • ペット
  • ベビー用品・マタニティ

こちらもAmazon実質無料サンプルストア(ドラッグストア)と同じくサンプルの内容は変動します。

Amazon実質無料サンプルストアの使い方

Amazon実質無料サンプルストアで無料でサンプルを貰う方法は簡単で、有料のサンプル商品【A】と対象商品【B】を一緒に購入するだけです。そうすることで有料のサンプル商品の代金が全額割引されるため、実質無料でサンプルを貰えるということになるのです。

しかし、ただ対象商品【B】を購入すればいいという訳ではなく、対象のストアで対象商品を一定金額以上購入する必要があります。

  • ドラッグストア…対象商品2000円以上の購入
  • ビューティー…対象商品4000円以上の購入

例えば、Amazon実質無料サンプルストア(ドラッグストア)で対象商品3000円と300円の有料サンプルをカートに入れたとします。サンプルが無料になる条件(2000円以上の購入)を満たしているため有料サンプル分の300円が割引かれ、3000円の支払いとなり、サンプルは実質無料で手に入れることが出来ます。

必ずレジで金額の確認を!

対象商品とまとめ買いをすることで有料サンプルを無料で貰うことが出来るAmazon実質無料サンプルストアはとてもお得なサービスと言えると思いますが、既にご紹介させていただいた通り、かなりわかりにくいシステムとなっています。

そのため、うっかり条件に該当しないまま有料でサンプルを注文してしまったという人も少なくないようです。

自分が欲しいと思っていたサンプルならまだしも、そこまで欲しくもない、無料でもらえるならもらっておこうくらいに思っていたサンプルを有料で買うことになってしまったら悔しいですよね。

そのため、「注文を確定」を押してAmazon実質無料サンプルストアでのお買い物を確定させる前に必ずサンプルの割引が適用されているかどうかを確認するようにしましょう。もしも割引が適用されていなかったら、それは何かしらの理由で条件を満たしていないということになります。

Amazonで商品を販売しているのはAmazonだけでなく、他のメーカーやショップだったり、個人も商品を出品しています。悪質な出品者の場合、間違って購入させようと紛らわしい商品名にしていることもあるのです。

Amazon実質無料サンプルストアの3つの注意点

使いたいと思っていた商品を無料で試すことが出来たり、お買い物のついでに無料サンプルを貰うことが出来るのは嬉しいですよね。

使い方次第ではお得に無料サンプルをゲット出来るAmazon実質無料サンプルストアですが、注意点もあります。ここからはいくつかの注意点についてご紹介させていただきたいと思います。

対象となるのはAmazonが販売する商品

Amazon実質無料サンプルストアのそれぞれの対象商品は上記でもご紹介の通りですが、対象商品はただ指定カテゴリーの商品を購入すればいいというわけではありません。

対象となるのは「Amazonが販売している商品のみ」です。

他のメーカーやショップ、個人出品者が販売している商品はAmazon実質無料サンプルストアの対象にはならないためくれぐれも注意するようにしましょう。

その他にも定期おトク便での注文、Amazonフレッシュでの注文、1‐clickでの注文での注文も対象外となります。また、配送料や代引手数料、ギフトラッピング代も2000円や4000円の設定金額には含まれません。

対象商品の金額が未達だと無料にならない

お買い物全体の合計金額がAmazon実質無料サンプルストアの設定金額である2000円もしくは4000円を越えている場合でも、その中の対象商品額が設定金額を越えていなければ無料になりません。

例えばドラッグストア(2000円以上)の場合…

  • 対象商品1800円
  • 非対象商品を500円
  • サンプル300円
    合計金額は2600円になるが対象商品を1800円しか購入していないため無料にならない。

必ず対象商品が設定金額を超えるようにしましょう。

ドラッグストアとビューティーの違い

ただでさえややこしいAmazon実質無料サンプルストアを更にややこしくしているのが、「ドラッグストア」と「ビューティー」という2つのAmazon実質無料サンプルストアがあり、更に条件が微妙に異なっているということです。

ドラッグストアとビューティーは対象商品のカテゴリーが一部重複しています。以下が重複しているカテゴリーです。

  • サプリメント
  • 日用品
  • ベビーケア・おむつ

カテゴリーが重複しているため、対象商品をカートに入れた後で「ドラッグストアのサンプルを選択していたけどやっぱりビューティーのサンプルにしよう」という変更も起こりがちです。

しかし、気をつけなければ行けないのはドラッグストアの設定金額は2000円であるのに対し、ビューティーは4000円だということです。

カートに3500円の商品と「ドラッグストアのサンプル」を入れている状態ならばドラッグストアの設定金額2000円以上をクリアしているためサンプル代金が割り引かれ無料になりますが、

それを途中で気が変わってビューティーのサンプルに変更した場合、カートに3500円の商品と「ビューティーのサンプル」を入れている状態では、ビューティーの設定金額4000円以上に届いていないためサンプル代金は割り引かれず無料になりません。

ドラッグストアのサンプルならドラッグストアの対象商品2000円以上、ビューティーのサンプルならビューティーの対象商品4000円以上購入するということを忘れないようにしましょう。

まとめ

Amazon実質無料サンプルストアはかなりややこしいですが、一度使ってみれば次回からは簡単にお買い物が出来ると思います。何にしてもとにかく「注文確定前に割引されているかのチェック」をしっかり行えば失敗してしまうこともないはずです。

対象となるカテゴリーでお買い物をする時には是非Amazon実質無料サンプルストアを利用してみてくださいね。