MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

Amazonの配達商品は印鑑不要!サインがいらない3つのサービスと今後の展望

カテゴリ:アマゾンショッピング 投稿日:2月 27, 2020

世界最大の通販サイトであり、日本のみならず世界中で愛されているAmazon。日用品も安くすぐに配達してくれる為、普段の買い物は全てAmazonで注文してしまうという方も少なくないと思います。

そんなAmazonですが、最近はサインレスの流れが一般的になっています。配達されてきた荷物を受け取る時に、一般的にはサインや印鑑を押し、届けてもらいましたと証明するんが普通ではありますが、Amazonの商品は印鑑不要でありサインレスで荷物を受け取る事が一般的になりつつあります

この記事ではAmazonでそもそもサインレスで荷物を受け取る事が可能な配達サービスの紹介と、印鑑不要のサインレスは今度どのような展開を見せていくのかについて紹介していきたいと思います。

サインも印鑑も不要のAmazonの配達サービス

一昔前はネット通販で購入した商品であっても、配達員がきちんと商品を配達してくれたという証明の為に、サインや印鑑を押す事は普通でした。自宅玄関のすぐに手が届く所に印鑑を置いておく人も少なくないでしょう。

しかし最近の荷物、特にAmazonで注文可能な商品に関しては、荷物を受け取る時に配達員の方に会わずに受け取れます。配達員の方に会わないという事はサインレスであるという事になりますよね。

Amazonで依頼する事ができる、サインレスで印鑑もサインも不要で受け取る事が可能な主なサービスをまずは紹介していきます。

宅配ボックス

最近の賃貸アパートやマンションには必ず設置されている宅配ボックス。一軒家であっても宅配ボックスを購入して設置している方が多くいます。ペット可、オートロックなど家を探す時の条件の項目に、宅配ボックスがあるかどうかの項目がある位、特に一人暮らしの方にとって宅配ボックスは欠かせないものになっています。

宅配ボックスはAmazon商品をサインレスで受け取る事が出来るサービスの最も一般的なものです。

利用方法はとても簡単で、Amazonの商品をクレジットカードやギフト券などを使い先に支払いを完了させておきます。そうすると、配達員の方は自宅で受取ができなくても、既に支払いが完了している商品なので宅配ボックスの中に入れておいてくれます。

購入者は自宅に戻ってから自分の部屋番号が表示されている宅配ボックスを開けて、自分の部屋に持ち帰ります。

この一連の流れの中で配達員の方と会っている時間はありませんので、結果的にサインレスで受け取る事が可能となっており、印鑑もサインも一切不要で受け取る事が出来るという訳です。

一人暮らしの方で自宅で荷物を受け取る事が出来ない方にとっては欠かせないもので、宅配ボックスの有無を自宅を決める条件の一番に考えている方もいる位、Amazonを頻繁に使う方にとっては欠かせないサービスとなっています。

置き配

Amazonの置き配も、サインも印鑑も不要で配達員の方に会う事なく荷物を受け取る事ができる代表的なサービスの一つです。

サービスの概要を簡単に説明すると、自宅で荷物を受け取る事が出来ない時に、購入した荷物を自分が指定した場所に置いといてもらうというものです。配達員の方が荷物を置いてそれで配達は完了なので、サインも印鑑も必要ないという訳です。

玄関、宅配ボックス、ガスメーター、自転車のかご、車庫など、指定できる場所は非常に多くあり、宅配ボックスがないアパートやマンションでも利用可能であるとして、非常に多くの人に重宝されているサービスです。

コンビニで受け取る

Amazonで配達される商品は自宅や職場で受け取るだけでなく、最寄のコンビニ店舗で受け取る事も可能です。コンビニ店舗で受け取る場合にも勿論サインレスなのでサインも印鑑も必要ありません

商品の受け取りには専用のバーコードが必要になりますが、商品が最寄コンビニ店舗に到着した後にアカウントに登録しているメールアドレスに通知が届きますので、そこに記載されているバーコードを提示する事で荷物を受け取る事が出来ます。

注意点としてはコンビニ店舗で受け取り方法が違うという点です。商品配達後に届いたメールのバーコードで商品を受け取る事が出来るのは、ローソンとファミリーマートのみ。他のコンビニでは店舗設置端末を操作して受け取る必要があります。

その時に必要なのは『お問い合わせ番号』と『認証番号』の2つの認証キーです。こちらも登録しているアドレスにAmazonからメールが届き教えてくれますので、後は認証端末からの簡単操作で発券し、レジで商品を受け取るという流れになります。

商品受取時のサインレスは一般的なものになっている

上記のようにAmazonでは数多くのサインレスでの商品受取方法があります。もしかしたら最近の人は、配達員に会いサインをするという行動自体が珍しく、サインレスで荷物を受け取るのが普通と思っている方も少なくないのではないでしょうか。それ位、サインも印鑑も必要ないというのは一般的になっています。

サインレスの文化は今後どうなっていくのか、現在の流れと共に紹介していきたいと思います。

自宅で受け取ってもサインが不要の場合が多い

ネットで商品を購入し、配達員の人が商品を自宅まで届けてくれて、サインや印鑑を押して荷物を受け取る…これが普通と思っている方、もしかしたらもうこの流れは一般的ではないのかもしれません。

というのも、最近のAmazonでの注文は、自宅で受け取った場合でも『印鑑やサインは不要です』という場合が非常に多いんです。

これはAmazonの商品を配達する業者、時間帯、地域により異なるのですが、最近では自宅で受け取る場合でも、印鑑どころか受取完了のサインも不要という場合が多いんだそうです。

その理由は、Amazonがサインレスを進めて気軽にネット通販で買い物が出来る仕組みを確立したいという考え方による所が多いと言われています。

Amazonは印鑑もサインも不要のサインレスでの買い物を推奨しています。それが分かるのが置き配サービスの普及を目指しているという点。アメリカでは置き配が一般的になっていて、配達員と購入者が直接会って荷物のやり取りを行う方が珍しいです。

日本でも宅配ボックスが普及してきていて、Amazonでの買い物を気軽にできる環境は整備されつつありますが、それでもまだ自宅で受け取る方が多く、自宅で受け取る人が多いという事は、自宅にいない時は商品を購入できない訳ですから、Amazonからすれば購入ユーザーを逃してしまっている形になります。

サイン不要の置き配は自宅にいなくても注文できる新たな形としてAmazonが推し進めているものです。そういった背景もあり、Amazonで配達される商品はサインレスが進んできていると言えるでしょう。

Amazon商品受取で印鑑が必要な場面はない

サインレスが一般的になりつつある昨今。とは言え、まだAmazon以外のネット通販で購入した商品や、高額商品の購入などではサインや印鑑を求められるケースはあります。

しかし、その場合でも印鑑は不要です。

なぜなら、印鑑を求められてもサインで代用できるからです。一般家庭であれば必ず印鑑はあるかと思いますが、最近の一人暮らし家庭にはそもそも印鑑がないという場合が多くあるんだそうです。そういった場合に印鑑が必ず必要で求められても出来ないものは出来ませんので、サインで代用可にしています。

サインも手書きではなく、電子サインなどで行う場合が多く、ペンを持ち歩いている配達員の方もかなり減ってきています。サインレスが一般的になっていく中で、印鑑を利用する場面もかなり限られたものになってきるというのは時代の流れなので仕方ないのかもしれませんね。

トラブルになるケースも少ない

最近一般的なのは電子サインですが、Amazonではこの電子サインすらなく、印鑑もサインも全く必要としていないサインレスを推し進めています。こうなると気になってしまうのは、サインをしない事でトラブルにならないのか?という点です。

今までは印鑑やサインをして『荷物を無事に受け取る事が出来ました』という証明をしていました。しかし、それがなくなっても今の技術であればそこまで大きな問題やトラブルは発生しません。

きちんと荷物が配達されて届いたかどうかはデータで管理されていますし、Amazonで注文した荷物がどこを通りどういう状況なのかは逐一調べることが可能です。そうなると荷物が無事に届いたかどうかのサインはあまり大きな意味を持ちません。このようなテクノロジーの発展が、サインレスの普及に拍車をかけた要因であると言えるかと思います。

まとめ

サインも印鑑も必要ないサインレスでの商品受取が一般的になりつつあるAmazon。今までよりも更にAmazonでの買い物が便利になるだけでなく、自宅不在時でも気軽に商品が注文できるようになり、商品購入意欲が増長するなど、Amazon側から見てもサインレスは多くの利点があるように感じます。

配達員に会う事なく受け取る事が出来るサービスはこれからも更に需要を拡大し、利用頻度も拡大していくことでしょう。置き配サービスは今は地域が限定されていますが、少しずつ範囲を広げていくと既に発表もされています。

サインレスにより更にAmazonでの買い物の幅は広がっていくはずです。皆さんもサインレスに対応し、より便利にAmazonでの買い物を楽しみましょうね!