MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取DX

ギフト券&マネー

コラム

Amazonアソシエイトの審査に通らない人に試してほしい6つのポイント

カテゴリ:アマゾンショッピング 投稿日:6月 7, 2020

Amazonアソシエイトの審査に全然通らない…
何度審査申請しても通過しない…

自身が運営するブログやホームページにAmazonリンクを貼り、売れた商品の合計金額の数%を利益として受け取る事ができるAmazonアソシエイト。アフィリエイトという収益スタイルになりますが、このAmazonアソシエイトを利用する為にはAmazonの審査を通過しなければなりません。

しかし、Amazonアソシエイトは審査が厳しく、なかなか簡単に審査に通過しない事で有名です。何度挑戦しても全く審査に通過しないと悩んでいる方も多いでしょう。

という訳でこの記事では、Amazonアソシエイトの審査に何度チャレンジしても通過しないという方の為に、審査に通る為のコツとポイントを紹介していきます。Amazonアソシエイトを利用したいと考えている方は是非以下で紹介するコツを試してみて下さいね。

Amazonアソシエイトの審査に通過しない人に試してほしいポイント

真剣にサイト運営をしていてアクセスも増えてきているのにAmazonアソシエイトの審査で毎回落とされてしまう…その理由は一体何?どうしたら通過するの?そんな風に悩んでいる方はとても多いと思います。

Amazonは1億点以上の商品を販売している世界最大の通販サイトであり、その知名度と利用者数の多さからAmazonアソシエイトも非常に多くの利益を上げる事ができる優秀なアフィリエイトです。

さて、早速ですがここからは何度申請を出してもAmazonアソシエイトの審査が通過しないという方に向けた、審査を通過する為のポイントを紹介していきたいと思います。

審査申請前に必ず準備しておく

Amazonアソシエイトを利用する前に必ず事前準備をしておきましょう。これで審査が通る通らないが決まっているかどうかは分かりませんが、審査に通っている人の大半が必ず行っている準備です。

  1. Amazonアカウントの作成
  2. Amazonプライムの申し込み
  3. Amazonで商品を購入

有料会員であるAmazonプライムの申し込みや商品の購入はAmazonアソシエイトの審査基準に明確に記載している訳ではありませんが、プライム会員でない方や一度もAmazonで買い物をした事がないアカウントで審査申請をすると通らないという説があります

Amazonからすると毎日大量にAmazonアソシエイトの申請がくる訳で、その中には偽アカウントなども多く含まれています。

有料会員であるプライム会員に入会していて、日常的にAmazonで買い物をしているアカウントであれば安心感が違うという事でしょうか。実際にプライム会員でも買い物をした事もないアカウントで申請をしても何度も落ちるという方は実際にいますので、まずAmazonアカウントの作成とプライム会員への入会、商品の購入は必須と言えます。

もしもAmazonアソシエイトへ入会するように新規アカウントを作っており、そのアカウントでは一度も買い物をした事がないというのであれば、自分が普段から使っているアカウントを使って申請してみることを推奨します。

ある程度の記事数が必要

Amazonアソシエイトの審査に通過する為には、ある程度の運営期間と記事数が絶対的に必要になります。要するにサイトを開設してからまだ1記事も投稿されていなくてアクセスも0みたいなサイトではAmazonアソシエイトの審査に通過する事はありません。

■Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

– 記事数や投稿数などのコンテンツが極めて少ない

– 長い間更新がない

– コンテンツのほとんどが転載や広告で構成されており、サイトにオリジナリティーがない

出典元:Amazonアソシエイト規約

規約にはこのように記載されており、長らく更新が止まっているサイトや記事数やコンテンツが極めて少ないサイト、またコンテンツのほとんどが転載であったりオリジナリティが欠如しているサイトも利用する事はできないと明記されています。

ちなみに記事数に関しては明確な数字は開示されていません。50記事投稿しているのに審査に通らないという人もいれば7記事で審査に通過したという方もいます

サイト紹介分を丁寧に

Amazonアソシエイトの審査申し込みの時にしっかりと自分が運営するサイトの情報を書くことも非常に大切な要素です。特に重要視すべき点はウェブサイトの記事投稿内容を記入する部分です。

ここの部分を適当に流して書いてしまうと、Amazon側に内容が伝わらず、このサイトはどのようなサイトなのか判断が出来ません。Amazonからすれば大量に商品を販売してくれる可能性があるサイトにリンクを掲載してもらいたいと思うのが普通であり、悪影響を及ぼすようなサイトにはリンクを貼ってほしくない訳です

  • 扱っているテーマは何か?
  • 訪問者にどのような商品を売ることが出来るのか?
  • 訪問者のターゲットは?

このように、Amazon側が商品を大量に販売してくれる可能性があるかもしれないという情報を詳細に記入する必要があります。Amazonアソシエイトに何度も審査を落ちている方はここの説明が足りないのかもしれません。

運営者情報の記載は必須

Amazonアソシエイトの審査に通過する為には運営者情報を載せなければなりません。

意外にこれを忘れている方が多く、ついつい忘れてしまっていたが為に審査に通過しないというのを繰り返している方は多くいます。Amazonはサイトの信用を損ねない為に、連絡先などをしっかりと記載していないサイトに関しては審査を通過させません。

■ 身元情報が不十分である場合

– 氏名が本名でない (姓・名のどちらかのみ、ニックネーム、サイトと関係が明確でないグループ名)

– 電話番号が完全でない

– アカウント情報の電話番号の初めに「+81」がついている

– 住所が完全でない、または架空の住所である

※住所確認のため、Amazon.co.jpの配送先情報を確認させて頂く場合がございます。

出典元:Amazonアソシエイト規約

公式サイトの規約にもこのように身元情報が不十分な場合は審査に通過しない可能性が高いと明記しています。この点は非常に重要になってきますので要注意ですよ。

審査申し込み中は他の広告は外す

これも意外に感じる方が多いと思いますしAmazonアソシエイトの規約に記載されている訳ではありませんが、どうやらAmazonアソシエイトの審査申請中に他会社の広告を大量に掲載している場合は審査に通過しない可能性が高いようです。

「これからAmazonの広告を貼りたい」と申請しているサイトが、既に他の会社の広告で沢山埋め尽くされていた場合、Amazonからすれば売上に貢献してくれるサイトとは判断できませんよね?

反対に一枚も広告が掲載されていないサイトであれば、これから良い所にAmazonの広告を沢山貼ってくれて高い収益を生んでくれるかもしれないと考えるはずです。という訳で、審査申請を出している期間だけでもいいので他会社の広告は外しておきましょう。

ちなみに、Amazonアソシエイトの審査が通過してからであれば他の広告を貼っても問題ありませんし、それが原因でAmazonアソシエイトをBANされるという事もありません。

フリーメールでの申請は良くない

Gメールやヤフーメールなど、簡単に取得できるフリーアドレスでAmazonアソシエイトの審査申請を行うのは良くありません。登録するアドレスはフリーのもの以外がオススメ。

最もAmazonアソシエイトの審査にいい影響を与えるアドレスは、プロバイタや独自ドメインを取得した時に作成する事が可能なメールアドレスです

これも上記で紹介したようにAmazonの審査をする方への信頼度の影響で、フリーアドレスは誰でも作れるものなので信頼度は低く、反対に独自ドメイン取得時に作成したアドレスであれば信頼度が高く、更にそのドメインで運営しているサイトが審査元であれば更に信用度は上昇していきます。

登録するアドレスはフリーアドレス以外のものを選択するという事は必ず覚えておきましょうね。

まとめ

Amazonアソシエイトの審査に何度挑戦しても落ちてしまう…そんな悩みを抱えている方におすすめする6つの通過のコツを紹介してきましたが参考になりましたか?

AmazonアソシエイトはAmazonの1億点以上ある商品を自分のホームページやブログで販売できるもので、Amazonの利用者数は非常に多い事から、アフィリエイト広告の中でも特に収益をあげやすいものです。

自分が選んだ商品を紹介できるというのも強みで、サイトで紹介した商品やサイトの特色と合わせたリンクを選ぶ事で、更にアフィリエイトとしての強みを活かせます。

Amazonアソシエイトを利用したいと考えている方、審査に何度も落ちてしまうという方は是非上記のコツを覚え、実践してみて下さいね。