MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

Amazonワンクリックを無効に出来ない?電子書籍を買う時の3つの注意点

カテゴリ:アマゾンショッピング 投稿日:2月 9, 2020

Amazonで商品を購入する時に非常に便利なのがワンクリック購入。『1-Clickで今すぐ買う』という購入ボタンの事で、これを押す事で、カートに商品を入れて決済フローを大幅カットできるので、とても便利でスムーズな買い物が出来るようになります。

しかし、とても便利でスムーズな買い物が出来る反面、ウェブブラウザが重たくなってしまった時などに、誤って購入ボタンを押してしまって決済が完了してしまうなどのトラブルが発生してしまう事も事実です。

更に、Amazonのワンクリック購入はKindleで電子書籍を購入する時は無効にする事が出来ない仕様となっています。

この記事では、Amazonの便利なワンクリック購入の設定方法やメリット、電子書籍を購入する時の注意点などについて紹介していきたいと思います。とても便利で非常に重宝できる機能ではあるのですが、注意点をしっかりを抑えておく事で、更にワンクリックを上手に使いこなす事が出来るようになるはずです!

Amazonの1-Click購入について

まずはAmazonのワンクリック購入がどういうものか知らない方の為に、どのようなものなのかを具体的に紹介していきたいと思います。

Amazonでの買い物は通常では、まずカートに入れてから商品購入フローへと進んでいきますが、ワンクリック購入ボタンを設置する事で、ボタン1回のクリックだけで注文できるようにするという機能です。

設定方法と注文方法についてまずは紹介していきましょう。

設定方法

商品を購入する時に始めからワンクリックボタンがついている訳ではなく、設定する事でワンクリック購入ボタンを設置する事が出来るようになります。

  1. 1-Click設定を管理にアクセス
  2. 登録している住所の『ここをクリックすると、この住所が1-Click設定住所になります』を選択
  3. 支払い方法を選択

これでワンクリック購入をする時の住所と支払い方法を設定する事が出来ます。住所変更と支払い方法変更も同様の手順で行う事が出来ます。

ワンクリック購入ボタンの表示設定は以下の手順で行います。

  1. 1-Click設定を管理にアクセス
  2. 画面右側にある1-Clickの状態のオフにするボタンを選択すると非表示
  3. 1-Clickの状態のオンにするボタンを選択すると表示

このようにして、Amazonで買い物をする時のワンクリック購入ボタンを表示にするか非表示にするかを選択する事が出来ます。

商品を購入した時に、購入した商品が正しいものかどうか、届け先の住所や支払い方法を確認したいという方は、万が一のミスを防止する為にも非表示にしておく事をオススメします。

注文方法

続いては、ワンクリック購入ボタンを使った商品注文方法です。ショッピングカート画面を省略する事で、いつもの買い物よりも更にAmazonでの買い物が便利になります。

注文方法は以下の2つの方法があります。

  1. 商品詳細ページで1-Clickで今すぐ買うをクリック
  2. ショッピングカートで全ての商品をカートに入れた後に、1-Clickでまとめて買うをクリック

一つずつ商品を購入したいという方や、一つしか商品を購入する予定がない方は商品詳細ページから1-Clickで今すぐ買うを選んで購入出来ます。

商品をまとめて購入しようと思っている方は、ショッピングカートに商品を入れてまとめて購入する事も可能です。

1-Click設定を無効にできない電子書籍の注意点

数多くの電子書籍を購入する事が出来るAmazonの大人気コンテンツKindleですが、冒頭でも説明した通り、Kindleではワンクリック購入を無効にする事が出来ません。

上記でも紹介したように、日常の買い物であればワンクリック購入ボタンを表示するか非表示にするかは選択する事が出来るのですが、電子書籍購入時は非表示に出来ないようになっているんです。

間違えて購入してしまった時の対処法と、間違って購入してしまわないような対処法を紹介していきたいと思います。

間違えて電子書籍を買ってしまった時の対処法

1-Click設定は表示にするか非表示にするか選択する事が出来ますが、全ての購入ページで表示しないと選択しても、Kindleで購入する電子書籍だけは何故か非表示にする事が出来ない設定になっています。つまり、どう足掻いても非表示にする事は出来ない、という事になります。

そうなってくると、万が一の操作ミスなどで、購入予定がなかった電子書籍を買ってしまったという事態は簡単に想定できます。万が一間違えて購入してしまった時の対処法についてここからは説明していきます。

まず説明しておかないといけないのは、Amazonでは電子書籍のようなデジタルコンテンツは基本的には返品不可です。つまり、ワンクリック購入ボタンで一度買ってしまった電子書籍は、注文履歴からキャンセルしようと思っても出来ません。

Amazonの公式サイトを見てみましょう。

Kindleストアでご購入いただいたKindle本については、購入間違いなどの場合、注文日から7日以内に限りAmazonの裁量にて返金を承っております。返金をご希望の場合は、カスタマーサービスにご連絡ください。

出典元:Amazon ヘルプ

購入間違いでも7日以内であれば返金されます。しかし、上記でも紹介したようにキャンセルボタンがついていませんので、自分でカスタマーサービスに連絡する必要があります。

間違い購入から7日以内の期限内である事を確認したら、以下の手順でカスタマーサービスに連絡してみましょう。

  1. Amazon公式サイトのカスタマーサービスを選択
  2. お問い合わせの種類から『デジタルサービス』を選択
  3. お問い合わせ内容から『Kindle本について』と『Kindle本の返品』を選択
  4. お問い合わせ方法を『電話・チャット・Eメール』から選択
  5. 注文番号の記載・コンテンツ返品理由を報告

以上の手順でワンクリック購入ボタンによる、間違い電子書籍購入は返金する事が可能となります。注文期限内であれば問題なく返金してくれますので、ワンクリック購入ボタンの操作ミスで買ってしまった場合は是非試してみて下さいね。

機能制限で事前に間違い購入を防ぐ方法

Kindleによる電子書籍購入をブラウザだけで利用している方はワンクリック購入ボタンを非表示にしたり対策する事は出来ません。ただ、気をつけなければいけないだけです。

しかし、Kindleをfireタブレットで楽しんでいる方は、ワンクリック購入ボタンでの間違い購入を、機能制限をつける事で事前に防ぐ事が可能です。

以下の手順で簡単に設定する事が出来ますので、ワンクリック購入ボタンに困っているという方は是非活用してみて下さい。

  1. ホーム画面の設定から『機能制限』を選択
  2. 右側のスイッチをタップしてオンにする

この機能制限をオンにすると、アイテム購入をパスワードで保護する事が出来るようになります。つまり、Kindleで販売されている有料の電子書籍をワンクリック購入ボタンで間違えて押してしまったとしても即決済とはならず、パスワード入力が必要になります。

この設定をオンにしておけば、ワンクリック購入ボタンの押し間違いで、電子書籍を購入する事はまず間違いなくなくなるでしょう。しかし、全ての購入やダウンロードに置いてパスワードの入力が求められるようになりますので、その点だけは注意が必要です。

Amazonポイントが自動的に使われる

ワンクリック購入ボタンでの注文では、アカウントにAmazonギフト券の残高が残っている場合は自動的に適用される仕組みになっています。更に、Kindleでの電子書籍購入の場合においては、Amazonポイントの残高が残っている場合は、こちらも自動的に注文に適用される仕様になっています。

  • Amazonポイントを貯めているから電子書籍購入で使いたくない
  • 端数だけ使いたい

Amazonポイントを電子書籍で使いたくないと考えている方はいると思いますが、現状ではKindleでの電子書籍購入時の自動ポイント付与は解除する事ができません。仕様となっていますので、絶対に残っているポイントは使われてしまいます。

どうしてもポイントを購入したいと考えている方は電子書籍ではなく紙の本を購入するしかありません。Kindleで電子書籍を買う時は必ずポイントが使われてしまうというのは解除する事が出来ない仕様であるという事はしっかりと覚えておきましょうね。

まとめ

Amazonの非常に便利な機能であるワンクリック購入ボタンですが、電子書籍を頻繁に購入するという方には少々都合が悪い機能である事は否めません。

  • 電子書籍購入時はワンクリック購入ボタンを非表示にする事は出来ない
  • fireタブレットを持っていれば機能制限で対処は出来る
  • 必ずAmazonポイントを使われてしまう

電子書籍を購入する時は以上の点に注意しましょう。普段カートに貯めてから吟味して購入しているという方は、間違えて電子書籍を購入してしまうケースは非常に多いです。

キャンセルボタンがないので返金ができないと思ってしまいがちですが、カスタマーサービスに連絡する事で返品する事はできません。以上で紹介した手順や注意点はしっかりと覚えておきましょう!