MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取DX

ギフト券&マネー

コラム

iTunesカードが使えない!Apple IDのパスワードを忘れた時の7つの対処法

カテゴリ:iTunesカード買取 投稿日:4月 14, 2020

今はインターネット上の犯罪も多いため、強力なパスワードを設定しているという人も多いのではないでしょうか?数字や文字を複雑に組み合わせな強力なパスワードはセキュリティ対策としては優れていますが、困ってしまうのが「パスワードを忘れてしまった時」ですよね。

iPhoneを新しいものに買い替えた時や、購入したiPadを初めて使う時にはApple IDのパスワードの入力が必要となります。

しかし、パスワードはそう頻繁に使用するものでもないため、入力を求められた時に思い出せずに困ってしまうこともありますよね。

Apple IDは様々なAppleのサービスを利用する時に使うアカウントとなっているため、Apple IDがわからなくなってしまうとかなり困ることになります。

せっかくiTunesカードを購入しても、Apple IDにログインすることが出来なければアカウントにiTunesカードの残高をチャージすることも出来ません。

そんな風にApple IDのパスワードを忘れて困ってしまっているという人のために、今回はそんな時の対処法についてご紹介させていただきたいと思います!

Apple IDのパスワードを忘れたらどうなるの?

Apple IDは様々なAppleのサービスに紐付けられているため、わからなくなってしまうと今まで使っていた様々なサービスにアクセス出来なくなってしまいます。

今まで購入したデジタルミュージックや映画、電子書籍、有料アプリ、iCloud、FaceTime、iPhoneを探す、iMessage、Apple Musicなどが一瞬にして使えなくなってしまったらかなり焦りますよね。

連絡先やクレジットカード情報などの支払情報、セキュリティ情報なども記録されているため

Apple IDのパスワードを忘れてしまった場合はどうなるのかというと、他のサービスと同じように今現在設定しているパスワードをリセットして、新しいパスワードを設定しそのパスワードで新たにサインインをし直す必要があります。

なお、Apple IDのパスワードは大文字も認識するようになっているため、ちゃんと大文字になっているかなども確認するようにするといいでしょう。これだけでも「すんなりログイン出来た!」という人も多いですよ。

Apple IDのパスワードをリセットする方法

Apple IDのパスワードをリセットする方法はいくつかあり、お使いの設定などによってもパスワードのリセット方法は異なります。

ここからはApple IDのパスワードをいくつかご紹介させていただきますのでチェックしてみてください。

iPhoneやiPadからリセットする

iPhoneやiPadからリセットする手順は下記のようになっています。

  1. iPhoneの「設定」を起動する
  2. 「ユーザー名」→「パスワードとセキュリティ」→「パスワードの変更」をタップする
  3. 案内に従ってパスワードの変更を行う

パソコンからリセットする

パソコン(Mac)からリセットする手順は下記のようになっています。

  1. Appleアイコンのメニュー→「システム環境設定」→「Apple ID」をクリックする
  2. 「パスワードとセキュリティ」をクリックする
  3. Apple IDのパスワード入力入力画面の「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をクリックする
  4. 画面の案内に従って操作する
  5. 「パスワードを変更」をクリックする

「iPhoneを探す」アプリを使ってリセットする

「iPhoneを探す」アプリを使ってリセットする手順は下記のようになっています。

  1. 「iPhoneを探す」アプリを起動する
  2. 「サインイン」画面でApple IDが空になっていることを確認する(他の人のユーザー名が表示されている場合は消去する)
  3. 「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をタップする
  4. 画面の案内に従って操作する

Appleサポートアプリを使ってリセットする

Appleサポートアプリを使ってリセットする手順は下記のようになっています。

この方法では家族や友人のiPhoneやiPadなどにAppleサポートアプリをダウンロードしてもらわなければいけないため、予め許可を取っておきましょう。

  1. Appleサポートアプリを開く
  2. 画面下部の「サポート」をタップする
  3. 下へスクロールし「Apple ID」をタップする
  4. 「Apple IDのパスワードを忘れた」をタップし「こちらから」をタップする
  5. 「別のApple ID」をタップする
  6. Apple IDを忘れてしまいパスワードをリセットしたいApple IDを入力する
  7. 「次へ」をタップし案内に沿ってApple IDのパスワード変更が完了したというメッセージが表示されるまで操作を続ける

復旧キーを使ってパスワードをリセットする

復旧キーの生成を行っていたという人は復旧キーを使ってパスワードのリセットを行うことが出来ます。復旧キーがあるとApple IDのセキュリティ管理に便利ですが、復旧キーをなくしてしまうとApple IDに完全にアクセスできなくなる可能性があります。

新しい復旧キーの生成を行うと他のアカウント復旧のための手段が全て無効となってしまうため、くれぐれも注意が必要です。

メールを受け取ってパスワードをリセットする

メールを受け取ってパスワードをリセットする方法は下記の手順で行うことが出来ます。

  1. Appleアカウント管理のページ」にアクセスする
  2. 「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をタップする
  3. Apple IDを入力し「次へ」をタップする
  4. 「メールを受け取る」を選択し「次へ」をタップする
  5. 「完了」をタップする
  6. Apple IDに登録しているメールアドレスに届くパスワードリセットのためのメールを確認する
  7. メールに書かれている手順に沿ってパスワードのリセットを行う

セキュリティ質問に答えてパスワードをリセットする

セキュリティ質問に答えてパスワードをリセットする方法は下記のようになっています。

この方法は予め自分で設定した「秘密の質問」の答えを入力することでApple IDのパスワードのリセットが出来るというものです。秘密の質問の答えを覚えていないという場合には使うことが出来ない方法ですので注意しましょう。

  1. Appleアカウント管理のページ」にアクセスする
  2. 「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をタップする
  3. Apple IDを入力し「次へ」をタップする
  4. 「セキュリティ質問に答える」を選択し「次へ」をタップする
  5. 誕生日を入力して「次へ」をタップする
  6. セキュリティ質問に答える
  7. 正しい答えを入力することが出来れば次の画面に進みパスワードのリセットを行うことが可能

Appleサポートに問い合わせる

上記でご紹介した方法でもどうしてもApple IDのパスワードのリセットを行うことが出来ない…そんな時は仕方がないのでAppleサポートへ問い合わせしてみましょう。

Appleサポートへの問い合わせ方法には「チャット」と「電話」がありますので、好きな方法でAppleサポートへ問い合わせを行うことができます。

どちらの方法も待ち時間が書かれているため、都合のいい方を利用するようにしましょう。

Apple IDを忘れてしまった時はどうしたらいい?

パスワードではなくApple IDを忘れてしまった…そんな時はどうしたらいいのか、その手順をご紹介していきたいと思います。

  1. Apple ID復旧のためのページ」にアクセスする
  2. 「Apple IDをお忘れですか?」をタップする
  3. 「名」「姓」と心当たりのあるメールアドレスを入力する
  4. メールアドレスが間違っていた場合は「Apple IDが見つかりません」と表示されるため、「もう一度試す」をタップしてApple ID登録に利用した可能性のあるメールアドレスを思いつくだけ入力する
  5. メールアドレスが合っていた場合は「Apple IDが見つかりました」という文章と共にApple IDが表示される

これでもどうしてもわからないという場合は、Apple IDのパスワードを忘れてしまったという時と同様にAppleサポートへ問い合わせして相談するしかありません。

相談してみると丁寧な対応をしてくれるため、どうしてもApple IDがわからずに困ってしまっているという人は試してみるのがおすすめです。

まとめ

iTunesカードを自分のアカウントに追加するためにはApple IDにログインする必要があります。そのためにはApple IDとApple IDのパスワードが必要になるため、忘れないように覚えておくようにしましょう。

Apple IDのパスワードのリセット方法には様々な方法がありますが、復旧キーのようになくしてしまうと取り返しがつかなくなってしまう方法もあるためくれぐれも注意が必要です。

もしもApple IDのパスワードを忘れてしまった時には是非今回ご紹介させていただいた方法を参考にしてみてくださいね。