MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

iTunesカード買取が拒否されてしまう原因と解決法

カテゴリ:iTunesカード買取, 電子ギフト券 投稿日:4月 12, 2021

iPhoneやiPadなどのApple製品をお知りの方は、iTunesカードのことも知っているのではないでしょうか。

 

コンビニやインターネット上で購入できるiTunesカードは、音楽や映画のダウンロードた、App storeから有料アプリのダウンロードなど、幅広い利用用途を持ちます。

 

しかし、iPhoneユーザーではないなど、apple製品とのかかわりが薄い人にとって、iTunesカードは使う機会はかなり少なく、手持無沙汰になっているという人も多いはずです。

 

そのため、手放す方法を色々と調べていると、iTunesカードは、オンライン金券ショップなどを利用することで、買取してもらえることに気が付くかと思います。

 

ですが実際に利用してみると、自分のiTunesカードを買取拒否されてしまうという状況に陥っているという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

じつは、それには原因があり、簡単に解決できる内容のものもたくさんあるので、以下にご紹介する項目をチェックしてみてください。

 

ちょっとした間違いや条件を理解するだけで、買取時のトラブルを避け、スムーズに現金化できるようになりますので、今現在困っている人はもちろん、これからiTunesカードを買取してもらおうという人も、ぜひ確認してみましょう。

iTunesカード買取が拒否されてしまう原因

iTunesカード買取が拒否される原因は主に6つあります。

 

ひとつひとつチェックして、自分のiTunesカードが買取してもらえない原因に当てはまらないか確認していきましょう。

POSA SYSTEMを通していない

POSA SYSTEMを通していないiTunesカードは、まだ買い物に利用できない空っぽの状態です。

 

この状態のものを買取してもらおうとした場合、空っぽの中身を買取してもらおうとしているのですから、現金化に対応してもらえません。

 

必要なのは、しっかりと中身のあるiTunesカードです。

 

販売店から間違って持ち帰ってしまったり、もらったカードがPOSA SYSTEMを通してなければ利用できませんので、注意しておきましょう。

補足:POSA SYSTEMとは?

POSA SYSTEMとは、コンビニやCDショップなどに設置された「POSレジ」にプリペイドカードを読み込ませることで、シリアルコードにお金(ポイント)を付与して利用可能にするシステムのことです。

 

こちらは、プリペイドカードをコンビニなどで簡易的に販売させる目的のために取り入れられたシステムのことで、陳列カードの万引きや悪用を防止する目的で全国で導入されています。

 

iTunesカード以外にも、たくさんのプリペイドカードがPOSA SYSTEMの対象となっています。

買取可能額を満たしていないiTunesカード

iTunesカードの中身を途中まで利用していて、残高が残っていれば買取対象になる場合もありますが、カード残高が限りなく少ない場合だと、買取拒否されます。

 

これは買取サービスを実施している店舗・サイトが、iTunesカードのシリアルコードを利用して、再度販売することが関係します

 

もし、あなたが購入する側だったとして、購入する商品の金額がかなり小さく、利用用途があまりなさそうなものだったら、購入するでしょうか。

 

多くの方は、小さい額しか残っていないiTunesカードよりも、ある程度余裕のある金額がストックされたカードを購入します。

 

残高が少ないカードをお店側が引き取っても、売れない可能性が高いため、店舗・サイト側はリスクを避けるために、残高が少ないiTunesカードの買取を行いません。

 

「いくらまでなら買取する」というのは、利用する場所によって違いますので、もし残高が減ったカードをお持ちなら、事前に問い合わせを行ってみてもいいかもしれません。

コード番号が無効

iTunesカードの裏側には、シリアルコードが記載いされていて、そのコードが枠で囲まれた状態でなければ、カードが無効な状態と判断され、買取してもらえません。

 

また、iTunesカードの有効期限が切れていたり、買取サービスで記入するシリアルコード番号が間違えている場合にもコード番号が無効と表示されることがあるため、申し込み前に確認しておきましょう。

コードが既に使用済みである

iTunesカードをメルカリやヤフオクなど、第三者から購入したという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

一度人の手に渡ったiTunesカードは、場合によってはコードが既に使用されている可能性があります。

このトラブルは公式からの購入ではなく、第三者から購入する場合に頻発していて、情報の祖語や詐欺で被害を被る可能性があります

 

買取サービスを利用する前、もしくはiTunesカード購入の段階で残高確認を行っておけば、買取時も安心です。

コード情報が不明瞭

iTunesカードの裏面に記載されているシリアルコード。

 

こちらが確認できなければ買取してもらえません

 

財布の中に長期間入れていると、摩擦などによってコード番号が削れてわからなくなったり、汚して確認できなくなったというケースもあります。

日本以外のiTunesカード

基本的に、日本国内で買取してもらえるのは、国内で発行されたiTunesカードのみです。

 

もし、海外旅行を行った際に購入したiTunesカードを日本で買取してもらおうとしても、買取を拒否されます。

 

また、メルカリやヤフオクで販売されているカードの中には、海外版のものが混じっている可能性があり、間違って購入してしまうと、買取拒否の原因となってしまうため、お手持ちのiTunesカードが国内で発行されたものか確認してみてはどうでしょうか。

買取される側に原因がある場合も

簡単なミスで買取拒否されるパターンであれば、再度確認して申し込みを行うことで解決できる場合が多いです。

 

しかし、iTunesカード自体ではなく、買取される人側に原因がある場合も予想されます。

そこで、以下のポイントを満足できているか確認してみてください。

身分証の情報が登録情報と異なる

オンライン金券ショップや実店舗での買取を利用する際、必ず身分証の提示が必要となります。

 

これは金銭のやり取りが発生しているため必要となる行動であり、もし身分証の情報と登録情報が違っている場合、買取を拒否されます

 

例えば住所が違っていたり、名前、年齢が違うなど本人確認が難しい場合は、犯罪性の防止のため、買取拒否されます。

 

登録情報が最新になっていないなら、データを最新版に変更にしておく必要があるので、間違った情報を修正したうえで買取を利用していきましょう。

銀行口座が取引のない銀行のもの

買取サービスなどは、詐欺やカードの悪用を目的とした人からの利用も多く、中にはお金儲けを目的に出所のわからないカードの買取をしたいという人もたくさんいます。

 

このとき、悪用性の高い特徴として、入金先に選んだ銀行口座が開設されたばかりのもので、まだ一度も取引を行われていないというケースが挙げられます。

 

まるで、現金化のためだけに作られた口座だと思われてしまうため、普段使用している口座があるならそちらを利用する方が安全です。

 

もしくは、新しく作った口座を何度か取引で利用してから買取サービスに利用してみてもいいかもしれません。

未成年

古物営業法や青少年保護育成条例の関係により、未成年は個人で買取サービスを利用できません。

 

年齢確認の段階で買取が拒否されてしまうので、注意しておきましょう

 

どうしても買取を利用したいのなら、保護者の同意書があれば問題なく買取してもらえるので、準備したうえで利用してみてはどうでしょうか。

iTunesカードの買取を拒否されてしまって時に対処法

「iTunesカードが買取拒否されてしまった!どうしよう…」とパニックになってしまう前に、いますぐできる対処法を以下にご紹介します。

 

簡単に確認できるものばかりですので、実際に行動に移していきましょう。

買取基準に達しているカードか確認する

上記で登場しましたが、残高や有効期限などの関係から買取拒否される場合があります。

 

このときには、カードの買取基準を満足できているか確認してみましょう

 

残高であればappleの問い合わせや残高確認サービス、有効期限であればカード裏面を見るだけで、簡単にチェックできます。

日本で購入したカードが確認する

国内で買取してもらえるiTunesカードは国内で発行されたものだけです。

 

このとき確認するのは、iTunesカードの記入文字です。

 

国内のものであればもちろん日本語表記がされていますが、海外で発行されたiTunesカードだと、全てが外国語の表記となっています。

 

言葉のチェックだけで簡単に確認できる項目ですので、カードに記載されている文字を確認してみましょう。

身分証の情報が正確に見える写真を送付する

オンライン金券ショップの買取では、身分証を自分で撮影して送付する必要があります。

 

このとき、写真にボケやブレがあったりすると、買取拒否の対象となってしまいます。

 

再度、情報が詳細に確認できる写真を撮影することにより簡単に解決できるので、指摘された部分の再撮影を行ってみましょう。

買取サイトの取引銀行を確認する

もしかすると、自分が持っている銀行口座と、買取サイトが対象とする銀行口座が違っている可能性があります。

 

対象銀行でなければ振り込んでもらえなくなってしまうので、一度、利用する買取サイトの取引銀行をチェックしてみましょう

 

取引銀行はサイトトップに記載されていたり、申し込み画面で確認できるパターンなどがありますが、サイト内に必ず記載されているので、ぜひチェックしてみてください。

店舗型の金券ショップがiTunesカードの買取を拒否する理由

買取サービスを利用できる場所はオンラインはもちろん、実店舗など店舗型の金券ショップ

があります。

 

このうち、店舗型の場合だと上記の買取拒否の内容に加え、以下の3ポイントで拒否されてしまう場合があります。

 

「近くに店舗があるから行ってみよう」と考えているなら、ぜひご確認ください。

未使用のものであるか確認しにくい

店舗型の場合、すべてを直接のやり取りで完了させることが必要です。

 

iTunesカードの買取もすべて手渡しとなりますが、人と人とのやり取りの場合、未使用のものであるか確認しにくいというデメリットがあります。

 

未使用かどうかをうまく確認できないときなどは、買取拒否の対象となるので注意しておきましょう。

有効期限が確認できない

カードの表面がこすれてしまい、有効期限が確認できない場合には、買取拒否される可能性があります。

 

プリペイドカードの価値は額面と有効期限にあります。

 

有効期限ギリギリのものを再度販売するのは、店舗側としてかなりのリスクがあるので、買取してもらいたいカードがあるなら、有効期限が見えるか確認したうえで買取サービスを利用していきましょう。

第三者に販売しにくい

店舗型の場合、自分の持っているカードをお店側が受け取り、販売することにより第三者に渡るという流れになりますが、カードが汚れていたり落書きされているカードだと、他の人に販売しにくい物となるので、買取拒否を受ける可能性があります。

 

購入する側もきれいなものが嬉しいのは当たり前です。

 

できる限りきれいな状態にしたうえで、買取を申し込む方が買取されやすいとも言えます。

iTunesカードの買取なら買取DX

「買取拒否される条件がたくさんあるけど、どこなら安心して利用できるの?」

という不安をお持ちなら、買取DXを利用してみてください。

 

買取DXでは、利用者が直感的に申し込みが行えるようにユーザビリティーに富んだサービスを実施していて、自分の持つiTunesカードが買取対象かどうかをいち早く確認できます。

 

わからない項目があるなら、24時間年中無休で利用できるチャットサービスも実施しているので、不安点や不明点があるなら、問い合わせてください。

まとめ

以上、iTunesカードが買取拒否される場合の原因や対策についてご紹介しました。

さいごに、全体のまとめを行いますので、復習のためにご確認ください。

 

・POSA SYSTEMを通してないと買取してもらえない

・コードが読み取りづらい物だと買取してもらえない

・買取利用者の情報が間違っている場合なども買取してもらえない

・買取拒否されたなら、apple問い合わせ、もしくはカード内容を再チェックしてみよう

・店舗型利用の場合には、情報が確認しにくい物や再販売しづらいカードでないことが大切