MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

Amazonギフト券の個人取引は危険! 電子ギフト券の買い取りは買取サイトが安全な理由

カテゴリ:Uncategorized 投稿日:11月 15, 2021

個人取引の危険性①:素性のわからない相手と自己責任で取引

インターネット上の取引、時に個人間の取引の場合、相手の素性はまずわかりません。

 

誰でも知っている大手企業相手でもない限り、インターネットで取引をする相手は「何をしているかわからない人」であると見なす必要があります。

 

これは商取引以外でもそうですが、インターネットの画面の向こう側にいる相手が何を目的としていて、どういう経歴の人なのかは本格的な調査をしたり、実際に会ってみないことにはわかりません。

 

実社会でよく知らない人に自分の個人情報を教えたり、売買することはまずありませんよね。それをインターネットで行っていると考えると、リスクの高さを実感できます。

 

 

実際、警視庁のホームページにはインターネットオークションやショッピングで振り込んだのに商品が届かないなど詐欺行為の事例が紹介されています。中でも個人間については消費生活センターで対応していないため、より強い警告を発しています。

 

この数年、個人でも簡単にインターネット上で取引できる「デジタルプラットフォーム」が増えていることも、こうしたトラブルを生む要因のひとつだと考えられます。改善のため「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」が2020年6月に交付、2021年2月に施行されましたが、あくまで運営状況や評価の情報開示の義務化や注意、罰則などの行政処置に関するものですので、利用する際には自身で確認することが何よりも重要になります。

 

Amazonギフト券の買い取りも例外ではありません。

顔もわからない個人取引には危険が多く、例えばAmazonギフト券番号を教えたのに入金されない、個人情報を流出させられたなどの詐欺的な行為も横行しているのが現状です。

 

もちろん、そうしたトラブルは個人間に限ったことではなく、業者でも起こり得ます。会社名や住所の情報を曖昧にしか表記していない、詳細を確認しても濁したまま取引を進めるなどお金や個人情報を騙し取ろうとする悪質な業者もいます。

 

しかし、業者であれば取引の内容や評価は信用に関わってきます。悪質な場合には利用者が警察署、消費生活センターなど公的機関に相談すれば対応可能なので、事業そのものを続けるのが難しくなることもあり得ます。

 

そこまでいかないとしても、インターネットに悪評を書かれて問題視されれば、業績悪化に陥り立ちいかなくなる可能性は上がります。反して、個人では連絡を取らずにアカウントを消し、また別のアカウントを作れば済んでしまいます。

 

正確には、プロバイダ責任制限法第4条に基づいてIPアドレスなどから素姓を割り出す「発信者開示請求」を行うことも可能ですが、裁判手続きではない場合、任意となるため応じるケースは少ないといわれています。ギフト券取引は比較的少額であることが多く、訴訟まで踏み切れない、少額訴訟制度を使うとしても自分で証拠を揃えるほどの労力はかけられないといった理由から、多くの人が泣き寝入りしている状態です。

 

今ではインターネットがリアル社会と密につながり、個人であっても情報を晒されるリスクは常に背負っていますが、法整備などを進めている状況でもあります。インターネットでの個人取引は「自己責任」が大原則だとしっかり認識することがリスク回避の第一歩になります。

 

個人取引の危険性②:買取率が一定ではない

個人取引において最も懸念されるのは、Amazonギフト券のいわゆる「買取率」が日によってバラバラであるということです。

 

買取率というのは、実際の価格に占める買取価格の割合のことです。多くの業者は、市場の相場を見て自身の利益率を考慮しながら、80%後半から90%前半といったようにある程度一定の買取率を定めています。そうでなければ大量の取引を効率よく行うことはできません。逆にいえば、業者でも異常に買取率が高いところは何か裏があると慎重になった方が安心です。

 

個人取引で同じように買取率を設定することは難しいでしょう。

基本的にオークションサイトやフリマアプリなど取引市場の相場をある程度は意識しながら決めていきます。業者と大差ないようにも思えますが、個人間では扱える取引の数にも限界があるため、合理的な利益率を踏まえて一定の買取率を設定することは中々できません。また、オークションサイトの場合は特に、需要に応じて値段は刻々と変化します。極端な話、取引ごとにその買取率が変わるということも少なくありません。

 

個人取引の場合、一定以上の買取率が保証されない上、あくまで「自己責任」であるため苦情を訴えることも難しいというのが大きなデメリットです。

 

個人取引の危険性③:詐欺に加担している可能性がある

インターネット上での個人取引は詐欺の被害にあいやすいということは、解説しましたが、被害だけでなく、知らないうちに詐欺に加担してしまうこともあり得ます。

 

電子ギフト券の詐欺といえば、取引をしたのに入金されないなどを思い浮かべますが、最近は「電子マネー」として利用されるケースが増えています。

 

例えば、お年寄りを狙う特殊詐欺や有料サイトの未納、訴訟取り下げ費用詐欺の支払い方法に振り込みや現金での受け渡しではなく、Amazonギフト券などを利用する手口が急増しています。こうして手に入れた高額なAmazonギフト券を転売サイトを用いて現金化するのです。

 

つまり、転売サイトにおいて個人取引を行うと、気づかない間に「特殊詐欺で騙し取ったAmazonギフト券を買うことで現金化する」という役割を果たしてしまうおそれもあります。また、そうした詐欺で騙し取られたAmazonギフト券はAmazon側に捕捉される可能性も高いのです。

 

2018年には消費者庁のホームページで注意喚起を促しており、実際、Amazonは不審なギフト券の無効化及び警告、悪質な場合にはアカウントの停止を度々行っています。手間を省くために個人取引でギフト券を買ってしまい、予告なく無効化が行われ使えなくなった、問い合わせをしても詳細はわからず、何故そんな事態になったのか把握できないままなす術ないという事例も多く報告されています。

 

何も知らないまま詐欺集団のマネーロンダリングに加担してしまった上、損をしているのにも関わらず入手法が規約違反しているため救済されず、個人間トラブルなので消費生活センターなどに訴えることもできないという、泣き寝入りするしかない事態が起こりうるのです。

 

個人取引に比べて買取サイトが安全な理由

インターネットにおける個人取引の危険性について3点ほど紹介しました。インターネット上には、Amazonギフト券などに特化した買取サイトも多くありますが、個人取引に比べて買取サイトが安全な理由はどういったところにあるのでしょうか。 

会社情報を明記している

まずは、「運営会社情報を明記している」ことです。やましいことがない優良サイトは、トップページの下部などに会社情報のリンクを貼っています。そこからリンクをたどると、会社名から事業内容、営業所住所、電話番号、Eメールアドレス、古物商許可番号などの情報が明記されています。

 

電子マネーであるAmazonギフト券に古物商許可が絶対必要かどうかはまだ明確になっていません。電子情報と見なされる「メールタイプ」においては古物には該当しないという見解もありますが、コンビニなどで購入する「カードタイプ」や記念に送る用の「ボックスタイプ」などは古物と判断することもあります。つまりは、電子ギフト券の普及に法整備、社会的仕組みが追いついていない状況だといえます。

 

その他の品目の買い取りも行っている老舗の優良サイトの多くは古物商許可を取り、許可番号をサイトに明記しています。

 

現在の法律では古物許可番号がなくても違法ではないとしても、今後の見通しと安心して利用してもらうための対策と情報開示を行っているといえます。少なくとも法を意識しており、健全な営業を行っている証拠といえるでしょう。

 

買取率が安定している

買取サイトの取引の数は、個人と比較すると圧倒的に多いです。その分、買取率を一定に保ちやすく、かつその取引によって利益を得られるため買取率を上げやすいというメリットがあります。一定の利益率を保つため、買取サイトではおおむね80%台前半〜90%前後を保つことが多く、90%台後半というような青天井状態にはなっていません。

 

優良買取サイトはきちんとした営業体制を敷いているため、人件費や設備費などの諸経費が必要になります。だからこそ、買取率は少し低めに設定されています。

 

どうやって利益を出すのかわからないくらいの高買取率を設定しているサイトは、長期的運営をするための必要経費を考えていないといえます。 

情報開示しているため、詐欺リスクは低い

買取サイトの中には、詐欺を働く悪質な業者も一部存在します。しかしながら、上記2点のように会社情報を明記し、また買取率も95%、99%といったレベルの数値にしていない業者は比較的安全といえます。

 

住所や会社名といった情報を明記した上で詐欺行為を働けば、内容証明郵便などで催促を受け、それすら無視した場合には公的機関の調査対象ともなりえます。わざわざそんなことをする業者は少ないでしょう。

 

 

まとめ

以上、Amazonギフト券の個人取引の危険性や、買取サイトが安全である理由について、ひと通り解説しましたが、いかがだったでしょうか。

 

個人間での取引はより距離が近く、身分証明書の提出などがないため簡潔、スピーディーにできます。反面、違法な取引の助長につながり、何かトラブルが起こった際には補償などの救済処置がないといった危険性もはらんでいます。

 

 

Amazonギフト券の買い取りの際は、買取デラックスまでお問い合わせください。

ホームページにおいて古物商許可番号も含めた会社情報を明確に記載しており、安全な取引が可能です。また業界トップの買取率にこだわりつつ、青天井にはなっていない健全な買取率デラックスセールスを行っております。

 

 

さらに最短で10分という迅速かつ丁寧な対応で、取引の全てをインターネット上で完結させられます。ぜひ、ご検討ください。