MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取DX

ギフト券&マネー

コラム

出産祝いにギフト券は適している?Amazonギフト券をおすすめする3つの理由

従来、お祝いごとにギフト券はなじまないとの考え方がありました。値段が見えてしまうのが大きな理由でしたが、近年はそこにこだわらずに購入する人も多いようです。ただし、場合によってはマナー違反になる可能性があります。ギフト券を贈る際は利用場面に注意し、相手の気持ちを考えることが重要です。お祝い全般におけるギフト券の可否と、出産祝いにギフト券を贈るケースについて紹介します。

 

贈る相手に応じてギフト券の可否を考えればマナー違反は避けられる

お祝いやお祝い返しにギフト券を贈る例が増えてきていますが、ギフト券にしないほうがいいケースもいくつかあります。お祝い全般について、ギフト券を贈るべきではない場合を考えてみましょう。

ギフト券を贈るのに状況がそぐわないケース

  • お祝いを現金で受けとった場合

この場合にギフト券を贈ると、返礼金額がはっきりしてしまうため、望ましくないと感じる人が多いようです。贈りものはあくまで気持ちが重要なので、双方の金額が露骨にわかってしまうやりとりは避けるとよいでしょう。また、「もらった金額よりも極端に低い金額だった」「贈った金額に近い金額が返ってきたけど、普通は半額では? 」などと金額を深読みしてしまいがちです。

ギフト券を贈る相手の立場や考え方がそぐわないケース

  • 目上の相手

一般に、目上の相手にギフト券を贈るのは避けたほうがいいとされています。最近では気にしない人も多いようですが、年代が上の人のほうが形式に厳しく、贈りものにギフト券を使う習慣がない人が多いのも事実です。好みがわからず品物を選べない場合は、カタログギフトを贈れば解決できます。

  • 品物を選ぶ過程を尊重するタイプ

「贈りものは相手のために選ぶ過程が重要」「ギフト券は味気ない」と考える人もいます。ふだんからそのような発言をしている人に対しては、目上でなくともギフト券は避けたほうがいいでしょう。

マナー違反かどうかは一律に判断できるものではなく、ケースバイケースです。また、可否を判断するのは相手になるので、贈る相手に応じて判断するのがベストでしょう。さらに、使いやすいギフト券を選ぶことも大切です。使える店舗が限定されたギフト券では、相手にとって使いにくいものになってしまうからです。

「ギフト券を贈っても問題ない相手だが、お祝いの気持ちを見せるため華やかさもほしい」といった場合は、メッセージカードを添える、お祝いにふさわしい包装にするなど工夫しましょう。包装に少し気を使うだけでも、受け取る側の印象がぐっと良くなります。

ギフト券には多くの種類がありますが、ここではECサイトAmazonで販売される商品のほとんどに利用でき、インターネット環境さえあれば使用できる「Amazonギフト券」を紹介します。

 

出産祝いにAmazonギフト券もあり!その理由とは

出産祝いは数ある「お祝い」のなかでも、ギフト券が向いていると考えられます。それには、出産後特有の事情があるからです。出産後しばらくの間、母体を休ませることが必要な期間(産褥期・さんじょくき)があります。産褥期には、約10ヶ月かけて出産の準備をしてきた体が、急激にもとの体に戻っていくのです。ホルモンバランスや体の変化にともない、体調が不安定になりやすい時期です。

一般的には産後3~4週間が安静にすべき時期とされますが、人によっては回復により長い時間を要すこともあります。体調が落ちついたあとも、赤ちゃんの夜泣きや夜間の授乳によって慢性的な寝不足に陥る場合があり、出産後しばらくは自宅訪問が難しいといえます。

そんな時期に贈ることになる出産祝いとして注目したいのが、配送可能で、使い勝手もよいAmazonギフト券です。

出産祝いにAmazonギフト券を贈る3つのメリット

Amazonギフト券を出産祝いに活用するメリットは次の3つです。

  • メリット1 直接自宅に送れる

配送できるため、直接家を訪ねる必要がありません。訪問して渡す場合、先方は家の掃除やお茶の用意などの準備が大変です。前述した産褥期中は、ふだんは気にならないことでも負担に感じがちになるので、「すぐ帰るから大丈夫」とこちらが考えるのは禁物です。先方からの誘いがないかぎりは、家を訪ねるのは慎重にすべきでしょう。

  • メリット2 お祝いの気持ちを表現できる

Amazonギフト券には、さまざまなデザインのギフト券があり、包装もできます。デザインや包装で、お祝いの気持ちを伝えられるでしょう。

  • メリット3 使い勝手がいい

届いたギフト券はオンラインショップですぐに使用できます。出産後は買い物に出かけるのも大変なので、Amazonギフト券は使い勝手もよく便利です。ギフト券の有効期限は発行から10年間なので、すぐに使う必要もなく、受け手の都合のよいタイミングで使用できます。

出産祝いに適したAmazonギフト券

出産祝いに活用したいAmazonギフト券ですが、複数のタイプがあることには注意しなければなりません。例えば、デジタルタイプのギフト券は出産祝いの贈り物としては避けたほうがよいでしょう。デジタルタイプとは、EメールやPDFファイルを印刷して使うギフト券です。Amazonギフト券としての機能はほかと変わりありませんが、やや味気ないため出産祝いとしては不向きでしょう。おすすめは以下のタイプです。

  • スマートな「封筒タイプ」

通常の封筒も悪くありませんが、おすすめはデザイン性の高い封筒にAmazonギフト券が入ったタイプです。飾りすぎず、シンプルで、万人受けするデザインが多くそろっています。相手の趣味がわからないときに重宝しそうです。

  • ちょっと豪華な「ボックスタイプ」

ボックスタイプは形状やデザインがさまざまな箱にAmazonギフト券が入っています。箱を開ける楽しみがあり、思い出に残りそうです。

  • 手書きにこだわるなら「グリーティングタイプ」

グリーティングカードはAmazonギフト券にグリーティングカードと化粧封筒が付属したセットです。そのまま相手先に配送してもいいのですが、グリーティングカードには余白があるため、自宅で受け取り、手書きでメッセージを追加することも可能です。自宅から相手先へ郵送する手間がかかりますが、手書きにこだわりたい人はこちらを選択しましょう。

 

結婚祝いや引き出物でもAmazonギフト券の利用を検討してみよう

 

結婚祝いや引き出物など、お祝い品を贈るタイミングは何度もあります。贈る場面は異なっても、相手の考え方によって贈りものの評価が分かれる点は同じなので注意しなければなりません。つまり逆にいえば、どんな場面での贈りものでも、「ギフト券=NG」とは一概にいえないのです。

例えば若い夫婦へ贈る結婚祝いなら、「目上の人」ではないケースがほとんどでしょう。ギフト券に対する抵抗も少ない世代なので、Amazonギフト券を贈るのは問題ない場合が多いでしょう。

結婚式の引き出物に関しても、「遠方の招待客が多いから荷物になることを考えて軽いものにしたい」、「ほかにかさばる引き出物があるので、バランスを考えて引き出物のひとつはギフト券にしたい」といったケースがあります。上司や目上の人がギフト券に抵抗がないことが確認できれば、Amazonギフト券を引き出物にしてもいいでしょう。または、上司や目上の人だけカタログギフトにして、友人や同僚にはAmazonギフト券を使用するなど、臨機応変に対応する方法もあります。

また結婚式の2次会で、余興の景品にチケットやギフト券を用意するのはすでに一般的です。次のような景品が喜ばれるようです。

  • 東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどのペアチケット
  • 全国各地の名産品や名店の商品を選べる産地直送グルメ
  • 使途が豊富なギフト券

 

2次会は、盛り上がることが重要なので、形式にこだわらず参加者が「ほしい」「もらって嬉しい」と思うものを選びましょう。

 

Amazonギフト券は受け手にとって、使い勝手のいい贈りもの

これまで主に、出産祝いでAmazonギフト券が適している理由を紹介しましたが、出産祝い以外にもAmazonギフト券を贈っていい場面はあるでしょう。マナーは時代とともに変化していきます。贈る場面や地域によっても常識は変わります。Amazonギフト券が贈りものとして適しているか悩んだときは、贈る相手が喜んで使ってくれるかを判断基準にするとよいでしょう。