MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取DX

ギフト券&マネー

コラム

Amazonギフト券が使えないときの原因と対処法

カテゴリ:Amazonギフト券買取, アマゾンショッピング 投稿日:9月 14, 2020

Amazonで買いものをしたときに、Amazonギフト券が使えなかったということはありませんか? 特に、初めてAmazonギフト券を使おうとしていた場合、「なぜ使えないの?」と慌ててしまう場合もあるかもしれません。使えないのには必ず理由があります。原因を突きとめ、ゆっくりと考えて対処しましょう。Amazonギフト券が使えない場合の原因と対処法について解説します。

店頭支払いや代引きなどではAmazonギフト券は使えない

初めてAmazonギフト券を使う人によくある誤解は、「Amazonギフト券はどんなときでも使える」という思い込みです。そのため、注文時に、コンビニエンスストア(以下、コンビニ)、ATMなどの現金払いや、代引きを選択して、支払いの際にAmazonギフト券を出してしまうのです。残念ながら、Amazonギフト券はオンライン上で完結する支払いにのみ使用可能で、店頭での支払いには使えません。

対策:決済方法を確認する

注文する前に、Amazonギフト券を登録しましょう。登録方法はとても簡単です。

  1. 「残高・利用履歴の確認」にアクセスする
  2. 「Amazonギフト券を登録する」をクリック
  3. テキストボックスにギフト券番号を入力して登録

以上3ステップで完了です。

アカウントに登録しておけば、支払い方法の画面でAmazonギフト券での支払いを選んで決済できます。

事前登録したはずなのに反映されないときは、Amazonギフト券が反映されない時の3つの対処法を紹介!もご参照ください。

Amazonギフト券が登録済になっている

正確なコードを打ち込んだのにエラーメッセージが出てしまう場合は、そのギフト券がすでに登録されていることが考えられます。Amazonギフト券は、一度アカウントに登録されると、ほかのアカウントでは使用できません。
Amazonギフト券を何枚か持っている場合や、複数のアカウントを持っている場合などに考えられるケースです。

対策:登録先を確認する

複数のアカウントを持っている場合は、Amazonギフト券の登録先を確認しましょう。
Amazonアカウントの「残高・利用履歴の確認」にアクセスすると、ギフト券の残高をすぐに確認できます。また、下へスクロールすればギフト券の利用履歴が見られます。持っているAmazonギフト券の番号が登録されているかどうかを確認してみましょう。

利用履歴にAmazonギフト券の番号が登録されているのに、残高が確認できない場合は、Amazonギフト券残高が消えた時に考えられる5つの原因と対処法もご参照ください。

Amazonギフト券番号の登録ミス

Amazonギフト券の番号を登録する際に、見誤って違う文字を入力している、入力ミスの可能性があります。
カードタイプのAmazonギフト券の場合、カード裏面のスクラッチを削りすぎたり、シールをはがし損ねたりして、文字が不鮮明で「Rか?Pか?」読み取りにくい状態になることも。

対策:番号確認と登録確認

スクラッチを削るときやシールをはがす際は、力を入れすぎないことがポイントです。
スクラッチの場合は、やさしく均一に力を入れて削りましょう。先の尖ったものでこするのは避けましょう。
シールの場合は、番号部分が削れていないか確認しながらゆっくりはがしましょう。

それでも失敗して番号が読み取れない場合は、Amazonカスタマーサービス(フリーダイヤル 0120-899-543)に連絡しましょう。その際には手元に問題のカードを用意しておき、「ギフト券を削りすぎた」ことを伝えましょう。Amazon側で対応してくれます。

有効期限が切れている

Amazonギフト券に有効期限があるのはご存じでしょうか。
2017年4月24日以降に発行されたすべてのAmazonギフト券の有効期限は、発行から10年間です。2017年4月23日以前に発行されたギフト券は、券種により有効期限が違うため、有効期限が切れてしまっていることが考えられます。
もらいもののギフト券や、金券サイトで購入したギフト券の場合は、有効期限が切れているため使えないのかもしれません。

対策:有効期限の確認

有効期限を確認しましょう。
アカウントにサインインして、「残高・履歴の確認」をクリックします。ギフト券の残高の下に「有効期限ごとのギフト券残高」が表示され、登録済のAmazonギフト券の有効期限を確認できます。
有効期限が切れていて使えない場合は、ギフト券の有効期限は?Amazonギフト券などの有名どころを紹介をご参照ください。裏ワザを紹介しています。

Amazonギフト券の種類

Amazonギフト券にはさまざまなタイプがあります。

【コンビニなど店舗で購入】

  • カードタイプ
  • シートタイプ

【オンラインで購入】

  • Eメールタイプ
  • チャージタイプ
  • 印刷タイプ

【プレゼントに適している】

  • 商品券タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • ボックスタイプ
  • 封筒タイプ

ギフト券のタイプをうまく使い分ければ、自分用にオンラインで購入するだけでなく、Amazonユーザーの知人へプレゼントとして贈ることできます。

タイプ別有効期限

タイプ別に異なっていたAmazonギフト券の有効期限が、2017年4月24日より統一されました。一律、発行から10年間です。統一される前のギフト券の有効期限は、下記のとおりタイプにより異なるので注意しましょう。
【発行日から1年】

  • カードタイプ
  • チャージタイプ
  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • ボックスタイプ
  • 封筒タイプ
  • チャージタイプ

【発行日から3年】

  • シートタイプ

現在販売されているギフト券はすべて、有効期限が発行から10年間です。注意したいのは、「いつから10年か?」というスタート地点の部分です。

Amazonギフト券の有効期限のスタートは、購入した時点です。アカウントに登録をした時点ではありませんのでご注意ください。

Amazonギフト券で買えない商品がある

世界のほとんどの国、地域で多くの人が利用しているショッピングサイトAmazon。膨大な品数をそろえていることから、何を買うにもAmazonギフト券で支払いができると考えてしまいがちです。しかし、以下の支払いにはAmazonギフト券を使用できません。(Amazonギフト券細則に記載)

  • ギフト券をギフト券で購入(全種類購入不可)
  • アマゾンサイトで提供される一部のサービスの会費の支払い

対策:対応商品の確認

ギフト券のみの購入だけでなく、ほかの商品と一緒にギフト券も購入する場合も、Amazonギフト券を使うことはできません。
Amazonギフト券を使用して買いものをする場合は、ギフト券の使用が可能な商品であるかを確認しましょう。

使用できないのには原因がある!落ち着いて原因を探ろう

Amazonギフト券を使おうとして起こる「Amazonギフト券が使えない」、「エラーメッセージが出る」といった問題がでてくることがあります。しかし、これには解決できるなんらかの原因があります。まずは、Amazonサイトの細則を読み直す、使えない商品の購入や登録に関する部分を見るなど、さまざまなところを落ち着いて確認してください。ギフト券の使い方が正しいか、登録番号の入力ミスがないか、Amazonギフト券で購入できない商品を買おうとしていないかなど、さまざまな原因と対処法を試してみましょう。また、有効期限が10年に統一されたとはいえ、金券の使い方、有効期限の確認などは定期的に行う習慣をつけておくと安心です。ギフト券をうまく活用して、便利に買いものをしましょう。