MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

Amazonギフト券の買取を拒否される場合とは?

カテゴリ:Amazonギフト券買取, 電子ギフト券 投稿日:4月 5, 2021

Amazonギフト券の買取を拒否される場合とは?

還元率の高いAmazonギフトは、現金化するのにちょうどいいのアイテムといえます。そのため、買取サイトや業者に依頼する人も多いでしょう。しかし場合によっては、買取を拒否されてしまうこともあります

 

その際にどのような原因が考えられるのかを、ここで詳しく解説します。

買取業者がAmazonギフト券の買取を拒否する10の場合

Amazonギフトを合法かつ安心して現金化できるはずの買取業者が、申請を拒否するには以下に示す10個の理由が挙げられます。

もし、現在そのようなことで困っているのなら、まずは思い当たる原因を見つけてみてください。

複数サイトに同じギフト券のコードを送った場合

現金化を急ぐ場合にやりがちな行為は、複数のサイトに同じコードを送り、手続きが一番早い業者で現金化しようとした場合です。

 

そうすると、買取業者は同じギフト券のコード(情報)を売却先に売るような形になってしまいます。

 

要は、「既に売却済みのAmazonギフト券を売った」という行為ととられ、売却先から信用を失うことになるのです。その結果、Amazonギフト券を現金化しようとした人へ買取を拒否するほか、なすすべがなくなってしまうということです。

 

複数サイトに申し込むという行為一つで、買取業者側を混乱させ、トラブルにつながります。絶対にしてはいけません。

買取金額が提示されるより先にAmazonギフト券の番号を送った場合

買取業者でAmazonギフト券を現金化する場合、業者から提示された買取価格を受け取るというシステムです。ところが、買取金額を提示されるより先にギフト券を送ってしまうと、振り込み日や買取金額が想定と違うものになってしまう可能性があります。

 

最悪の場合、業者から買取拒否をされてしまうかもしれません。急いでいる時や、「何度も利用している買取業者だから」という感覚で、ついやってしまいそうになる行為です。

そうならないように、入金日や買取金額をしっかり確認したあとでAmazonギフト券を業者に転送しましょう。

過去に買取依頼して売却済みギフト券だった場合

現金化しようとしたAmazonギフト券を、過去に売却したものと間違えて送っていることも考えられます。普段からAmazonギフト券を現金化していると、ついうっかりやってしまいがちなミスです。

 

売却済みのAmazonギフト券は、当たり前ですが買取を拒否されます。

 

写真フォルダやメールの受信ボックスなどを確認し、今売ろうとしているAmazonギフト券が最新のものであるかどうかを、必ず確認してから送る必要があるでしょう。

申込者と入金口座の名義人が一致しない場合

例えば土日祝日にAmazonギフト券を現金化したい場合、自身がメガバンクか地方銀行の口座しかもってしないとします。

 

友人などにお願いして、24時間対応のネットバンクに入金してもらおうと、振込先を他人のものにするという事例があります。

 

しかし買取サイトでは原則、申込者と振込先の名義人が一致しない場合は買取ができません。そればかりか、Amazonギフト券の現金化における手続きすら、進めていくことは不可能でしょう。

 

なお女性の結婚などで、「旧姓から名字が変わった(逆のパターンも)」場合や氏名の変更があった場合、手続きをして書類を提示する必要があります。確認が取れれば大丈夫です。

 

または個人情報を晒したくない人が、他人の身分証明書(盗んだ免許証など)で個人情報を悪用する危険性も考えられるわけです。

 

このような理由から、Amazonギフト券の現金化は、必ず本人が本人名義の振込先を使って行う必要があります。

貰い物のギフト券がそもそも使用済みだった場合

未使用か使用済みかを確認するのは難しいですが、貰いもののAmazonギフト券が使用済みだった場合は、当然ながら買取業者から買取を拒否されます。

 

拒否されることに身に覚えがない場合は、Amazonギフト券を贈ってくれた相手に確かめておく方がよいでしょう

すでにAmazonアカウントに登録したギフト券の場合

Amazonギフト券がすでにアカウントへ登録されている場合、特殊な方法でのみの買取になります。したがって、業者から買取拒否をされる可能性があるということを知っておきましょう。

 

多くの買取サイトがAmazonギフト券の現金化に対応していますが、「アカウントにチャージする前の、未登録のもの」に限ります。つまり、アカウントに登録しているAmazonギフト券は買取をおこなっていないのです。

 

その理由としては、アカウントの買取が非常に危険であることが挙げられます。買取サイトは通常、Amazonギフト券を別の商品の購入をもって買い取るシステムです。

 

しかし、時に「Amazonのアカウントもろとも買取する」といった業者も存在します。

 

その場合アカウント買取のために、利用者がAmazonに登録しているメールアドレスやパスワードが「引き渡されることになります。

 

そうなると必然的に、個人情報の漏洩やクレジットカードの情報漏洩を招きます。しかしそればかりか、Amazonへアカウントの再登録ができなくなる恐れが出てくるのです。

ギフト券が高額すぎる場合

例えば、1000円程度のAmazonギフト券を現金化したいなら、さほど面倒なこともなく買い取ってもらえるでしょう。

 

しかし10000円を超えるような高額なAmazonギフト券は、なかなか買い手がつきにくいです

 

このことから、ギフト券が高額過ぎる場合には、業者から買い取りを拒否される場合があることを知っておきましょう。

amazonギフト券がロックされている場合

Amazonギフト券をアカウントに登録しようとすると、「Amazonギフト券がロックされています」というエラー表示が出ることがあります。

 

ロックされているAmazonギフト券だと、買取を拒否されるのは必然です

 

このエラー表示が出る時は、そのAmazonギフト券が不正に入手されたものである場合、またはその疑いがあることが考えられます。

 

ロックを解除するためには、Amazonに問い合わせて手続きをしなければなりません。

 

このような事態を防ぐためには、正規の販売店でAmazonギフト券を購入すること、また高額の場合は、複数枚に分けての購入が安全でしょう。

 

また、ロックされていると間違いやすいケースは、「ギフト券は無効です」と表示されるものです。これは、入力したコードにミスがあった場合や、レジに通っておらずAmazonギフト券が有効化されていないことが考えられます。

 

原因が両方ともに当てはまらなかった場合は、購入した店舗に問い合わせてみましょう。

ブラックリストにのっている場合

過去に同じ買取サイトを複数回利用し、トラブルや違反行為があった場合、顧客ブラックリストに載っている可能性が高いです。

 

ブラックリストに載ってしまうと、買取拒否は逃れられないでしょう

 

原因となる具体例を挙げると、以下の通りです。

 

・身分証を偽造した

・他人の名前や偽名で申込みをした

・振込先が、申込者のものではない

 

これらのことをすると、非常に高い確率でブラックリスト入りをするでしょう。そうなると買取サイト業界は、ブラックリスト入りした人間の情報を共有することになります。そうなってしまった場合、別の買取サイトも利用できなくなってしまうことになりかねません。

AQ、WAから始まるギフト券の場合

Amazonギフト券がAQ、WAから始まるギフト券番号だった場合も、買取業者から現金化、買取を拒否される原因の1つとなります。

 

手持ちのAmazonギフト券番号が、AQ、WAから始まるものではないかどうかを、一度確認してみましょう。なぜならその頭文字は、詐欺に利用されるケースが多いからです。よって、これらは買取NGとなるわけです。

 

詐欺の手口として使われやすいケースとしては、Amazonを装った架空請求、もしくはアダルトサイトからの架空請求などが挙げられます。

 

上記のような嘘の請求が電話やメールで現在も行われており、その金銭を要求する際に、Amazonギフト券を利用するのです。

 

業者側も不正に入手したAmazonギフト券を買取したくないので、ほとんどの買取サイトでは、AQ、WAから始まるAmazonギフト券の買取を中止しています

 

ちなみにこれらのAmazonギフト券は、コンビニで購入できるものであり、14桁または15桁の英数字が登録されているのが特徴です。

 

「AQ~」のものがカードタイプ、「WA~」のものがシートタイプです。

 

したがって、コンビニで購入できるAmazonギフト券(AQ、WAではないもの)であれば、買取サイトでの現金化が可能となっています。

利用者側に問題があることも

買取業者からAmazonギフト券の買取を拒否される場合、Amazonギフト券に原因がある場合がほとんどです。しかし時に、利用者側に原因があることも考えられます。

どのようなケースがあるかを、ここで詳しく説明します。

フリーアドレスを使用している

多くの買取業者サイトには「キャリアメールアドレスで申込をお願いします」という指示を記載されています。その理由としては、詐欺問題が大きな原因となっているからです。

 

今はGmailやYahoo!メールをはじめ、無料で利用できるフリーアドレスが普及しています。しかしそれ故に、問題が起こっているというのも事実です。 

 

一時期、フリーアドレスが乗っ取られてAmazonギフト券が盗難されるという事態が多発していました。被害報告は減ったものの、完全に撲滅したわけではありません。

 

このような被害に遭ってしまっても、買取業者では対策しようがありません。しかも海外からの被害も多数あることから、日本の警察の捜査も及ばないというのが現状です。

 

したがって業者の買取拒否も、このような被害を出さないためには致し方ないのでしょう。

銀行口座が即時振り込みに対応していない

現金化したAmazonギフト券の代金を買取サイトから振り込んでもらう際に、銀行によって反映時間は変わってきます。

 

なので、もし利用者の口座が即時振り込みに対応していない場合は、すぐにお金が反映されません。そのことによって、買取拒否をされたと感じるのです

 

もし現金化を急ぐのであれば、24時間振込が可能なネットバンクを利用するとよいでしょう。また、振り込みの時間によっては、反映が翌日となってしまいます。したがって、時間に余裕をもって手続きをする必要があるでしょう。

Amazonギフト券の買取なら買取DX

ここでは、電子ギフトの買取に特化した「買取DX」を紹介します。他社と比べて圧倒的な数字の効果買取率や、現金化の早さが自慢の大手買取業者。

 

その特徴やおすすめの理由、還元率を紹介します。

買取DXの特徴

買取DXはAmazonギフト券をはじめ、、iTunes、GooglePlayギフト券といった電子ギフト専門の買取店です。評価も高く、申込から振込までが非常に早いということで人気を集めています。

 

しかもそれらのやり取りを24時間365日、スマホ1つで完結させられることが、大きな強みです。

買取DXがおすすめの理由

買取DXがおすすめである理由は、主に3つの特徴から考えられます。まずは高額で各種ギフト券などを買い取ってくれるところがユーザーから高く評価されています。しかも振込手数料が無料で、1,000円からの買取が可能です。

 

プレミアム特別レートやクーポンなど、各種特典によって業界トップクラスの高額買取を実施しています。

 

高額で各種ギフト券などを買い取ってくれるところがユーザーから高く評価されています。しかも振込手数料が無料で、1,000円からの買取が可能です。

 

プレミアム特別レートやクーポンなど、各種特典によって業界トップクラスの高額買取を実施しています。

 

加えて、最短30分という短時間で、スピード振り込みが可能です。先述ですが24時間365日対応が可能なので、時間がない人や早く現金化したい人におすすめです。

 

さらに買取DXは、安心して利用できる法人営業です。老舗の古物営業許可店のスタッフたちが、親切かつ丁寧に対応してくれます。

 

また、通信の暗号化(SSL)によって個人情報が守れるので、大変心強い買取サイトと言えるえしょう。

買取DXのAmazonギフト券の還元率

買取DXは、電子ギフトの還元絵率が高いことでも知られています。少々の変動こそあるものの、電子ギフトの還元率は最大95%を以上を維持しています。

 

スピーディーに高く売りたいのであれば、ぜひ買取DXを利用しましょう。

まとめ

Amazonギフト券を買取拒否される理由は、自身のギフト券そのものに原因があるケースが圧倒的に多いです。

 

クレームや問い合わせをする前にしっかりと確認し、買取拒否をされた理由をクリアにしましょう。また、ブラックリストに載るような不正及び違反行為は絶対にしないことが大切です。