MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

GooglePlayカードは返金できる?3つのおすすめ現金化方法を紹介!

カテゴリ:Googleplayカード買取, 電子ギフト券 投稿日:7月 12, 2021

基本的に一度購入すると返金して現金化する事が出来ないのがプリペイドカードです。例に漏れずGooglePlayカードも、一度購入してしまうと基本的には返金する事が出来ません。

 

 

  • iTunesカードを買おうと思っていたのに間違えてGooglePlayカードを買っちゃった
  • 金額を間違えて購入してしまった
  • 人から貰った使い道のないGooglePlayカードを現金化したい

 

 

上記のようなケースでGooglePlayカードを現金化したいと考えている人に、オススメの方法を伝授していきたいと思います。

 

間違えてGooglePlayカードを購入してしまって困っているという方も、以下で説明する方法を使えば返金はできなくても現金化する事は可能ですよ!

GooglePlayカードは返金も返品も出来ない

コンビニに行くと様々な種類のプリペイドカードが発売されているのでビックリしてしまいますよね。クレジットカードがなくてもチャージしておく事で気軽に使えるカードは非常に便利なのですが、種類が増えてしまった事で間違えて購入してしまったなんて事も少なくないトラブルの一つです。

 

冒頭でも説明しましたが、GooglePlayカードは間違えて購入した場合、返金も返品も不可です。その理由などについては以下で説明していきましょう。

未使用でも返金不可

GooglePlayカードを始めとするプリペイドカードをコンビニや家電量販店で購入するという方は少なくないでしょう。コンビニなどで購入した事がある方なら知っていると思いますが、GooglePlayカードを始めとするギフトカードの購入にはPOSAシステムというものが適用されています。

 

POSAシステムとは、レジを通す前はカードを使用する事は出来ないのですが、レジを通すとカードが有効化され使用する事が可能になるというもの。カードを有効化してから返金したいと言われても、その商品は既に利用可能状態になってしまっていて、有効期限などがスタートしていますので返品不可であるという訳です。

 

更に問題なのが未使用であるかどうかを判断する事が出来ないという問題があります。コードを本当に利用していない証拠がない以上、返品も返金も出来ないという訳ですね。

 

他のカードを買おうと思っていたのに間違えてGooglePlayカードを購入してしまったという場合であっても、コンビニや家電量販店でも返金や返品は出来ません。購入する時は慎重に買いましょうね!

実はiPhoneでも使える

GooglePlayカードはAndroidでしか利用する事ができないと思っている人が多いのですが、これ実は違います。実はiPhoneでも使う事が出来ます。

 

最も多い間違えが、iPhoneユーザーがiTunesカードを買おうとして間違えてGooglePlayカードを買ってしまったというパターンです。そんな時も、iPhoneユーザーでも実はカードを使う事は出来るんですね。

 

GooglePlayカードは使用しているグーグルアカウントに残高を追加する事が出来ますので、アカウントにログインさえすれば残高を利用する事は可能です。

 

アプリを購入するなどの事はできませんが、GooglePlayカードの残高を利用して以下のようなコンテンツを利用出来ます。

 

 

  • Google Play Musicで音楽を購入
  • Google Play ムービーで映画を購入&レンタル
  • Google Play ブックスで本を購入

 

 

Androidユーザーだけの特典かと思いきや、実はiPhoneユーザーであっても以上のようなコンテンツを利用する事は可能なんです。パソコンからでも購入や閲覧は出来ますので、最悪の場合は自分で使ってしまうというのが良いでしょうね!

 

GooglePlayカードを現金化するおすすめの方法

という訳で、間違えて買ってしまったGooglePlayカードは返金する事が出来ません。という事は間違えて買ってしまったGooglePlayカードは、もう二度と現金化する事が出来ない…そう思っていませんか?

 

返金はできなくても現金に戻す事は可能です。おすすめの方法を以下で紹介していきたいと思います。

友人や知人に売る

GooglePlayカードは電子書籍やアプリの購入など、iPhoneユーザーには少々使いにくいものではありますが、Androidユーザーで頻繁にアプリに課金するという人にとっては幾らあっても困らないものです。

 

Androidユーザーの友人や知人に直接販売するという方法は良いかもしれませんね。定価で購入してくれると思いますし、頻繁にアプリの課金をしている人であれば、むしろ買いに行く手間が省けたとして感謝されるかもしれません。

 

色々なサイトを利用したり、ネットで取引する事にちょっと抵抗があるという方は、友人や知人などリアルの人間に直接売る方法が最も手っ取り早い方法です。

オークションサイトを使う

ヤフオクに代表されるように、大手のオークションサイトを利用してGooglePlayカードを売ってしまうという方法もあります。友人や知人で買ってくれる人が一人もいない状態で、どうしても現金化したいと思っているのであれば、ネットを利用して販売するしか手段はありませんしね。

 

しかしオークションサイトでの販売はリスクが高くリターンは少なめであるという事を覚えておきましょう。

 

    • すぐに売れるとは限らない

 

  • 落札された金額に応じた手数料が必要
  • 会員登録が必須

 

 

オークションサイトは確かに簡単に利用できてすぐに売る事が出来るケースが多いですが、それは全てタイミング次第です。丁度GooglePlayカードを安価で買いたいという人が見ていれば良いですが、当然興味がない人ばかりだと全く売れません。

 

設定金額も多少は下げないといけません。例えば1万円のGooglePlayカードを1万円で販売しても誰も買いませんよね。定価よりも下がり、更に販売金額の10%程は手数料として運営元に引かれますので、1万円のGooglePlayカードを9000円で売って現金化されるのは8000円という事になる可能性が非常に高いです。

 

メルカリではGooglePlayカードのような金券類は出品禁止なので、利用するならオークションサイトです。時期やタイミングによっては高値で即売れる事もありますので、一長一短ですね。

 

買取サイトを利用する

GooglePlayカードを安心安全に、高値で即日現金化したいと考えている方に最もおすすめしたい方法は買取サイトの利用です。ギフト券買取サイトは簡単な申込手続きを完了させるだけですぐに現金化を行う事が可能です。

 

買取サイトをおすすめしたい理由は以下の点にあります。

 

 

  • 24時間365日対応してくれる
  • 自宅でネット環境さえあればすぐに出来る
  • 換金率が高い
  • 大手サイトであれば安心した取引が可能

 

 

基本的にはGooglePlayカードの額面10000円から買取を行ってくれて、最短で60分以内に指定の銀行口座に現金が振り込まれます。

 

オークションサイトでは10000円のカードを7000円や7500円ほどに設定しなければ基本的には売る事はできませんが、買取サイトであれば換金率を表示してくれていて、基本的には80%以上で現金化できますので高値で安心です。

 

自宅にいながらネット環境さえ整っていれば換金できますので、金券ショップに持っていくなどの手間がないのも嬉しいですよね。間違えて購入してしまったGooglePlayカードを現金化したいと考えている方は、まず買取サイトで売る事を考えるのが良いと思いますよ!

Google Playカードを現金化するときに知っておきたい注意点3つ

Google Playカードを現金化することは基本的には難しいです。

 

というのも、Amazonギフトカードと同様に利用規約に「現金化を目的とした購入」を禁止ているからです。

 

それでもGoogle Playカードを金券ショップや買取サイトなどを利用する場合は、以下の注意点3つをしっかりと把握しておきましょう。

 

無意識に利用規約違反となって、Googleアカウントが停止に…ということにならないようにしてください。

注意点①アカウントの売買と残高の移行は禁止

まず1つめは、アカウントの売買と残高移行の禁止についてです。

 

ゲームアプリなどでよくあるアカウントの売買は、 Googleの公式から固く禁止されています。

 

たとえば、Google Playカードを購入してコードを登録してしまった場合、基本的に払い戻しができません。

 

そこで、思いつくのが残高自体の転売です。

 

ですが、Googleアカウントを利用して複数のサイトへ登録していた場合、それらの個人情報もすべて売り飛ばしてしまうことになります。

 

そのため、Googleアカウントは今やただのオンライン上のアカウントではなく、さまざまな個人情報と紐づいている最高機密情報なのです。

 

目先のお金欲しさにGoogleアカウントという個人情報を売ってしまわないように注意しておきましょう。

 

ちなみに転売は家族間であっても禁止されています。

 

「他人でダメなら家族間でやろう!」といったケースも規約違反になりかねません。

注意点②払い戻しは利用規約で禁止されている

Googleの公式からGoogle Playカードの払い戻しは原則禁止されています。

 

なので、一度コードを自分のアカウントに登録してしまうと現金化することはほぼ不可能です。

 

もちろん先述のとおり、アカウントの転売なども禁止されているため、現金化する唯一の手段が金券ショップなどの買取サイトを利用することです。

 

ただし、先ほども述べましたがGoogle PlayカードやAmazonギフトカードは、需要が高い反面で取り扱っている店舗が非常に少ないです。

 

やっと取扱店舗を見つけたとしても買取率が低いということも多々あります。とはいえ、アカウントの売買などのリスクを犯すよりも遥かに安心安全に現金化することができるのも事実です。

 

注意点③換金可能な商品は購入できない

最後の注意点は、そもそもGoogle Playカードで追加したポイントでは換金可能な商品を購入できないということです。

 

アカウントの売買がダメなら換金しやすい商品を買って転売すればいいのでは?と思うかもしれません。

 

ですが、このような考えもあまり現実的ではありません。というのも、Google Playカードで追加したポイントで購入できるものは「音楽」や「アプリ」などです

 

このように換金可能な形ある商品を購入することができないため、Google Playカードで追加したポイントで商品を買って転売するという方法も基本的にはできません。

 

なので、Google Playカードを現金化するためには、絶対にコードを登録せず買取サイトを利用して現金化する方が非常に楽です。

 

先ほども述べましたが、優良な買取サイトを利用しても買取率によってもともとの値段よりもは低くなります。ですが、それ以上に安心で安全に現金化をすることができるので、利用しない手はないでしょう。

まとめ

コンビニや家電量販店で色々なプリペイドカードがズラっと並んでいる光景は皆さん一度は見た事があると思います。普段から使い慣れている人であれば問題ないと思いますが、初めて買うという方は「間違えて買っちゃった…」なんて事態が起きてしまっても不思議ではありません。

 

一度購入すると返金できないのがプリペイドカードです。現金に戻せないか…と諦めている人も多いと思いますが、安心して下さい。買取サイトを使えば、即日ですぐに現金化する事が出来ちゃいますよ!

 

とはいえ、買取サイトにも優良なサイトから悪徳なサイトもあります。しっかりと実績があって、古物商許可証を掲げているサイトを利用するように心がけましょう。

 

換金率や手間を考えても、オークションサイトや友人知人に販売するよりも圧倒的に楽で簡単かと思います。返金できないからと言って現金に戻す事を諦めず、以上で紹介した方法を是非とも試してみて下さいね!