MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取DX

ギフト券&マネー

コラム

googleplayカードを削りすぎた!コードが読めない時の対処法と2つの対策

カテゴリ:Googleplayカード買取 投稿日:1月 16, 2020

Android端末でのアプリ課金や有料アプリの購入、音楽や電子書籍の購入、映画やテレビ番組の購入やレンタル、その他にもLINEスタンプや着せかえなどの購入にGoogle Playギフトカードを頻繁に利用している人というも多いのではないでしょうか?

Google Playギフトカードはクレジットカードを持っていない方や作れない方でもコンビニや家電量販店などで気軽に購入することが出来るため、便利に利用することが出来ます。

Androidユーザーへのプレゼントやパーティーなどの景品としても人気が高いようです。

Google Playギフトカードは裏面のスクラッチを削ると出てくる「ギフトコード」と呼ばれる16桁~20桁の英数字をGoogle Playストアのアカウントにチャージすることによって利用することが出来ますが、

「力を入れすぎてしまったせいでスクラッチだけでなく肝心のコード部分が削れて読めなくなってしまった…」

というトラブルが意外にも多いんです。気合を入れて削りすぎてコードが見えなくなってしまったなんて笑い話にも聞こえますが、Google Playギフトカードはお金と同じですから実際かなり焦ります…!

この記事ではそんな、Google Playギフトカードを削りすぎてギフトコードが見えなくなってしまった時の対処法をご紹介させていただきたいと思います。

また、次はギフトコードまで削ってしまうことがないよう、2つの対策についてもご紹介させていただきますので是非参考にしてみてくださいね。

Google Playギフトカードの削りすぎでコードが読めない時の対処法

ついつい力を入れてしまったり、スクラッチを削るのに使ったコインにたまたま鋭利な部分があって思った以上に削れてしまったり。

また、中にはお父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんにプレゼントとしてGoogle Playギフトカードを贈ったはいいもの、削りすぎてしまって「読めなくなってしまった…」というケースもあるようです。

安い金額ならまだしも、Google Playギフトカードは金額固定タイプなら最大20000円、バリアブルタイプならば最大50000円まで購入することが出来るため、もし高い金額を購入していたという場合には諦めるに諦められませんよね。

そんな時はこれからご紹介させていただく方法を是非試してみてくださいね。

購入店に電話してみる

もしも購入したGoogle Playギフトカードのギフトコードが見れなくなってしまったという時には、Google Playギフトカードを購入したお店に電話をしてみましょう。

そして、購入したGoogle Playギフトカードのスクラッチを削りすぎてしまったため確認出来なくなってしまったことを伝え、交換などの対応が可能か聞いてみましょう。

問い合わせた結果、もしもお店側が対応してくれるようならば、購入時のレシートとGoogle Playギフトカードを持って購入店に行って交換してもらえば問題解決です。

ただし、必ずしも対応してくれる訳ではありません。お店の対応次第となりますので注意しましょう。もしもの時のためにもGoogle Playギフトカードを購入した時のレシートは捨てずに取っておくようにするといいですよ。

Google Playサポートに問い合わせる

「購入したお店に問い合わせたけど対応してもらうことが出来なかった」「Google Playギフトカードを購入した時のレシートを無くしてしまった」などの場合でも諦めずにGoogle Playサポートに問い合わせてみましょう。

Google Playギフトカードの裏面を見てみるとわかりますが、ギフトコードの他にもシリアルナンバーがあり、それらのシリアルナンバーと読める部分のギフトコードから確認を行い、対応してくれるようです。

Google Playサポートへ問い合わせる方法

Google Playサポートに問い合わせる方法はメールで問い合わせる方法と、電話で問い合わせる方法があります。それぞれの問い合わせの手順について以下で詳しく手順をご紹介します。

なお、問い合わせ内容によってはチャットでの問い合わせも可能となっているようです。

メールで問い合わせる方法

メールで問い合わせる場合、その時によっても異なりますが24時間前後の待ち時間が発生します。問い合わせたからといってすぐに返事をしてもらえるというわけではないので注意しましょう。

基本的にGoogle Playギフトカードを使ってチャージしたいという時というのは、まさにその残高を使って購入や課金を行いたい時ではないでしょうか。

そのため、早めに対応してほしいのであればメールではなく電話で問い合わせを行うのがオススメです。

Google Playサポートにメールで問い合わせる方法は以下のようになっています。

  1. Googleアカウントにログインする
  2. Google Playヘルプのページにアクセスする
  3. 「Google Playのギフトカードと残高」を選択する
  4. 「Google Playギフトカードに関する問題」を選択する
  5. 「メールサポート」からメールで問い合わせを行う(右側に待ち時間が記載)

電話で問い合わせる方法

Google Playサポートの電話番号は以下のようになっています。

  • 0120-950-065 (午前9:00~18:00・年中無休)

Google Playギフトカードの削りすぎを防ぐ2つの対処法

もしもGoogle Playギフトカードを削りすぎてしまった場合でも基本的にはGoogle Playサポートに問い合わせれば対応はしてくれるようですが、わざわざGoogle Playサポートに問い合わせるのも手間に感じてしまいますよね。

そんな時のために、ここからはGoogle Playギフトカードの削りすぎを防ぐための対処法についてご紹介させていただきたいと思います。

爪で削る

まず最初にご紹介したいのが「自分の爪」で削るという方法です。硬貨などのコインの場合、新しいものは使い込まれていないため角が尖っており、少しの力を入れてたけでもスクラッチが削れます。そのため力を入れすぎてしまった時にギフトコード部分まで削ってしまうことになるのです。

爪ならば切ったばかりでもない限り適度に丸みを帯びていますし、自分の指なので加減もしやすいでしょう。

セロテープを使う

実はスクラッチは削らなくても剥がすことが出来ます。

スクラッチ部分にセロテープを貼って、ゆっくりと剥がすときれいにスクラッチ部分が剥がれるのです。セロテープを持っている人はこの方法がオススメです。

デジタルのギフトコードも購入可能

削りすぎてしまうというトラブルを避けるためにも「そもそも実物のカードタイプのGoogle Playギフトカードを買わない」という方法もあります。

Google Playギフトカードは2種類に分けられます。

  1. 現物のあるカードタイプ(コンビニなど実際の店舗で販売)
  2. 現物がないコードタイプ(店舗販売ではなくインターネット上のみで購入可能)

カードタイプの場合スクラッチを削らなければギフトコードを確認することが出来ませんが、コードタイプならそもそもカードがありません。インターネット上で購入可能なデジタルのギフトコードとなっているため、スクラッチを削り過ぎてしまうことがないのです。

デジタルのギフトコードは「Kiigo」「Codashop」などのオンラインショップで購入することが可能です。

Kiigoはアメリカに本社がある世界最大のPOSAカード流通企業であるインコムの日本子会社「インコム・ジャパン」が運営しており、Codashopは楽天、GMO ベンチャーバートナーズサイバーエージェント・ベンチャーズなどの有名企業から出資を受けている「Coda Payments」が運営しています。

それぞれきちんとした企業が運営を行なっているため安心して利用することが出来ますよ。

まとめ

Google Playギフトカードのギフトコードを削りすぎてしまい見えなくなってしまった時の対処法についてご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

一番確実なのはGoogle Playサポートに問い合わせるという方法なので、急ぎでGoogle PlayギフトカードをGoogle Playストアアカウントにチャージしたいという方はGoogle Playサポートに問い合わせてみてくださいね。