MENU

お申込みはこちら

電子ギフト券買取デラックス

Amazonギフト券の買取とは?実際のやり方やメリットを紹介

カテゴリ:Amazonギフト券買取, 電子ギフト券, Uncategorized 投稿日:2月 22, 2021

Amazonギフト券とは?

 

Amazonギフト券とは、AmazonサイトやAmazon Pay加盟店で商品またはサービスを購入するために使用できるギフト券です。ギフト券のタイプによっては、Amazonサイト以外の場所でも購入できます。

 

販売金額は、1000円や5000円など金額があらかじめ決まっているものと、指定された金額の間で希望金額を設定できるものがあります。また、Amazonギフト券を使えばクレジットカードを持っていない人でもAmazonサイトにおいてショッピングが楽しめます。

 

Amazonギフト券のタイプ

 

一般的な商品券タイプのギフト券しかなかった頃とは違い、今では色々なタイプのギフト券が販売されています。Amazonでも商品券タイプのギフト券は販売しているのですが、ここでは最近の主流となっている3つのタイプを説明します。

 

カードタイプ

 

カードタイプのAmazonギフト券は、コンビニや薬局、量販店などの店頭で購入できます。販売金額は、3,000円・5,000円・10,000円・20,000円と、1,500円から50,000円の間で希望金額を1円単位で指定できる「バリアブル」があります。ただし販売店ごとに取り扱っている販売金額が違うので、必ずしも希望金額のギフト券を購入できるとは限りません。有効期限は発行日より10年。(※2017年4月23日以前に発行されたものは1年)

 

また、ギフト券の代金を支払った直後から使用可能です。店頭販売されているカードタイプのAmazonギフト券は、現金以外での購入はできないので注意しましょう。

 

シートタイプ

 

シートタイプのAmazonギフト券は、コンビニの店頭に設置されているマルチメディア端末で希望するギフト券を選び、ギフト券番号が印字されたシートをレジでの支払い時に受け取るスタイルのギフト券です。

 

販売金額は、2,000円・3,000円・5,000円・10,000円・20,000円・25,000円の中から選べるのですが、取り扱い店舗によっては一部の金額が販売されていない場合もあります。有効期限は発行日より10年。(※2017年4月23日以前に発行されたものは3年)

 

シートタイプのギフト券も、購入後すぐに使用可能です。また、カードタイプと同様にシートタイプも現金でのみ購入できます。

 

コードタイプ

 

コードタイプのAmazonギフト券は、Amazonサイトでのみ購入が可能です。注文すると、「ギフト券番号」と呼ばれるコードがAmazonからEメールで届くので、このコードをAmazonアカウントに登録して使用します。ギフト券の金額は15円から50万円の間で、1円単位で自由に設定可能です。有効期限は発行日より10年。(※2017年4月23日以前に発行されたものは1年)

 

また、コードは携帯電話のテキストメッセージでも受け取れます。通常、注文してから5分以内にAmazonからコードが届くので、すぐにギフト券が必要な場合にとても便利です。

 

Amazonギフト券の買取は可能?

 

使わないギフト券を有効活用する方法の1つに、ギフト券を買取ってもらう方法があります。買取についてネットで調べた時、「Amazonギフト券 買取不可」と見かけた人もいるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、Amazonギフト券の買取は可能です。

 

ただし安全な買取業者に依頼しないと、買取された金額が振り込まれないなどの詐欺に遭う可能性があります。したがって、買取業者選びは慎重に行わなければいけません。

 

Amazonギフト券の買取場所

 

実際、Amazonギフト券はどこで買い取ってもらえるのでしょうか?

 

Amazonギフト券の買取を行っている場所には3つのタイプがあります。ここでは、それぞれの買取場所を詳しく説明します。

 

実店舗

 

実店舗とは、金券ショップなど「店頭」で買取業務を行っている買取業者です。

 

メリット

 

顔が見えない相手とお金のやり取りをするのは、不安だと感じる人はたくさんいます。そこで、実店舗で買取をしてもらうメリットは、買取手続きをしてくれる担当者が実際に目の前にいることです。安心して買取の依頼ができます。

 

また、換金されたお金もその場ですぐに支払ってもらえるので、ギフト券の詳細を伝えたあとに音信不通になるなどの詐欺に遭う心配をする必要はありません。

 

デメリット

 

実店舗での買取のデメリットは、Amazonギフト券の買取をしてくれる実店舗がとても少ないことです。したがって、自分が住んでいる場所の近辺に店舗が1つもない可能性もあります。

 

また、深夜早朝および祝日に営業している店はほとんどないため、限られた営業時間内に店に行かなくてはなりません。さらに、Amazonギフト券のタイプによっては買取してもらえないなど、買取の条件を厳しく設定している店もあります。

 

オンライン

 

オンラインとは、「買取サイト」と呼ばれる買取業者のサイトです。

 

メリット

 

オンラインで買取の手続きをするメリットは、インターネットが使える環境であれば24時間365日、いつでもどこからでも買取の申込ができることです。

 

買取の申込から振込依頼まで、全ての手続きがオンライン上で完了します。また、実店舗よりも換金率を高く設定しているサイトも多いので、お得にギフト券を買取ってもらえます。

 

デメリット

 

オンラインで買取をしてもらうデメリットは、本当に信頼できる買取サイトかどうかの判断が難しいことです。悪徳業者の買取サイトであるかどうかは、サイトを見ただけでは判断できません。したがって、安全そうに見えるサイトであっても詐欺である可能性は十分にあります。

 

また、買取の申込をする際には本人確認書類を提出する必要があるため、不正な買取サイトを利用してしまうと個人情報が全て悪徳業者に詐取されてしまいます。

 

個人間やり取り

 

個人間やり取りとは、業者を使わずにフリマサイトやオークションサイトを使った買取です。

 

メリット

 

個人間やりとりで行う買取のメリットは、ギフト券のタイプによって買取ができないなど、買取業者にはありがちな制限が少ないことです。販売価格も、ギフト券を売る人が希望金額を自由に設定できるので、換金率を気にする必要がありません。

 

また、運営会社が間に入っている個人売買サイトを使えば詐欺に遭うのが心配な人も、安心してAmazonギフト券の買取を個人間で行えます。

 

デメリット

 

個人間やり取りによる買取のデメリットは、商品を発送したのにお金が振り込まれないなどの詐欺に遭う可能性がとても高いことです。

 

また、ギフト券を出品禁止商品にしているフリマサイトもあり、Amazonギフト券をフリマサイト上で買取する行為はサイトの規約違反になります。

 

さらに、不正な方法でAmazonギフト券を転売する人に買取られる場合もあるため、知らないうちに詐欺に加担している可能性もあります。

 

Amazonギフト券の買取をしてもらう際に気をつける5つのこと

 

Amazonギフト券の買取方法には色々な方法がありますが、どの買取方法にも共通する気をつけるべきポイントがあります。ここでは、Amazonギフト券の買取をしてもらう際に気をつける5つのポイントを説明します。

 

実績の豊富な店に買取をしてもらう

 

Amazonギフト券の買取は、実績の豊富な店に依頼しましょう。利用者が多い買取業者は、利用者が取引に満足している証拠です。健全に運営していない業者であれば、悪い口コミなどがネット上で必ず拡散されています。

 

逆に実績が豊富な店であれば、ネット上で良い評価が多かったり、おすすめ買取業者のランキングなどでは必ず上位にランクインされています。買取業者を選ぶ際には、リサーチは絶対に欠かしてはいけません。

 

換金率を確認する

 

Amazonギフト券の買取を実際に申し込む前に、必ず換金率を確認しましょう。買取業者のなかには、換金率を他の買取業者よりも断然高く設定している業者もいます。しかし、換金率の高さだけで買取業者を選ぶのは、詐欺である可能性が高いためとても危険です。したがって、提示されている換金率は事前に必ず確認しなくてはなりません。

 

その際に、確認は電話ではなく必ずメールで行い、買取業者がその換金率を提示してきた証拠を残しましょう。

 

買取対象のAmazonギフト券を確認する

 

買取業者ごとに、コードタイプやカードタイプなど買取対象にしているAmazonギフト券のタイプが異なる場合があります。買取の依頼をしようとしている買取業者の買取対象に、自分のAmazonギフト券のタイプが当てはまるかどうかを必ず確認することが必要です。

 

事前に有効期限を確認する

 

2017年4月23日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は10年ですが、それ以前に発行されたギフト券の有効期限はカードおよびコードタイプは1年、シートタイプは3年です。

 

当然、有効期限が切れているギフト券は買取してもらえません。買取を考える際は、まずギフト券の有効期限の確認をしましょう。

 

古物営業許可店に買取してもらう

 

Amazonギフト券の買取業者は、古物営業許可店を選びましょう。古物営業許可は、古物を取り扱う事業者に国が与える許可であるため、架空の住所を会社概要に載せているような不正な買取業者には取得できません。

 

古物営業許可を持たなくても健全に運営している業者は存在するのですが、国からの許可がおりている買取業者の方が安心して取引ができますね。

 

Amazonギフト券の買取なら買取DX

 

Amazonギフト券の買取は、インターネットを使っていつでもどこからでも買取の依頼ができる買取サイトを使うのが一番便利です。

 

しかし買取サイトがたくさんありすぎて、どのサイトを選べばよいのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、Amazonギフト券の買取をするなら買取DXをおすすめします。

 

買取DXの特徴

 

「24時間365日、必要な時にいつでも買取の申込ができる」「お金が振り込まれるスピードが早かった」「客へ対応がよい」など、買取DXにはたくさんのおすすめできる特徴があります。ここでは、その中から3つの特徴を紹介します。

 

高い換金率

 

買取DXの換金率は業界トップクラスです。新規の申込の換金率だけではなく、2回目以降の換金率も高く設定されています。

 

高い換金率を提示している買取サイトは他にもたくさんあるのですが、換金された金額から最終的に振込手数料や買取手続き手数料などが引かれてしまう場合があります。しかし、買取DXでの買取には手数料は一切かかりません。換金された金額は、全額そのまま銀行口座へ振り込まれます。

 

豊富な実績

 

豊富な実績を持つ買取DXは、口コミランキングやおすすめ買取サイトのランキングにおいて常に上位にランクインしています。買取DXは、Amazonギフト券だけではなく数多くのギフト券ブランドを取り扱っているので、Amazonユーザー以外にもたくさんの人に利用されています。

 

古物営業許可店

 

買取DXは古物営業許可を取得しています。古物営業許可は、国が認めた古物取扱業者だけが取得できる許可です。したがって、古物営業許可を持っているという事実は買取DXが健全な運営をしていることを証明しています。買取サイトを初めて利用する人も安心して買取を依頼できます。

 

まとめ

 

使う予定がないAmazonギフト券を有効活用できる「買取」ですが、詐欺に遭ったり知らないうちに不正な買取に加担している可能性が高い方法でもあります。そのため、買取方法や買取業者を選ぶ際にはメリットだけに注目するのではなく、買取に伴う危険性についてもしっかりと理解しておかなければなりません。少しでも高く換金したいと考えるのは当然ですが、不正な買取業者に「欲」を利用されてしまわないように気をつけましょう。